Tadoku村はまもなく静かに・・・!?

おおいそがし、おおわらわ、大盛り上がりだった Tadoku村が
まもなく一旦静かになります。

今晩9時 https:tadoku.org を訪れてください!

お楽しみに!!

Tadoku村はおおいそがし! いよいよ明日21時から!!

NPO多言語多読事務局が中心になって、
大変な時間と労力と頭と心を使った新サイトが公開されます!

とても充実した、世界のどこにもないサイトですが、
みなさんが手伝ってくださると、もっともっと、ほぼ無限に広がり、
深まるはずです。

そのために、みなさんからの批評、応援、提案、注文を待っています。
24時間後を楽しみにしてください!

tadoku村はおおいそがし!!! もうちょっと待ってね!!!

まもなく、まもなく、と言い続けてきた新サイトですが、
本当にまもなくだったところへ事務局が風邪を引きまして・・・

もうちょっと待ってね! でも「待った甲斐があった!」という
できあがりになるはずなので、お楽しみに!!

大間違い判明! メモ だんだん深まってきた・・・ ここは底? 「そこはいいかい?」?

最後の段落に大きな間違いがありました! ごめんなさい・・・

「そこはいいかい?」は宮澤賢治の「セロ弾きのゴーシュ」に出てきます。
ゴーシュのセロの響きで子ネズミを治してもらいに来た母ネズミが
セロの中に子ネズミを落として、尋ねます。

そろそろ劇薬シャドーイングからなりきりシャドーイングという
おそらく「王道」を行こうかと思いましたが・・・

とりあえずボトム・アップ、守旧派、old school として運命を全うする
ことに決めました。あくまで昔ながらの「発音」にこだわって、
世の中の99.99999%の人のために道をつけようという覚悟です。

だって、tadoku的シャドーイングで、つまりトップダウンで
外国語の音を身に付ける人はこれからいっぱい出てくるのだから、
残りの人たち向けに「ボトム・アップ」(元の文は トップダウン)は
だめですよ、と言える人が一人くらいいなけりゃね。

メモ だんだん深まってきた・・・

いま忙しいです。
何冊かの本の企画、tadokuを広げ、深めるにはどうするか、
図書館多読を広げるにはどうするか、色々考えているから。

でもその中でいちばん頭に引っかかっているのは・・・

*わたしは決して英語の音に慣れていない

*でもそれにしては聞くことはかなり慣れている

*多読進展の三段階で言うと三番目「全部分かった気がする」に近い

*前にもメモしたけれども、わたしの英語の音は落ちるべき音が
落ちていない・・・ だからちょっとのbitesizeでも全部一息で言えなくて
つっかえる

*だからbitesizeが極端に小さい? せいぜい3音節?

*シャドーイングの時も一つ一つの音にこだわっている

*bitesizeの塊として捉えたいのに

*最近インターネットおしゃべり会で、そんなに英語の音に
慣れていない人が/s/をくっきり出すので驚いてどういう風に
出しているか聞いた。「下の前歯に向かって息を吹き付ける感じ」と。

*それで無理矢理そうやってみてわかった気がする--英語の子音と
母音は別々なのだ! 切り離して出せる音なんだ!

*わたしはold schoolの生き残り

*/s/一つでさえ、日本語の「ス」をできるだけ長く言おうとしている

*ボトム・アップを未だにやっている

*劇薬シャドーイングを始めればいいのに

*それともこのままボトム・アップで苦労して、あとから来る
old school の旗振り役に徹するべきか? シャドーイングの優勢は
もう明らかで、それはぼくじゃなくてほかの人たちが示してくれるから?

*シャドーイング本はトップダウンの恍惚とボトムアップの苦悩で作る?