翻訳が出ました! 学校英語を洗い流すために

いろいろあって3年くらいかかったと思いますが・・・出ました!

リキッド・モダニティを読みとく: 液状化した現代世界からの44通の手紙 (ちくま学芸文庫)
「リキッド・モダニティーを読みとく: 液状化した現代世界からの44通の手紙 」
ジグムント バウマン (著), Zygmunt Bauman (原著), 酒井 邦秀 (翻訳)(ちくま学芸文庫)

44 Letters From the Liquid Modern World
原著は 44 Letters From the Liquid Modern World
kindle版のページにPaperback版のリンクがあります。

イギリスのamazonでは次にリンク先で第1章を読むことが出来ます。

http://www.amazon.co.uk/dp/B00CGGXMTW/ref=rdr_kindle_ext_tmb

日本のamazonでは第1章を読むことができないようです。
サンプルもダウンロードできないらしい・・・

この翻訳には「こんにゃく屋さん」フォーラムで何人かの人に
第一稿からくわしく注文をつけてもらいました。
そのおかげでずいぶんよくなったと思っています。
意見をくださったみなさん、ありがとうございました!

できるだけ英文和訳や学校文法と関係ない翻訳にしたいと考えました。
主語や動詞や現在形や過去形や関係代名詞や比較や仮定法や・・・
それから決まり切った「定番、お定まり」の訳語、そういった約束事を
すっかり忘れて訳すように心がけました。
どの程度成功しているか見てみたいという人、そして翻訳に興味が
ある人、さらには学校英語を洗い流す必要を感じている人は、
翻訳と原著の第1章を比べてください。

(「さよなら英文法 多読が育てる英語力」(ちくま学芸文庫)では、
有名な翻訳家の翻訳にどれほど学校英語が影響しているかを
詳しく吟味しました。あの本で批判された翻訳家たちが、
「酒井は文法を知らない!」と怒ってくれるといいのですが、
筑摩書房の編集者によると、「無視されるだけです」とのこと・・・)

まだまだ英文和訳ではない翻訳をめざして、NPOが監修する
翻訳は次々に(?)出版されます。お楽しみに!

流されないために・・・ 中学に入る子を持つ人に

日本の特性なのでしょうか。
何をやるにもはじめからきちっとお作法に則っていないといけない・・・

かつてトロンという日本で作られたコンピューターのオペレーティング・
システムがありました。どれほど独自なものなのだろうと期待して、
トロンを中心になって作り出した坂村健という人が監修する(?)
NHK教育テレビのコンピュータ講座を見ました。

なんとキーボードの正しい打ち方から講座が始まった!
正しい腕の曲げ方、それぞれの指がどのキーを担当するか、
asdf jkl; とゆっくり打つことから始まったのです・・・
わたしはそこですぐに見るのをやめました。

日本の常識なのでしょうか。
コンピュータ講座はブラインド・タッチを覚えることから、
習字は 永字八法から、
テニスは素振りから、自動車教習はハンドルの回し方から(もちろん車は止まっています)、
英語は ABC を覚えること、一字一字ちゃんと書けること・・・

どれもこれもおもしろくない! ワクワクしない!!
いやどれも初めての時はおもしろいのかな?
おもしろいとしても、「基礎を正しく」という考え方も一緒に
頭と心に埋め込まれます。

なんでほとんどの日本人はなんでもかんでも「道」にしてしまうので
しょうかね? いや道(どう)そのものには問題はないのかもしれませんが、
その身につけ方はいつもだれかが決めた「基本」を「正しく」身につける
ことから始まる・・・

中学校の英語も例外ではない。
さっきある人がツイートしていました。

特に細かいことばかりつつかれる1年生はつらい。
スペルを覚えるのになれるまでに時間のかかる子、
細かいところに目を届ける余裕がない子はみ~んな
どうでもいい間違いばかりで揚げ足を取られてしまう。

ここ5、6年の間に中学高校では、とてつもなく恐ろしいことが
起きています。「1年で英検3級、2年で準2級、3年で2級」といった
到達目標があって、そこへ向かって先生は(自分の評価、
給料にも関わるので)必死で子どもたちの尻を叩き続けます。

いや、ほとんど英語の先生は、子どもたちにひたすら単語暗記と
文法問題集を強制して、それだけが英語の力をつけるものだと
信じて疑いません。学校の管理側から始まったその押しつけぶりは
まるで監獄や拷問や全体主義国家の司法機関と同じです。

学校を管理しているのは文科省です。そして文科省を陰に陽に
管理しているのは財界です。だから学校で起きている非道な
行為は日本の世の中全体の向かっている方向と見事に
一致しています。

