多読的リスニング

GR を疑う ORT を疑う ペーパーバックを疑う

なんだか殺伐としたタイトルが続きますが、許してください。
それというのもつい最近「言いたいことを言ってしまいなさい」という忠告を
二人の人から受けたこと(すでに書きましたが)からなのです。

で、「・・・を疑う」シリーズ前回は「なんでも疑う!」だったのですから、
なんでも は なんでも なんだということを言いたくて・・・

続きを読む

外国人はいつまで外国人か? にメッセージ!

さっそく来ましたよ。たどくで育った(?)子の不満が・・・

これはすっごく共感するトピックですね^^。次女も、先日、学校の課題の英語のCD聞きながら、”ああ~~!!もう!!音が多すぎるんだっ!!”って文句言ってました。この感じ、すごくわかりますね。

「音が多すぎるんだっ!!」というところに唖然・・・
たぶん「音が落ちていない」ことが不満なのでしょうが・・・
わたしは学校英語の特徴をそんな風にパシッと捉えられるだろうか?

音が多すぎるんだ!!--考えよう!

外国人はいつまで外国人か? 

きのうの続きです。
「ぐちゃぐちゃ英語の方が気持ちいい」というのは、分かりにくい感想ですね。

でも、英語独特の音のくせに慣れると、カタカナ英語やきっちり発音はかえって
分かりにくい場合があるようです。

わたしはさすが学校の先生を長くやっていたので、
カタカナ英語だろうと、きっちり発音だろうと、分かります。
わたしも分からなくなりたい・・・

続きを読む

「ぐちゃぐちゃ英語の方が気持ちいい!」

Tadoku三原則(仮)の提案以来、続々と意見が寄せられています。
実にうれしいです。そしてナッツボンさんからこんな報告も・・・

水曜日のNPO多言語多読の講座生で、いまは仕事が忙しくてブッククラブ会員になっていますが、
劇薬シャドーイングがすっかり気に入った人がいて、その人によると、英語のシャドーイングは
「分かってしまうのでおもしろくない」とか。すごい人がいるものです。

続きを読む