「字幕なし多観」へ・・・ katobushiさんからメール!

前回の記事には今朝sloさんからメッセージが届きました。
わたしは「sloさんの定義によれば」と書きましたが、あれは定義ではないと・・・
「イメージ」だそうです。たしかに定義は固すぎましたね。

で、午後になってkatobushiさんからメールが届きました。
これもたしかにもっともなので、引用の許可をもらいました。

さかい先生

こんにちは。
先生のブログの最新記事がとてもとても気になって。。。

「字幕なし多観」の話をするときに、
「レベル」という言葉を使ってしまうのはまずくないですか?

上の同じ引用の中でわたしは
「気楽に見始めて、好みや自分のレベルに合わないと感じたらすぐに投げること」
と書いたのですが、そこがkatobushiさんは心配だった。

こういう「心配」が出てきて、メールをもらえるというのは、二重にうれしいです。
ひとつは「あ、ぼくより分かっている人がいる」といううれしさ。
もうひとつは、すぐにそういう懸念をメールでもらえること。
(二つ目はわかりにくいですか? ま、いいとしましょう。)

僕が多観を始めた時、「ORTのような」「簡単なものから」
という「レベル」を意識した質問をたくさんして、
しかもその後、ついにはオンライン大学を受講するにまで至った
「成功体験」として、記録に残ってしまっているというのが
なんともなんとも、申し訳なく思う今日このごろなのですが。。。

この「申し訳なく思う」というところもすごいです。
(わかりにくいですか? ま、いいとしましょう。)

先生がブログで書かれていることの真意を、よくよく分かっているつもりです。
でも、伝わらないんじゃないかなぁ。。。
誤解を招かないかなぁ。。。と、とても心配です。

「レベルを気にしなくていい」という言い方をしたとたんに、「レベルの存在」を
当然としてしまう危険が出てくる! その通りですね。

釈迦の耳に説法でも、書かずにはいられないので書きます。

「多読的スピーキング」と「字幕なし多観」は状況が似ていると思います。
別の言い方をすれば、「多読」とはずいぶん状況が違うと思うのです。

「正しく喋らなければ伝わらない」故に「間違えてはいけない」
「聴き取れなければわからない」故に「聴き逃してはいけない」

こういう「心の壁」から開放されないことには話にならない。。。
読むことに抵抗のないひとに、「やさしい本からはじめましょう」というのとは
まったく状況が違うと思うのです。

(読むことに抵抗のない人はほとんどいないので、状況は同じだと思いますが、
ここではそれほど大事な意見の違いではないです。)

「自分のレベルに合わなかったら投げる」ということは、
「自分のレベルに合うものがある」ということを暗示し、
その時、殆どの人にとって、「レベル」とは、
「どれだけ(音そのものから)台詞を聴き取れるか」
ということの尺度になってしまうだろう、と。。。

まったくその通りですね。

ぴ~ママさんの卓見、何人かのみなさんの劇薬シャドーイング報告、カエデさんの報告、
katobushiさんの今回の意見をきっかけにして、多読は大きく変わろうとしているかのようです。

時あたかも「多読」は普及の度を加速させ、それにつれてさまざまな多読が
出てきました。(きょう、調布の佐藤さんからそういう主旨のメールをいただきました。
近く引用します。)

いわばこういうタイミングでkatobushiさんから「レベル」という考え方そのものに
疑問が提出された・・・ (そういうことですよね、katobushiさん)
そうした「きっかけ」はどれも一つの方向を指し示していると、わたしには思われます。

講座の帰りにOKさんに「字幕なし多観」について聞かれた時、
僕はこんなふうにいいました。

何を観ても台詞なんてわかりっこない。
それでも面白いものはいくらでもある!
だから、この俳優さんが好き!とか、このロケーションが好き!とか
とにかく観たい!と思うものを観ればいい。
ただし、いきなりそうすることに抵抗があるなら、
あくまで「こころのリハビリ」として、
子供向けアニメとか、アクションものとか
視覚で理解しやすいものからスタートして、
「聴き取れないことに慣れてきたら」
(←絶対に、聴き取れるようになったら、じゃない!!)、
観たいものを観ればいい。

僕は、子供向けアニメをある程度聴き取ることが出来ました。
それも、3割わかれば全部分かった気になれるような、多読的な人間でした。
でも、子供向けアニメを聞き取れない人は?
3割聴き取れても、3割「しか」と考える人は?
カエデさんは上手くいったようですが、
挫折させてしまった人も沢山いると思うのです。。。

100時間かけて変わったのは、「耳」じゃなくて「こころ」だと、
自分の中に英語が溜まっているところまでは、
「こころ」が変われば聴こえるようになると、
そう言ってあげたほうが、背中が押せるんじゃないかと思ったりしています。
(そこから先は、先生の言う、
チャーチルなんたら、うなぎの臭いで飯を食う、なんでしょう??)

