#unlearn

souvenir は「お土産」だろうか? 犬も歩けば棒に当たる

犬が歩くと棒に当たる、アンテナが立つといくらでも実例が引っかかってくる。
それが「多読/tadoku」のいいところですね。

5日のNPO多読講座でも、何かの拍子にわたしが「あ、そういう時は
struggle という表現ちょうどいいんですよ」と言ったところ、
そこから英語で自由に話している中で struggle を使える場面が二度も
出てきて、わたしは「これぞtadoku!」と思ったのでした。

で、今回はわたしが当たった棒と、モーリンが歩いて当たりに行った棒・・・

続きを読む

souvenir と stopping #unlearn

unlearn の話題が続いていますが、しばらく我慢してください。
しばらくってどのくらいかというと、日本の「外国語学習」が日本語を
一切通さないことが常識になるまで・・・

stopping も souvenir についてもわたしの頭にアンテナが立ったようで、次々に例が引っかかってきます。きょうの収穫・・・

続きを読む

Challenge は 「挑戦(する)」だろうか? #unlearn

先日のNPOの講座で、
「フランケンシュタイン博士(怪物を作った人)は科学に challenge した」
英語で言った人がいて、わたしは思わず、ちょっと待って、と言ってしまったのでした。
ちょうど正反対の意味になりかねなかったからでした。

とはいえ、これは多読支援三原則の一、「教えない!」に対する重大な違反です!
けれども、(多読では教えないけれども) 多読ができる状態にするには、「教える」ことがあります。
unlearn する必要があるからですが、その際には unlearn と learn の境目は限りなくぼやけ、
教える と 教えない はほとんど似通ってしまい、どちらが Voldemort か、Harry Potter か、
わからなくなってしまいます・・・

で、仕方なく、またしても、疑問を投げておしまいにします。

「challenge は 挑戦(する) だろうか?」

この疑問でアンテナを立てて、みなさんが 実は 挑戦(する) ではないと感じてくださることを・・・!

 

#learn ‘a’ について・・・ Tさんのメールから

使い方がむずかしい語の代表みたいに言われることもありますが、
たしかに a も the もむずかしい。

(機能語は頭で理解しようとすると、たいていおっそろしくむずかしい!

Tさんはしかし、’a’ の一つの側面をしっかりつかまえていると、わたしは思います。

続きを読む