多読の広がりについて

先日、文科省の公式文書に 「多読」 の文字が載ったという記事を
書きました。学校への広がり・浸透がやっと緒に就いた感があります。
つい数日前、原稿書きの資料探しでグーグルを使って、
「多読」という文字を検索しました。驚くなかれ、1000万件近くヒット!
本当?と訝しく思いましたが、ま、そういうヒット数が出るものなのだとしましょう。

けれども、問題は広がり方です。調布の佐藤さんが、「週刊エコノミスト」
という雑誌の言う「多読」について書かれた記事を知らせてくれました。

 こんにちは。調布の佐藤です。

今日発売の「週刊エコノミスト2014年12月31日・1月7日合併号」(毎日新聞社)が第2特集で英会話を取り上げています。

週刊エコノミスト
2014年 12月31日・1月7日合併号
毎日新聞社
特別定価700円

 1月6日発売の2014年1月14日号の特集も英語に関係した内容です。こちらは語学の話ではなく、経済の話のようです。

英語と経済
金融を支配する覇権言語になった理由/世界は多言語化へ

今年こそ 本気で英会話
111ページから118ページまで

115ページの左上に「英字新聞、雑誌を読むには単語の学習が効果的」と題した編集部執筆の囲み記事があります。添付したPDFファイルは、そのページです。

「多読」という言葉が広がりましたが、ここで使われている「多読」は誤用というか、私たちが使っている「多読」とは違うのでメールを書きました。「単語」、「学習」とか書いている時点で、「多読」の本質を失っていると思いました。このような「多読」の使い方をするから、英語で苦労する人々を量産し続けているのでしょう。このような形で「多読」がビジネスパーソンに認識されると迷惑です。

ただ、週刊エコノミストは週刊経済誌(日経ビジネス、週刊東洋経済、週刊ダイヤモンド)の中では部数が最少です。

今、オフィスで仕事中です。

調布の佐藤

ま、「誤用」ですね。けれども、今は「単語」や「学習」などと結びつけた、
本質を見失った多読が、ずいぶん広がっています。
学校では旧来と変わらず辞書と文法分析を使った「多読」が
当たり前のようになっています。

裾野が広がると言うことは初期の考え方が薄まるということなので、
学校ではそうなるだろうということは予想していました。
けれども、社会人の間でもそうなるとは・・・
(多読の初期を支えて広げたのは30代40代を中心とする人たちだったのですが。)

マイナス面として、わたしはずいぶん前からこのまま単語や学習を伴う多読が学校に
入っていくと「多読があるから英語は嫌い」という生徒が出てくると予想しています。
調布の佐藤さんの「予言」・・・

このような「多読」の使い方をするから、英語で苦労する人々を量産し続けているのでしょう。このような形で「多読」がビジネスパーソンに認識されると迷惑です。

・・・が当たると、多読は社会人をも苦しめることになるでしょう。

ま、それはしかし普及に伴う当然の変化であります。
わたしたちは変わらずにいましょう。
「ポピュラー多読」で多読を知った人の中で5%くらいは、いつかこのサイトに来て

「元々はそういうことだったんだ!」

と目覚めてもらいましょう。

このサイトに集う人たちの仕事は尽きません。がんばりましょう・・・!

流されないために・・・ あいでんてぃてぃー について

先日紹介した文科省の文書にはもうひとつ、
「いったいどういう頭をしているのか? 中を開けてみてみたい」
と思わせる用語がありました。

「日本人としてのアイデンティティ」

です。7ページ目に3回出てきます。

このことばのばかばかしさについてはすでに書いたので、
文科省の文書にあることは記事にしないつもりだったのですが、
今朝の朝日新聞に「日本史の必修化検討」という記事が載っていて、
文科省は「「グローバル社会を見据え、日本のアイデンティティーを学ばせる
必要がある」との意見が自民党を中心に強い」のだそうであります。

もう、自己矛盾もここに尽きますね。
そんなに日本、日本と日本の特性を強調したいなら、
なんで「アイデンティティー」なんていうカタカナ語を使うのでしょうね?