はは! その通り。でもね、tadokuの奇跡は 「臭いだけで味わえる」こと
なのですね。「楽しんだのは幻か?」と思いながら楽しみ続けると、
実質が伴ってしまうのですね。

最後にひとつ、報告を。
先日、アメリカ映画だと思って観始めたものが、フランス映画でした。
でも、ま、いっか、と最後まで観て、
途中3回くらいケタケタ笑って、2回くらいうるうるして、
最後はいい映画だったなぁと、いちょまえに感動していました。
「最強のふたり」という映画です。
もちろん、フランス語なんて全くわかりません。
katobushiさんは特別だ、なのか、
本来言葉がわからないなんてその程度のことだ、なのか。。。

ながながと失礼しました。

katobushi

ははは! katobushiさんが特別だとはわたしは思っていないのです。
思っていたら、他の人に道を示すことは意味がない。
でも、普通は「katobushiさんは多読講座を受けているから」と思われるのでは
ないかということで、「字幕なし多観」を大きな声で言わなかったわけです。
そこへカエデさんの報告がありました。いわばカナダ在住でも、受講生でも
ない「普通の人の報告」でした。((twitterで、「多読をしている人は当然
字幕なしで観ていると思っていたという感想もありましたが、
この方が「普通の人」かどうかはわかりません。)

途中にもいっぱいながながとしたコメントになりました。
これは長い時間をかけて説明しますが、一言で言えば
多読・tadokuは少しずつ表面的な事象を離れて、土台を確かめているのだと思います。
今回の「レベル」のこともそうです。語数を忘れてやさしい絵本をたくさん、という
訴えも土台へ帰ろうという趣旨です。「わかることより楽しむこと」というのも
同じです。けれどもこれは延々と続くのでおいおい・・・

土台は確かめずとも最初から分かっていたはずなのです。
でも告白すれば、わたしはずっとおずおずしていました。
土台をはっきり意識して、きちんと口にして、実行に踏み切るには
勇気が必要だった。その勇気をみなさんがくれたのです。

「字幕なし多観」へ・・・ 多読的観賞の初めの一歩

sloさんの定義によれば、「多読的」とは

「たのしい」こと
力がぬけていること
こまかいルールというか「正しいこと」にとらわれないこと

なわけで、映画やドラマを字幕なしで観る場合も、この定義をそのまま
利用します。つまり

英語学習やお勉強ではなく、楽しみとして鑑賞すること
気楽に見始めて、好みや自分のレベルに合わないと感じたらすぐに投げること
もちろん全部分かろうなどと思わないこと、いや「分かろう」などとは思わないこと

・・・に尽きます。
そこからどんな素材を楽しむかということも決まってきますね。

*日本語で十分楽しんだ映画やドラマ
*比較的アクションの多い映画やドラマ
*子ども向けなど、短めの映画やドラマ

 

そして一番肝心なことは「全部分かろう」としないで、
とにかく見始めること--合わなければどんどんやめていいんですから!

********************************

NPO多言語多読のフォーラムにも書きましたが、ここまで数年かかっています。
字幕なしで楽しめば良いのだと思いながら、わたしは臆病でありました。
多読三原則を言い出した時と同じ勇気があれば、「字幕を消して!」という
助言をもっと強く言っても良かったのですが、にじませるだけに留まっていました。

これからはみんなで少しずつ多読的観賞を充実させていきましょう!

文科省の計画に「多読」の文字が!

文科省の文書に 多読 の文字が入った!

最初見たときは気がつきませんでした。3ページ目右コラム上から6行目です。
ははは! ついに文科省も無視できなくなったのでありますね。
「速読」と並んでいるあたり、まだまだ分かっちゃいませんが
(永久に分からないだろうけれど)、
こうやって足がかりができていくのでしょう。
小学校へ、保育園へ、大学へ、入って行きそうな気配。

多読が外国語獲得の当然の選択肢となるまであと半道の半道かな?
この文科省の文書を知らせてくれた OreRyuTSJさんのブログに感謝。
OreRyuTSJさんのブログに応援クリックを!

