脳内音読について メモ

わたしは本を読むのがとても遅いわけです。日本語でも。それは昔からの悩みで、高校のころから速読術なんていう本を読んでました。
(高校以来の友人で村の絵師の I は速いんです、これが。)

いまは速読術には興味がありませんが、今のまま細部まで味わう読書をもっと
速くすることができたらもっとたくさん読書ができて、これぞという本に出会う
可能性も高くなると、ずっと思っています。それで、つい最近考えること・・・

続きを読む

話し言葉と書き言葉について ある人から・・・

NPOの「話す・書く中心クラス」のいまの課題は bite-size と 話し言葉で話す・
話し言葉で書く、なわけで、そのことを最近記事にしたのでした。

さっそく、わたしのお目付役の一人(実は全国に何人もいる! )から反応がありました。

先生、私としてはまずこれが衝撃だったのですが…!?「わたしたちはふだん話し言葉と書き言葉の違いを意識しません。」いや、しますよ、してますよ、思いっきり!そうじゃなきゃ、社会人として生活できませんよ。今やメールで暇さえあれば書き言葉と格闘しているのに…。

あと、私に関して言えば、英語でこの件をはっきりと意識したのは、若かりし頃に真正面から言われたからです。「日本人って本みたいにしゃべるよね。」って(苦笑)この問題についてはいろいろあると思いますが、またしても10年位遅れている先生の奮闘を生暖かい目で見守ります

わたしはいつもこの人に遅れているのですが、今回もそうです。
ただし、話し言葉、書き言葉の区別は学校英語ではまったく話題になっていません。
また、学校以外でも、書き言葉で話す・書く必要がある人はごくまれろうと思います。
この投稿の人はそういうめずらしい部類の人なのですね。日常生活で書き言葉に触れるのは、新聞を読む時、政府のお偉いさんの演説を聞く時、
お役所の書類を読むとき、くらいのものかな? 自分から「書き言葉で話す・書く」という
ことはまずないと思われます。(メールで書き言葉というのはどういう文なのでしょうね。
見本を読ませてほしいのですが、会社のメールとなると簡単には見せてもらえないだろうな。)

学校英語と書き言葉は同じではないというislaverdeさんの指摘がありました。
むずかしい語を使えば書き言葉かというとそうではない、とも指摘がありました。
その通りですが、日本の学校で英語を勉強した人は、わたしを筆頭に、
むずかしい言葉を使いがちだと言うことはまちがいありません。

わたし自身、「なぜ日本人はむずかしい語を使って話すのか?」と外国人に
たずねられたことがあって、その時はまだその意味が分かっていなかったことを
思い出します。

「話す書く中心クラス」の二つの課題について、これからしばらくこのブログで
掘り下げていくつもりです。お楽しみに!

精読的多読について いづこさんに3年遅れの返信

学研本の第一稿は終わりましたが、いろいろ修正のため、大切なみなさんの意見や
感想や投稿を読み直しています。

そうしたら、「多読的精読」についていづこさんの非常に鋭い投稿が見つかりました。
2011年の3月(!)に「ややこしきの掲示板」で読んだ当時はその鋭さが分かって
いなかった・・・ でも、今はいづこさんの疑問のいちばん鋭いところに答えることが
(曲がりなりにも)できると思っています。

原稿書きの徒然に、3年遅れでいづこさんにお答えしておこうと思います。
いづこさんの投稿は「続き」に貼り付けますが、その投稿のきっかけは
わたしがよく言っていた「多読的精読とはサラッと読んで深くわかること」
という定義のことでした。そこにいづこさんが反応してくれた・・・

続きを読む

至急お知らせ! 名古屋市中川図書館の講演会が満員なので・・・

まだ一度も多読に関する講演会を聞いたことがない人で、
中川図書館の講演申し込みが遅れた人は、ぜひ3月1日午前10時からの豊田高専の講演会に
来てください!

くわしくは http://tadoku.org/seminar/2015/01/30/1780 をご覧ください!

追記こんなお知らせを出すのは初めてですが、それというのも、中川図書館の講演申し込みは
なんと三日でいっぱいになってしまった! それも、最初の定員を2倍近くにしたのに・・・
我田引水ですが、愛知県には多読を待っている人がたくさんいる?!

そうか、もう一つの可能性は、名古屋市内のほかの図書館でも講演会が開かれることですね。
2月28日、3月1日、がんばりましょうね!

話し言葉と書き言葉について 学校英語と書き言葉

前回「はなしことばと書き言葉」について書いた時、SSSの時代からの古い、いや、
永い仲間、islaverdeさんからメールをもらいました。
きっかけとなった記事はここです。

わたしが言い出した「はなしことばと書き言葉」の区別で、大きなヒントを得たようでしたが、islaverdeさんは仕事で英語を使っていた人で、話し言葉と書き言葉の齟齬に
悩んだことがあったようです。

したがって、いただいたメールの内容はちょっと進んだものだったので、
いつかまたこの話題を深めるときに使おうととっておきました。
NPO多言語多読のブログで書きましたが、講座ではこれからしばらく
bite-sizeと話し言葉が焦点になるかもしれないので、このあたりで・・・

続きを読む