大府市で日本語多読サークル! これはすごい!!

本家本元のNPO多言語多読理事長がショックを受けております。
新宿区多文化共生プラザでやっている日本語多読サークルは
こんなにたくさんの人は集まっていない、と・・・

功労者は大府市国際交流協会とカイさん。
ちっちゃい子からいいおとなまで、
出身国もきっとさまざま、
それがみんな本当にうれしそうに本を掲げています!

続きでカイさんによる報告と、写真10枚を見てください・・・
なんて楽しそうなんだ!!?

続きを読む

さかいは引退してないけど、世代交代はきわめて順調!

引退するする詐欺を1年間続けてきましたが、
まわりの理解では引退したようです。
自分の理解では引退したことになっていません。

理事長は退きました。有給の理事でもなくなりましたが、
役職としては理事のままです。わたしとしては理事も辞めて
平の(?)正会員になりたかったのでした。

「名誉理事長」とか、「顧問」と言う肩書きも実質的な引退と
言えそうですが、「理事」の肩書きでもう少し仕事をしてもらう、
ということのようです。

わたしが理事の肩書きを受け入れた理由は世代交代にあります・・・

続きを読む

Tadoku講演会+ワークショップのリンクをいくつか

今年5月の「ゴールデンウィーク特別セミナー」以来、
わたしの講演会+ワークショップは多読からtadokuへ大きく
舵を切りました。

きょうまもなく始まる港区みなと図書館でもその方向です。
でも、会場が地下でインターネットにつながらないので、
ここにこれから使うリンクの一部を載せて、きょうの参加者の
みなさんには家に帰ってからここにアクセスしてもらって、
「字幕なし多観」をさっそく始めてもらおうと思います。

続きに大人気の動画へのリンクをいくつか・・・

続きを読む

先生がいなくなる話の続き・・・ 形ではなくて方向!

直前の記事で「形が決まってきた」というのは誤解を呼びそうですね。
何か型にはめようというわけではないのです。
どちらかといえば「方向が決まってきた」のですね。

その方向というのは、従来の授業とか「先生ー生徒」の関係とか、
教科書とか、宿題とか、試験とか、成績とか・・・さまざまな点で反対方向!なのです。

きょうはNPO多言語多読の新講座から先生がいなくなる話しです・・・

続きを読む

多読「授業」の形がだんだん決まってきた! 先生がいなくなる!!

NPO多言語多読の多読講座は(すでにだれも講ずることはしませんが)
わたしが見学してきたサークルの中でいちばん先端を行っていると見えます。
もちろんいちばん歴史があるのだから当然です。

(といっても7年目が終わろうとしているくらいのもの)

そこで、多読講座がどんな風に運営されているか、紹介しようと思い立ちました。
いちばん大きな部分は二つ--読書相談とブックトークです・・・

続きを読む