未分類

ある人からメールが届きました-- 仲間うちだけの話ですが・・・

わたしはひそかに多読の大きな可能性を信じているのですが、
それはなかなかおおっぴらには言えない。
TwitterやFacebookではやはり言えない。
でも、ブログはほぼ仲間うちのようなので、痛く同感のメールを紹介します。
読んでくだされば、わたしが「自分からは言えない」という意味がわかると思います。
痛く同感--なのです。 以下全部いただいたメールです。
コメントをつけると手前味噌そのままになるので控えます。

決まり文句ばかりのやりとり! +資源回収日について

投稿したつもりでしたが、下書きに入っていました・・・
あしたです。あしたの予定をお知らせします。

あした夜7時半からNPO事務所で開く「決まり文句を探そう!」の会ですが、
YouTubeのPeppa Pig(5分)から始まって、7分、10分と、少しずつ長い、
対象年齢の高いアニメへと進みます。観ながら決まり文句を数え上げます。

25分の米国sitcomまでは行かないかもしれませんが、テーマは年齢と決まり文句!

以下は the post that I thought I posted but was not posted

続きを読む

感想届く! -- 日本語多読と英語多読、よく似ている! 普通の授業とまったく違う!

きのうの記事にMさんがさっそく感想を寄せてくださった・・・

多読って自主性を育てますよね。教えたがりが前に立って押し付けるのでは
押し付けられた方は受け身になるしかないけど、好きな本を自分で選び、
自分のペースで読むという行為の積み重ねがすごく違いを生む気がします。
先生は後ろでそっと見守るだけでいい。

「勝手に赤い畑のトマト」
万智さん、言い得て妙。

ああ、もうまったく「言い得て妙」です。
多読・多読支援のいちばん大事なところを表現していると思います。

勝手に赤いトマト

これ以上書くと学校の先生方の悪口になるだけなので、ここまでにします。
それにしても、言い得て妙!

Mさん、ありがとう!
これは印象的だから、学校の先生の頭にもしばらくは残って、
「いったい、どういう意味なんだろう?」って考えてくれるかもしれない。

(でも、このブログを読んでいる先生はみな考えずにわかってしまいそうだ。
考えなきゃ分からない人はたぶん読んでない・・・
じゃ、なんで書くのか? 謎です。)

大分から全国へスタバ会!? 

多読ではスタバ会の発祥地は大分駅前のスターバックスです。
十数年前、ペギー双葉山ことサーキットの大岡越前守さんと
MOMA親爺さんが(二人とも中年男)ここで会って、
ボソボソと多読の話をしたそうです。

それを真似したわたしは国立スタバ会を立ち上げました(?)。
定期的に催しているわけではありませんが、先日Facebookで
お知らせしたところ、「いいね!」がなんと25件に達した!

**************************

わたしはこの二人の姿を想像して忘れることができなくなり、
いつか東京でもスタバ会をと願って、実際に始めのです。
ふーんさんが自転車で都心から駆けつけてくれたり、
バナナさんが来てくれたり、細々と続いていましたが・・・

全国から(?)「いいね!」が集まったのを見て、
これはひょっとするとあちこちで開催できるのではないかと、
次のような投稿をしました。

スタバ会!

スターバックスは幸いあちこちにあって、見つけやすい!
そこでわたしは何かわかりやすい目印とともに座っていようと
考えています。すると、どこからともなく「なかま」が
集まってきて、ひとしきり多読話やそのほかの話題に花が咲く・・・

いいなあ! 夢ですね(NPO引退後の?)。
大分駅前のスタバ会では、二人で「ボロボロ涙を流した」こともあったとか。「スタボロ会」とも呼ばれた所以です。
さすらいのスタバ会ですね、私の場合。ギターを抱える?

もし予定が立ったら、直前になりますがお知らせします・・・