未分類

第2回多読祭りの報告です!

第2回多読祭りは強風豪雨の予報にもかかわらずとても盛会でした。
写真を見るとその場の雰囲気を思い出します。最初の写真は
開会前にすでに始まった英語多読体験相談コーナーの様子です。

http://tadoku.org/blog/

今回は来られなかったみなさん、今年度のもう一つの催しに
来てください! 8月3日日曜日の多読セミナーです。
場所は文京区の文京学院中学高等学校。

カレンダーに書き込んでおいてください!
それとも来年まで待ちますか?

流されないために・・・ 一人一人はがんばれ! 国旗と国歌はいらない・・・!

ソチ・オリンピックが終わりました。
わたしはほとんど競技を見ませんでした。

感動的な場面がいくつもあったと聞くと残念な気がしますが、
それ以上にわたしは国家が前面に出てくるのを見るのがいやだったのです。

オリンピックは世界の平和のために行われるという話があります。
音楽やスポーツや芸術に国境はないと言われているからでしょう。
(古代ギリシャのオリンピックでは戦争を中断して競技に興じたのではなかったか?)
けれども、わたしには国際オリンピック委員会は強大な営利組織に変化していて、
さまざまな利権にまみれているように見えます。

国内のオリンピック委員会もわたしには多くの利権を抱えて、
ちょうど原子力ムラのように、利権から収入を得ることがスポーツの喜びからは
すっかり独立して一人歩きしているように感じられます。

純粋にスポーツの喜びを追求している選手一人一人はがんばってほしいと
思っていました。けれども、国境を越えるという意識があまりない
選手や観客もいるようで、国旗を体に巻き付けたり、ほっぺたに国旗を
ペイントしている人がいて、日の丸飛行隊なんていうことばまで聞かれました。

日本はいま危ない方向へ向かっていると思います。
日本は過去の歴史で悪いことはしていない、あるいは悪いことをしたとしても
他の国だってやっていることだから反省などする必要はないという議論が
勢いを増しています。

そうした日本国賛美の流れを作るために、オリンピックは見事に利用されている
のではないでしょうか? このまま行くと、「天皇陛下万歳!」を叫ばないと
非国民扱いされる日が早晩来てしまうと心配しています。

10年くらい前に、電気通信大学にいた西尾幹二さんという先生に、
「このまま二世議員が国会に増えると、日本は封建制に逆戻りですね」と
言ったことがあります。西尾さんは「封建制じゃなくて、封建的でしょ」と
修正しようとしました。わたしは修正に応じませんでしたが、
まさかこんなに早く封建制が戻ってくるとは予想していませんでした。
国民主権という考え方は結局根付いていなかったのでしょう。

このところの選挙や政府や国会議員やNHK経営委員会や仲井真知事の
振る舞いを見ていると、日本の「民主主義」は非常に根が浅かった
という気がします。

形だけ民主主義で、中身は封建制ということが、日本では可能だったのですね!

そして、韓国との竹島問題、中国との尖閣列島問題程度で人々の
気持ちは一気に日本万歳、外国排斥の方向へと大きく変わりました。

日本人はまた外国人や外国との付き合い方が幼いとわたしは感じています。
自分をえらいと思わないと不安だというのは、まだ自分の生き方がしっかり
していないということなのでしょう。

その点、ある人のtwitterで知ったのですが、安藤美姫さんの次の態度は

報道ステーションSUNDAYに出てる安藤美姫さん、「女子フィギュア、日本人で表彰台独占してほしいですね」的な振りに対して、「ほかの国にもいい選手はいるから、いろんな選手にスポットライトを当ててもらえたら」と柔らかく反論。真っ当な人だなーと思った。

わたしにもまっとうなものに思えます。

国家を賛美し天皇制を賛美することで現支配層はやりたい放題のことができます。
自民党は大企業の経済的繁栄しか関心がなく、一般の日本人はそのための
「人材」にすぎません。人材を動かすためには日本人をまとめて同じ方向に
導く必要があり、そのためには国家賛美と天皇制賛美はきわめて手っ取り早く、
有無を言わさず、理屈を言わせない威力があるのでしょう。

「だって、生まれた国ですもの」

というあれです。

わたしたちは一人一人、なんとか流されないようにがんばりましょう。
国旗と国歌に目くらましをされないように・・・

可児市日本語多読講演会の報告!

日本語多読講演があったのですが、終了後のアンケートの回答がすばらしい!
長いけれど、ぜひ読んでください。

http://tadoku.org/blog/blog/2014/01/18/361

2013年は英語多読と日本語多読への理解が深まり始めた年ということに
なるのかもしれません。後から振り返って、そうなりますように・・・

あ、それから・・・

NPO多言語多読の活動が日本全国を対象にしていることがわかるはずです。

インターネット大学への招待

多読からまた新しい道が開けました!

多読で英語と親しくなった人たちがインターネット大学の窓を開けました。
読む・聞く・書くがすべて関わります。世界の一流の講座はずいぶんと楽しいようです!
NPO多言語多読のフォーラムにすでに試した人たちがくわしい体験談や
手引きを投稿してくれました!!

これからオンライン大学をはじめる方へ
http://forum.tadoku.org/viewtopic.php?p=7958#p7958
先輩方、誰かがやらねばということで、僭越ながら勝手にまとめてみました!
他にもこれはピックアップしておいて!というのがあればお知らせしてもらえると嬉しいです。。。
そうか、、、その都度こうやってリンクをストックしていけば、ちょっとしたWikiになるのですね。。。

フォーラムって、こういうことだと思うんです。
みんながちょっとずついろいろ試してみて、少しずつ知恵と知識と思いが貯まっていく・・・
(そして整理すればWikipediaのようになる--これもフォーラムの旅立ち以来待っていました!)

なんとも言えないです。オンライン大学について報告した人も、読んだ人も、みなさん、ありがとう!
(そして、整理してくれたkatobushiさん、ありがとう!!!!!!!!)

(大げさに聞こえるかもしれませんが、これまで内側しか向いていなかった日本が--つまり
外にいてもほとんどの場合内側を向いていたこの島国の人たちがいよいよ外を向き始めたのですね。)

In any case, take advantage of tadoku!

みんなのうた

(旧ブログでも何回か書いた「みんなのうた」を復活させることに・・・)

ディキシーランド・ジャズ? ニュー・オーリンズ・ジャズ?
どっちと呼ぶべきなのかわかりませんが、英語と関係ないこんな映像もよいかと・・・

http://youtu.be/A91pY1L9meQ

Wynton Marsalis さんは、「トランペット吹きの子守歌」も大好きなのですが、
お祭り、ワイワイの好きなわたしとしては、こちらも大好き。

一人一人が勝手に演奏しながら、みんなが気持ちを通じ合っていて、
だから一つの曲になってうねっていく・・・ニュー・オーリンズの通りをゆっくりと
演奏しながら行進している感じがなんとも言えません。

わたしは神は信じていないけれど、こんな風に神を信じる人たちは信じてもいいと思います。

(意味不明か? 矛盾しているか? でも、やっぱりそうです。)

わたしもぜひこんな風にばいばいしたいものです。