結局文科省も、自民党も、きわめて表面的にしか物を考えられないのでしょうね。
そういえば、電気通信大学にいた中島義道さんという「哲学者」が
わたしに「英語帝国主義」を批判する本を貸してくれたことがありました。
その本を書いた人たちは 「漢語帝国主義」はちっとも気にならないのでしょうね。
大和言葉を漢語が蹂躙したことは少しも気づいていないのです。
そもそも「英語帝国主義」という用語自体が漢語帝国主義に侵されているというのに・・・

ああ、我に日本人の大多数の狂気を遠ざける道を!

学校英語を洗い流すために Good-bye は「さようなら」か? 三訂版

「流されないために」常識を疑ったり、
「洗い流すために」常識を疑ったり、
我ながらちょこまかと忙しい新年であります。

さて今回のお題は初出から簡単にして、次のようにします。

「始めて来社した取引先を見送るときに」Good-bye と言うだろうか?

です。

さらに簡単に、次のようにします。

あなたが別れ際に Good-bye と言うのはどんな時ですか?

こんなにころころお題を変えたら答えにくいかな?
ま、いいでしょう。なにしろ・・・

・・・新年発のお題としては奇妙なものですが、学校英語を洗い流すためにには
格好の話題と言えなくもありません。

来週の月曜日にわたしの意見を書きます。

(決して正解というつもりはありませんが、その点を確かめることも
来週みなさんに呼びかけます。ちょっとおもしろそう!)

ところで、記憶のよい人は 「現在形、過去形、未来形」のお題はどうなった?」
と不審にお思いかもしれません。あれは当分引っ込めます。
お題の出し方が第一非常にむずかしい・・・
(文法という代物の不定型さが原因です。)
そしてだれからも反応がない・・・

いつかもっとわかりやすい形でお題にできたら再度登場させます。
このたびについてはご容赦を願います。

流されないために 株はやめよう!

流されないためには景気の悪い話を書かなきゃいけません・・・

株はやめましょう。

株は「バブル」の典型です。
実質とは関係なく株価は上下します。

(一般に流通している「お金」もバブルつまり実体のないものですが)

経済最優先--このことばが日本の政治の何もかもを表しています。
その経済とは企業の利益です。わたしたち一人一人の利益ではありません。

そのためにいちばん注目される「株価」を操作したくて、
NISAとかいう新しい優先策を持ち出しました。
わたしたち余剰のお金のない人にも博打をさせて、
株価の表面を繕おうというのです。

流されないようにしましょう。

(ちなみにわたしは株は一度も買ったことがありません。)

流されないために・・・ 文科省の「人材」について

世の中どんどん金儲けの方へ流されております。

昨年12月13日に報道向けに発表された文科省の正式文書に
多読 の二文字が初めて入ったことはすでに書きました。

その後朝日新聞で「新しい教育」に関する特集が始まりました。
その第一回の記事には 「人材」 ということばが頻出します。

すでに何度も書きましたが、「人材」 は 「人間材料」 という意味でしょう。
文科省は教育を 経済的繁栄 の 材料を作るものとしか考えていないのです。
上の文書には人材ということばが頻出します。

そしてジャーナリズムの一端を担うはずの朝日新聞まで流されて、
「人材」ということばをそのまま使っている・・・ ああ、なんてこった!

(いや、それはわかっていたことです。
わたしが朝日新聞を紙で購読しているのは「ののちゃん」が読みたいからに
ほかなりません。いしいひさいちさんは暗夜の荒海を漕ぐわたしにとって灯台です。)

新年早々暗い話ですが、NPO多言語多読のフォーラムやブログに集う人もまた
わたしにとっては灯台です。なんとかかんとか闇の正体に灯台の光を当てて、
一つ一つ消していきましょう。いや、消えるものではないとしても、
衝突して沈没しないように、灯台を頼りに迂回航路を見つけていきましょう。

そういうわけでわたしにとっては、新年はみなさんとともに「明ける」のです。
今年もよろしくお願いします。