 

音は落ちる チャーチル・マティーニの法則

マクドナルドの法則と表裏一体を成すのが「チャーチル・マティーニの法則」です。

マクドナルドの法則は

英語は書いてある文字をすべて声にする言葉ではない」

ですが、チャーチル・マティーニの法則 は

言ってるつもりだけれども声になっていない!」

ことを説くものです。つまり、英語の音の落ち方の「法則」です。

英語では日本語の場合よりも音の強弱による「音の落ち方」が激しいように思えます。
英語では、強い音はどんなに速く言っても残りますが、
弱い音は小さくなり、かすかになり、消えてしまいます。
それがマクドナルドの法則でした。

チャーチル・マティーニの法則 は、消えたように聞こえる音は実際どうなっているのか、
を説明する法則です。けれども、そもそも「チャーチル・マティーニ」とは何か???

昔は今よりも酒を楽しむための「バー」がいっぱいあって、
ウィスキーや、カクテルを楽しんだものでした。
マティーニはごく基本的なカクテルの一種です。

たしかジンにベルモットを加えて軽く「ステア(stir)」したもの。

(グラスの様子などはwikiの記事を見てください。)

で、マティーニはポピュラーなカクテルですが、ベルモットは果実酒で、
たくさん入れると甘いマティーニになります。

男らしい男ほど、ベルモットの少ない辛口のドライ・マティーニを好むというわけです。
そこで、wikiの記事にあるようにさまざまなやり方でベルモットを少なくした
ドライ・マティーニが誕生するわけです。

・・・ここからはわたしの独断ですが・・・

ジンにしろ、ウォッカにしろ、ラムにしろ、焼酎にしろ、
蒸留酒を一人でストレートで飲むのはアル中ということではありますまいか?
ロックにするか、サワーにするか、トマトジュースを混ぜるか--
それが社交的な飲み方でありましょう。

アル中ではない人の場合はカクテルのベースにしてこそ生きるジンですが、
それをストレートで飲むというのはアル中みたいで人聞きが悪い。
そこで、ストレートではなくカクテルにして飲んでいるのだというアリバイ作りが
はじまったのだと、わたしは想像します。

たとえばベルモットを少量注いで、グラスグラスを軽く振るようにして
内側をベルモットでしめらせたあとベルモットは捨てて新たにジンを注ぐとか、
wikiの記事にある「ベルモットの壜のコルクの栓でグラスの内側をさっと拭いた」あとで
ジンを注ぐなんていう、ベルモットの極めて少ないドライなマティーニが出てきました。

で、問題のチャーチル・マティーニは、ですね、
あの人を食った冗談で有名なチャーチルがこうやって飲んでいたという
触れ込みなんでしょうね、ベルモットの壜を置いて、それを見ながらジンを飲む・・・

・・・ で、「音が落ちる話」とどう関係あるのか、ですか?

はい、音は落ちて耳に聞こえなくても、言っている人の頭の中では
ベルモットの壜のように、ちゃんと意識されてはいるのです。
そしてそのことがリズムを作っているのだと、わたしには思えるのです。

追伸

考えてみると、これは例のうなぎ屋の店先でにおいを嗅ぎながらご飯だけ
掻きこむ職人の話に似てますね。

うなぎ屋の主人が嗅いだにおいの代を払えと迫ると、
職人は事も無げに財布を主人の目の前にぶら下げて、
おぜぜの音を聞かせた・・・

おあとがよろしいようで・・・

続きをお楽しみに!

 

学校英語を洗い流すために・・・ 「it = これ」!?

学校英語のしつこさにてついて引用したモーリンさんから、その前に来ていた
メールです。

酒井先生、こんにちは。モーリンです。

it は「それは」ではないで気付いたことをもう1つ書きます。

今まで気にしてなかったのですが、話題になったものを次の文で it で受ける場合
「これは」と訳している場合が多いようです。

たとえば、次のような文です。

The CTRL+X short-cut command can remove the selected data.
It also copy the data into the clipboard.

日本語の場合は時間的に近い場合は「これは」を使うので英語とは感覚的に異なるのかもしれません。

では、「it = これ」?

もちろんそうではありませんが(そしてそれはモーリンさんもわかっている)、
it の役割と「これ・それ・あれ」の役割のちがいを意識していない学校英語では、
「it は「これ」と訳す場合もある」などといってごまかすのでしょうか?

モーリンさん、ありがとう!