ひどくたくさんの人が「権威の奴隷」になりたがっているのです。
財界だって、お金の奴隷になりたがっている。お金の奴隷として
優秀であればあるほど、企業は儲かると信じているのです。

おっとずいぶん話が飛躍しました。中学高校大学の英語に
戻りましょう。もしみなさんが過酷な暗記、問題集、和訳などを
通した英語の先生による「残虐非道な仕打ち」の例を知っていたら、
知らせてくれませんか? 世の中全体に訴えることを
考えたいと思います。

子どもを守りたいと思ったら、「英語なんか嫌い!」と思わせたくなかったら、
学校の英語は常軌を逸していることを子どもに伝える必要があります。
常軌を逸していることを保護者自身が判断できるためには、
上記を逸していない英語(実際に世界中で使われている英語)に
触れて、使っている必要があります。多読・多聴、字幕なし多観、
Skype、twitter、facebook、ブログ、インターネット大学・・・
何でも利用して、奴隷の身を抜け出しましょう!

学校英語を洗い流すために・・・ Of course. は「もちろん」か?

今までのこのトピック同様、一つの言い方の役割は一つではありません。

Good-bye が普通のお別れの際に使われることはあるでしょう。
it が「それ」にあたることもあるでしょう。
belong が「所属する」という場合もあるでしょう。

悪いのは「一対一対応」です。
「Good-bye=さようなら」、「head=頭」、「water=水」、
「climb=登る」、「on=上に」・・・・・・・・・・ といった
一対一対応はそれほど齟齬を来さないこともありますが、
ずっと信じているといつかきっとしっぺ返しを食うでしょう。
でもこれについては1993年出版の「どうして英語が使えない?」に
くわしく書いているので、ここまで。

今回は Of course. です。

実はこれも「どうして英語が使えない?」にくわしく書きました。
一言で言えば、Of course. は「なんでそんなわかりきったことを
訊くんだ?」という役割がある、ということです。したがって、
「バカを言うな」と受け取られて、相手が怒り出すこともある・・・

ある人が I Want My Hat Back という絵本の作家 Jon Klassen さんの
サイン会に行って、サインをもらい、その時の会話で Of course. を使ったことを
ツイートしていました。本人の許可を得て再掲します。

イラストとは別のことで you like it ?? って聞かれて、例の”of course”をついついつかってしまって、笑ながらsorry silly question って言わせちゃった(笑)

「バカな質問だったね、ごめん」と軽く受け取ってもらえたのは
絵本作家とその講演に来たファンということでお互いに信頼があったからですね。

信頼がある場合はこんな風におだやかなやりとりになりますが、
信頼がない場合や信頼を築いている最中の場合は具合の悪いことも
ありえますね。わたしは大昔、Of course. と言ったとたん、
Why Of course?
と顔色を変えて迫られたことがありました。「そんなこともわからないのか、
バカだね」に近く受け取られたのでしょうね。

わたしはいくつもいくつもそういう齟齬を体験して、学校英語に対する
疑いを膨らませていったのです。学校英語で「一対一対応」を押しつけ
られていなければ避けられた齟齬の記憶がいっぱいあります。

なお、ことばを適切に使える時と場面と相手はさまざまです。
じっくりやりとりして誤解を解ける時と場面と相手の場合や
誤解など気にせずにとにかく相手を納得させなければいけない場合は、
間違いや齟齬なんて気にすることはありません。

Jon Klassen さんのサイン会で Of course. を「ついつい使ってしまって」
Klassenさんを恐縮させた「ある人」の結論は・・・

でもばっちりコミュニケーションとってきたぞーーー

いいぞ、いいぞ! それが大事だもんね!!
いくら間違えたって、表情や態度や眼で誤解を解くことはできます。
ばっちりコミュニケーションがとれたのなら、何も心配はないですね。

熟成はやはりあるのだろうか?

