多読

Nate the Great は何歳? 教えてください!

Nate the Great シリーズは多読で大きな役割を果たしてきました。
これからもずっとその役割を担い続けるでしょう。

ところで、読んだ人はたくさんいると思いますが、Nate は何歳か、
ご存じですか? Wikiを調べたけれどすぐには見つからず、
どなたか全冊読んだなんていう人がここに書いてあったよ、と
教えてくださることを期待して待っています!

続きを読む

ナナさんの「多読ヒストリー」 次男さんの場合・・・

今回の記事はいきなり引用から・・・

「小4で多読を開始、中高校時代は、学校英語に苦しみ、多読を
拒否し、大学4年の現在は、交換留学を経験し、英語は得意に
なっているというお話を、してきました。」

ナナさんには二人の男の子がいます。
いまはもう二人とも成人?

ナナさんはブログでご自分の多読体験を書いていますが、
息子さんたちの多読の様子 も書いています。
その中の 次男さんの場合です。全4回の連載。各回簡潔に、
けれども大事なことばがいっぱい散りばめられています!

ぜひぜひ読んでください。多読のいいところ、そうでもないところ、
はっきり(学校の成績には)よくないところ、全部感じたまま、
考えたまま、書いてあります。多読と学校の勉強のことを考えている人、
両立させたい人は必読です。

(もちろん家庭ごとの状況は違いますから、どうしたらいいかも
一概には言えませんが。参考にはなるはず!)

多読仲間の「熟成」 プリンさんの場合

多読にこんな愉しみがあるとは・・・

プリンさんはFacebookで多読の歩みを見せてくれます。
読む本も、書く英語も、年々成長しているとわたしは思います。
話すのもすごいことになっているようですが、こちらはSkypeで。
聞くのは海外ドラマについてTwitterで語る様子から成長がうかがえます。

その歩みを知るのはこれまでも愉しみでしたが、
今回感じたのはちょっと深くて、じんわり胸に沁みる感懐でした。
このところプリンさんは昔読んだ「グイン・サガ」を英語で読み直していて・・・

続きを読む

全国たどくらぶの最先端はやはり東海地方・・・

大変充実した英文多読の行事案内です。

蒲郡のたどくらぶはまもなく通算111回を数えるそうです。
全国のたどくらぶでも最古を誇る? いや、最長、ですね。

でもその後頻度多く開催されるたどくらぶが相次ぎ、
3月には三つの図書館が111回前後を迎えます。

その案内もこのページに!

http://www.city.gamagori.lg.jp/site/toshokan/tadoku-event.html