多読

英語民間試験導入とその延期について・・・ 伊藤和夫の亡霊

表題のことで朝日新聞がこのところ英語教育/英語学習に関する
記事を連日掲載しています。どれも一知半解、背筋もなければ
軸足もない、取るに足らない記事ばかりですが、多読・Tadokuとの
ちがいを浮き彫りにするために、引用する価値はあると思います。

きょうは故伊藤和夫が言っていた
「ゆっくり読んで分からないものを速く読んで分かるはずがない」
という迷言が堂々と使われていたので、そこについて一言・・・

続きを読む

多読はどうやって広がってきたか?

なぜ今ごろそんな疑問を問題にするのか、と言われそうですが、
SSSの掲示板の時代からNPO多言語多読の講座へと時間が経って、
今ごろやっとほぼ確信になってきたことがあります。

それは口伝え、人伝え・・・

たとえば最近NPO多言語多読に届いた体験会の申し込みに
こんな申し込みの動機が書いてありました。

知り合いの方が何人か参加していて、とても楽しそうなので、是非参加して、続けたいと思います。

とてもありがたいことです。
これまで、新聞や雑誌に採り上げられたり、いろいろな機会に
多読の話をして呼びかけたり、チラシを配ったり、
ウェブサイトを工夫したりと、いろいろな普及努力をしてきましたが、
やっぱりいちばん強力な呼びかけは知っている人、身近な人が
「多読は楽しい!」ということを
「ふだんの行動でまき散らしてくださること」
だろうと思うようになりました・・・ 続きを読む

イギリスの日本語tadoku教室! Shaniaさんから報告!!

大ブリテン島の最南端 Brighton で日本語教室を開いている
Fran Wrigleyさんについては、このブログや Facebook や
Twitter で何度も様子を紹介しています。

Franさんは日本語多読を採り入れているのですが、
その様子を読んだ Shania さんがこの夏 Fran さんの教室を
訪問して、三つのクラスの様子を知らせてくれました。

Franさんの多読クラスは二つ目の段落です。
英語の多読クラスとまったく変わりませんーーこうして
多読・Tadokuが世界に広がっていく!?

Shaniaさんについては報告の途中に書きますね。

続きを読む

英語民間試験導入とその延期について・・・

表題のことで英語関係のあちこちが大きな話題にしていますね。
最近、さかいさんはどう思うのですか、と質問がありました。
わたしが「どうでもいいことです」という意味のことを答えると、
ああ、やっぱり、という感想をもらいました。

もう、いいたいことはそこで尽きています。
これ以上書くとものすごく長くなるので、くわしく書くのは
ちょっと考えさせてください。新聞の資料なども二つ写真を
とってあるのですが、本当に長くなりそうなので、
どうしたものか、考えています。

一言で言えば、

多読・Tadokuしていれば、どんなに変化にも何もしなくて
だいじょうぶ。放っておきましょう。

ということですね。これはとっても簡単な言い方なのですが、
その理由付けを新聞記事二つとともに書こうとすると、
途轍もなく長くなりそうで、ためらっているわけです。
ご寛恕を・・・