2月23日の日曜日に、新宿区四谷図書館で多読講演会がありました。
四谷図書館は開いて愛知県知多市立中央図書館と並んで多読に
とても熱心に取り組んでいます。

四谷図書館の第1回は一昨年の8月でした。その講演会に参加して
くださったSさんはなんと四谷図書館の本だけで多読を続けて、
半年後にはOxford Bookworms Library の Stage 3や4を読んでいた。
ちょうど1年くらい前のことです。

ところがその後いろいろ忙しくなって、今年の1月の四谷図書館
講演会まで、まったく英語の本を読まなかったそうです。
1月の講演会のあとでわたしに、いちばん易しい絵本から
やり直したいと言いました。

それでわたしは(自分では覚えていないのですが)
Louis Sacher の Holes を読んでみたらと、勧めたそうです。
無茶なことを勧めるものですね。今となってはなぜそんな無茶なことを
言い出したのか、まったくわかりませんが、なんとSさんは
5日間で読んでしまって、とても楽しい読書だったと、きのう
知らせてくれました。

約1年間の中断の間にその前6ヶ月間に吸収した英語が熟成したの
でしょうか? まだ判断材料が少ないのでなんとも言えませんが、
少し前には4年半(だったかな?)中断した後で The Last of the Really
Great Whangdoodles というペーパーバックで復活した人もいいます。

ま、これから資料が集まってくれば「熟成」という多読を巡るOne of the
Really Great Possibilities の一つに決着がつくことでしょう。

流されないために・・・ 一人一人はがんばれ! 国旗と国歌はいらない・・・!

ソチ・オリンピックが終わりました。
わたしはほとんど競技を見ませんでした。

感動的な場面がいくつもあったと聞くと残念な気がしますが、
それ以上にわたしは国家が前面に出てくるのを見るのがいやだったのです。

オリンピックは世界の平和のために行われるという話があります。
音楽やスポーツや芸術に国境はないと言われているからでしょう。
(古代ギリシャのオリンピックでは戦争を中断して競技に興じたのではなかったか?)
けれども、わたしには国際オリンピック委員会は強大な営利組織に変化していて、
さまざまな利権にまみれているように見えます。

国内のオリンピック委員会もわたしには多くの利権を抱えて、
ちょうど原子力ムラのように、利権から収入を得ることがスポーツの喜びからは
すっかり独立して一人歩きしているように感じられます。

純粋にスポーツの喜びを追求している選手一人一人はがんばってほしいと
思っていました。けれども、国境を越えるという意識があまりない
選手や観客もいるようで、国旗を体に巻き付けたり、ほっぺたに国旗を
ペイントしている人がいて、日の丸飛行隊なんていうことばまで聞かれました。

日本はいま危ない方向へ向かっていると思います。
日本は過去の歴史で悪いことはしていない、あるいは悪いことをしたとしても
他の国だってやっていることだから反省などする必要はないという議論が
勢いを増しています。

そうした日本国賛美の流れを作るために、オリンピックは見事に利用されている
のではないでしょうか? このまま行くと、「天皇陛下万歳!」を叫ばないと
非国民扱いされる日が早晩来てしまうと心配しています。

10年くらい前に、電気通信大学にいた西尾幹二さんという先生に、
「このまま二世議員が国会に増えると、日本は封建制に逆戻りですね」と
言ったことがあります。西尾さんは「封建制じゃなくて、封建的でしょ」と
修正しようとしました。わたしは修正に応じませんでしたが、
まさかこんなに早く封建制が戻ってくるとは予想していませんでした。
国民主権という考え方は結局根付いていなかったのでしょう。

このところの選挙や政府や国会議員やNHK経営委員会や仲井真知事の
振る舞いを見ていると、日本の「民主主義」は非常に根が浅かった
という気がします。

形だけ民主主義で、中身は封建制ということが、日本では可能だったのですね!

そして、韓国との竹島問題、中国との尖閣列島問題程度で人々の
気持ちは一気に日本万歳、外国排斥の方向へと大きく変わりました。

日本人はまた外国人や外国との付き合い方が幼いとわたしは感じています。
自分をえらいと思わないと不安だというのは、まだ自分の生き方がしっかり
していないということなのでしょう。

その点、ある人のtwitterで知ったのですが、安藤美姫さんの次の態度は

報道ステーションSUNDAYに出てる安藤美姫さん、「女子フィギュア、日本人で表彰台独占してほしいですね」的な振りに対して、「ほかの国にもいい選手はいるから、いろんな選手にスポットライトを当ててもらえたら」と柔らかく反論。真っ当な人だなーと思った。

わたしにもまっとうなものに思えます。

国家を賛美し天皇制を賛美することで現支配層はやりたい放題のことができます。
自民党は大企業の経済的繁栄しか関心がなく、一般の日本人はそのための
「人材」にすぎません。人材を動かすためには日本人をまとめて同じ方向に
導く必要があり、そのためには国家賛美と天皇制賛美はきわめて手っ取り早く、
有無を言わさず、理屈を言わせない威力があるのでしょう。

「だって、生まれた国ですもの」

というあれです。

わたしたちは一人一人、なんとか流されないようにがんばりましょう。
国旗と国歌に目くらましをされないように・・・