多読的スピーキング

「一口大」について 二口大、三口大・・・はあるのか?

(NPO多言語多読の「話す書く中心クラス」の新しい方向について、
こちらのブログでは講座を超えた一般論を展開します。)

英語の授業で「be動詞」という言葉を聞いて、「A動詞もあるのか?」と
思った人がいたそうであります。文法用語のむなしさを端的に表していますね。

で、「一口大があるなら、二口大、三口大もあるのかな?」と思った人も
いたかもしれません。あるいは「一口大の最初は一語だとして、
一口大は4語、5語・・・無限大と大きくなるのか?」と疑問に思った人も
いたかもしれません。

「一口大」なんていう言い方はここ数ヶ月で突如出てきたもので、
何か意味があるかどうか、わかりません。
以前使っていた「意味のかたまり」とはちょっと違います。
二つの関係についてはまたいつか・・・

で、考え始めたばかりなので、よくわかりませんが、
いまは少しだけ予想を書いておきます。

*「さよなら英文法 多読が育てる英語力」(ちくま学芸文庫)に書きましたが、
「意味のかたまり」は実はそんなに大きくはありません。せいぜい7語から10語
前後ではないかと思われます。

(「意味のかたまり」自体がまだ定義不十分ですが、それはわたし自身が
よく考えていないからです。いつか分かることを祈ります。)

*長い文はせいぜい7語から10語、12語程度の「意味のかたまり」が、
いくつかつながって長くなっているだけだと思われます。

*この長さはおそらく息の長さと関係あるのではないか?
たとえ書き言葉でもそれを裏で支えているのは話し言葉と同じ
「息」なのではないか?

*したがって、わたしが気持ちよく口にできる長さと、母語とする人が
気持ちよく口にできる長さはそんなに変わらないのではないか?

*そこから予想するのですが、気持ちよく口にできる長さは
一語からせいぜい5語くらいまで非常にゆっくりと長くなっていくと
思われます。

*書き言葉についても、「意味のかたまり」は息の長さを超えて
長くはならないのではないか?

いまはここまで!

絵本朗読 (読み聞かせ) について

金曜多読講座のkatobushiさんが、頭の中で練習して読み聞かせに臨みました。

その報告をフォーラムに書いてくれました。

http://forum.tadoku.org/viewtopic.php?f=10&t=870&p=8437#p8437

読み聞かせは聞く方にもあんなに心地よいものなのだから、
読む方にもきっといいことがあるはずと思ってNPOの講座で始めましたが、
案の定、みなさん楽しんでいるし(聞く方も読む方も)、
絵本の短いけれどもよく練られた文が比較的自分のものになりやすいような気がします。

(まだ「気がします」の段階。報告は続けます。)

楽しみ!

多読的ライティング やさしい英語が荒々しく溢れるとき・・・

多読的ライティング という題名で中学2年生の男子たちの書いた英文を紹介しました。
それにモーリンさんが自分の「書きたい衝動」について書いてくれて、
もう一つ、体に溜まった英語が溢れた時のことを綴ったメールが来ました。

そういえば、電通大に研究室があったころ、たくさんの人が研究室を訪ねてくれましたが、
たまさか来訪希望の日時にわたしが大学にいないことがありました。

そういう時、わたしはたいがい「どうぞ来てください。ただ、ぼくはいないから下の事務室で
鍵を借りて、勝手に入って好きなようにしてください」と返事をしたのでした。
で、「終わったら鍵は6階のメール・ボックスに入れておいてね」と・・・
事務室の人は次の日、メール・ボックスから鍵を回収して鍵箱に戻したのでした。

はは! のんびりしたものでしたね。そういうある日の思い出とともに紹介します。

電通大のあの本がいっぱいの研究室に、ひとりで、朝から晩まで居座らせてもらって、かたっぱしから本を手にとり、よみつづけた夏の日のことを、おもいだします。せんせいも留守で、本とわたし以外、ほんとに誰もいなくて。その帰り道でした。モーリンさんのメールにあったみたいに、わたしの頭のなかも、みじかい、たくさんの英語がぐるぐるしてました。それが、あふれだそうとしているみたいに、書いたり、話したり、したくてしたくてしょうがなくなって。帰ってから、一気に英語でメールを書いた。楽しかった。あれは、宝物の一日でした。

ゆっくりと外国語に浸って、物語を静かに味わって、急がせることなく体の奥にしまっていくと、
逆にこういうことが起きるのかもしれませんね。わたしも時々そうやって、何の邪心もない
愉しみ方をしてみたいものだ。

マクドナルドの法則 日本語と英語は音の繋がり方がちがう

この話題の一つ前の記事のお題は・・・

1. 日本語で マクドナルド をできるだけ速く言ってください。

2. 英語で McDonald’s をできるだけ速く言ってください。

でした。

出来るだけ速く言おうとすると、おそらくマクドナルドの、
 も  も  も  も  も  も、一つ一つ全部短く、
速く言ったのではありませんか? つまり・・・

ゆっくり言った

  マクドナルド

に対して、

マクドルド

という風に言って全体を速く言ったはずです。
それが日本語の音の繋がり方の特徴だからです。

それに対して、英語の音の繋がり方は日本語と違うので、ゆっくり言うと

  McDonald’s

ですが、速く言うと

McDonald’s

(どうしてもこの記事の中では Don だけを大きく表示することができませんが、
速く言った Don は、ゆっくり言った Don と同じ大きさ(=長さ)だと思ってください。)

日本語は文字をすべて同じ短さにして、全体を速く言います。
これを 音節平等主義 というなら、
英語の特徴は 音節弱肉強食 とでもいいましょうか。
強い音節である Don の長さはどんなに速く言っても変わることはなく、
かわりに前後の音節を犠牲にして極端に短くしたり、消したりして速く言います。

これはとても大きな違いで、わたしたちが英語を聞いて何を言っているかわからない、
英語を言ってなんと言っているか分かってもらえない、そのいちばん大きな原因だと
わたしは考えています。

日本語の音節平等主義をそのまま英語に持ち込んだ学校英語がどんな風に
現実の英語と離れているか、そのためにわたしの聞く・話すにどんな影響が
あらわれているか、引き続き考えていきましょう。

離陸の図解のために 朝令暮改--昨日の晩の今日の朝でもう?!

たとえというのは気をつけなきゃいけませんね。

「離陸」というのは多読にぴったりのたとえだと思うんですが、
(その点は変更の必要はない。なにしろ「独り立ち」が目的だから)
離陸する飛行機というのはいわば一直線に昇っていきますが、
多読でみなさんが学校英語から自由になる経路は決して一つではない!

それこそぴ~ママさんやakoさんのように、多読の途中で絵本に引っかかって
ずーっと絵本を読む人、児童書に引っかかって当初のペーパーバックを楽しむ
という目的を忘れたYYYさん、本は読まずに俳優の追っかけに英語を使っている
YYYさん、ロマンス本にはまったYYYさん(多数)、XXXさん(一人)、
BLにはまったYYYさん(複数)、翻訳に向かっているYYYさん(複数)などなど、
「完全に離陸」したあとはいろいろ楽しみ方があるわけです。

従って、離陸を図解するとしても、各段階を・・・

1冊の語数やラベルの色 で決めつけてはいけない!

そんなものは本棚から本を取り出すまでの目安に過ぎない!

逆に言うと、語数も色ラベルも気にしないで好きなものを好きなように楽しむことが
本格的離陸ですね。楽しめないものを一言「いまのわたしには合わない!」
と切り捨てる自由さえ手にする!

反省とともに、語数や色ラベルに囚われない図解を考えることにします。