多読的シャドーイング

メモ:日本語と英語の声の出し方について

この話題はひょっとすると微妙な問題を含むかもしれないと
考えて、ずいぶん前からなかなか記事を書けなかったのです。

(微妙な問題というのは、たとえば「そこまでやらなきゃ
いけないのか!?」とか、「日本人らしく!」といった
反対論があるだろうと予想される?)

ところがシャドーイングをやっている人たちからTwitterで
話題が出てしまった。そうるすとやはりわたしも一言言いたくなってしまった・・・

続きを読む

特別セミナー「多読的シャドーイング入門」から駒!?

11月5日にNPO多言語多読の事務所で開かれた特別セミナーから
珍しい駒が出てきました。

参加した一人の英語の先生から様子を聞いた松木久恒さんがさっそく
試したところ、とても楽しかった、とFacebookでメッセージが
送られてきました。

全文の引用を許可してくださったので、読んでください!

続きを読む

きわめて個人的なメモ:Bitesize/決まり文句/発音練習/シャドーイング/音は落ちる

*音は落ちると言ってきたけれども、どれもほど落ちるか分かっていなかった。

*わたしのシャドーイングは「音」単位だった。発音練習を高速でやっていたようなもの。

*改めてトップダウン、劇薬シャドーイングをやった方がよさそう。

*どうも、わたしは自分の言うことを自分ではやらない傾向がある。

*わたしのシャドーイングは無限にある変化を一つ一つ追いかけようとしていた。

*理屈で分かってから繰り返そうとしていた。だからとてつもなく時間がかかっている。

*Bitesize Shadowing とでも言うべきものを考えるべき?

*自分でも「劇薬シャドーイング」の標準処方からやり直し

(標準処方は今のところ「劇薬シャドーイング5分、速い英語10分」)

消音練習から Bitesize Speaking へ・・・

一つ前の記事を読んだ人は、ひょっとすると
「よし発音練習と消音練習を両方がんばるぞ!」
と考えた人がいるかもしれませんね。

発音練習は無理と言っているのだから、消音練習もあり得ないわけで、
この二つは一つの硬貨の裏と表の関係です。

じゃあ、なんで消音練習などと言い出したのか?

続きを読む

発音練習+消音練習!?

ディクテーションは無駄、発音練習も不可能と書きましたが、
先日の特別セミナー「多読的シャドーイング入門」で、
消音練習ということを思いつきました。

いったい何、それ?

続きを読む