字幕なし多観

「絵=映像」から始まる 多読から多読的精読への道

独眼龍さんがあるとき(おそらく2、3年前?)、

「それは多読から多読的精読になっていないということですね。」

と言ったことがありました。わたしはそれ以来ずっと考えてきました。
どういう場合に 多読から多読的精読にならないのだろう?

今年の初め以来、そのことにある見当がついたように思っています。

「絵=映像」の吸収が足りない場合ではないか?

(「精読といえば文法分析だろう、したがって、多読に文法の勉強を加えれば
多読的精読に変化するはずだ」と考えるのはほとんど陋習であり、
たとえ陋習とまでは言えなくても、間違いなく短絡的です。
そんな表面的かつ簡単なことならなら2年も考えなかった。
文法による精読なんてものはまったく無力。というより害があります。
その点については「さよなら英文法 多読が育てる英語力」(ちくま学芸文庫)
を参考にしてください。文法を通じた精読では、どんなにがんばっても
あの本で採り上げた英語の先生たちや受験専門家たちの理解
(すなわち無理解)にしかなりません。)

つまり、なんと1年半前にいくつか書いた「いわゆるGRの功罪」という話題に
見事につながっていました。そしてなんとSSS時代の多読仲間の現在にも
つながっているかもしれません・・・

1年半前に書いた記事はおいおい投稿しますが、
絵や映像の吸収が足りないということについては、整理し切れていないので
メモ風に・・・

*GRは絵本ではなくて挿絵本。
→ことばにとってきわめて大事な「世界や状況や場面」を体感しにくい。
*GRは学校英語に近い。
→「生のことば」に対する勘が養われない。
*学校英語をお勉強した人には、分かるところが多すぎる。
→分からないことに耐える癖がつきにくい。
*学校英語の誤解が修正されにくい。
←絵があれば誤解が修正されやすい。
*GRも絵本も「やさしい英語」で書いてあるが、「やさしい」の意味は全く違う。
→GRは学校で英語を勉強した大人向けにやさしく書いてある。
→絵本は英語が母語のこども向けにやさしく書いてある。

ほかにもあるはずですが、ここはメモなので、またいつか追加します。

GRから始めて、そのまま挿絵本に移り、ペーパーバックに手を出すと、
いちばんやさしい、つまりいちばん基本的な、語や、語のつながりについて、
十分な理解と吸収をしないままになってしまう可能性があります。

そこで、たとえば Catherine walked into Wim’s office.  を
「事務所まで歩いて行った」と考えてしまいます。
600万語読んだある人は音をたくさん聞いていて、想像力も豊かなのでしょう、
「into と書いてあるから、『乗り込んだ』んでしょ。」と言いました。
「こんなのが多読的精読」です。

つまりSSS掲示板の時代には絵本の役割が小さかった。
そのために、ペーパーバックを楽しめるようになった人たちの中には
うまく多読的精読に入っていったタイプと、もう一息入れないでいるタイプが
いるのではないかと、しばらく前からわたしは考えています。
(もちろんその間にさまざまな度合いのタイプがありますが。)

*最初のタイプは、想像力が豊かだったり、GRからORTに戻ったり、
絵本を堪能したり、朗読や映画や海外ドラマを多読と並行して
楽しんだために「文字だけではない理解」にまで進んだタイプ。

このタイプはいい加減な人たちで、いわゆる「理解」は不十分でも、
どんどん楽しんでしまうようです。きわめていい加減な場合は、
そもそも「理解」なんていうことはまったく気にしないようです。

*もう一つのタイプは、GR → 挿絵本 → ペーパーバック と進んで、
一見順調なようだけれども、GRの時の英語の理解をそのままペーパー
バックに持ち込んでいる。いわばペーパーバックを強引に学校英語の延長で
理解していているように思われます。

この場合、自分が「正しく理解しているかどうか」を気にし、
さらには試験の点数を気にする傾向があるように思われます。
理解度が気になるので、飛ばし読みができず、結局 たくさんは読めない・・・
また、飛ばし読みができないのでリスニングが不得意、
映画やドラマも分からないところを繰り返し聞いたり、
字幕でたしかめたりするようです。その結果 たくさんは聞けない・・・

とどのつまり、ことばが使われる多様な場面に遭遇することがなく、
なによりも大事な楽しくたくさん吸収することができない。
たくさん読んだように見えて、理解が深まることはなく、多読的精読には
至らないというわけです。のみならず、正しくないといけないと考えがちなので、
話すことも書くこともおびえてしまい、手が出ない。いや、口が出ない・・・

注:もう一度、念のため・・・
二つのタイプに分けたのはいちばん極端な両端を採り上げてみただけ
のことです。両端の間に無数の変化形があります。

**********************************

このメモの結論は以上ですが、どうしても追記しなければいけないことがあります。

後者のタイプは「わたしのことかもしれない!」と思い当たる人には、
「気楽で楽ちんな道」に戻る方法がいくつかあります。

*聞き読み ただし、決して理解を深めるためにという言い訳で、戻ったり、
何度も同じところを聞き読みしないこと! 分からないところは放っておいて、
朗読の速さのまま引っ張られてください!!
*劇薬シャドーイング すでに何百万語も読んでいるのに、聞けない、話せない、
書けない、という場合は、劇薬シャドーイングを試してください。
一気に聞ける、話せる、書けるになる可能性があります。
*字幕なし多観 劇薬シャドーイングよりも続けやすいはずです。
効果のほどはまだよく分かっていません。

字幕なし多観について katobushiさんのツイートから

まず、katobushiさんのツイートを引用・・・

僕が字幕なし多観をはじめたころのORTのような動画から、というコンセプトはよくなかったと反省しています!字幕なし多観のいいところは、レベルの概念を捨てやすいところだと思います!

字幕なし多観の効果は聞き読みよりもっと強力だとおもいます!プラス、字のない絵本から始めるみたいに1%も聞き取れないものからはじめることをお勧めしたいです!

レベルの概念を捨てる・・・大事件ですね。
これまでの多読はレベルの概念は大事だということで始まり、進んできました。

レベルの概念を使って入り口を入りやすくする--これはうまい作戦だったと思いますが、
場合によってはうまく行き過ぎていつまでもレベルから抜け出せないことがあります。
また学校などでは試験や成績や点数、数字に反映しやすいので、
そもそも抜け出す気がないのが普通・・・

わたし自身がレベルという考え方から抜け出すのにずいぶん時間がかかりました。
最初から警戒していたのに時間がかかったのだから、レベルや進度や理解度といった
考え方のしつこさは身をもって体験しています。

ではレベルの概念を捨てて、代わりにわたしたちの歩みを確認するには何がいいのか?
わたしは年齢だろうと思います。「をさなごのやうに」始めて、少しずつ世界と物語を
理解していく・・・

その場合、katobushiさんの言う「1%も聞き取れないものからはじめる」ことは、
赤ちゃんが自分の周囲の言葉や状況をほとんど理解できないところから成長していくことを
真似することになるでしょう。

つまり、最初は 見る・聞く・泣く(もごもご?) から始まって、一語文で話すへ、それから
読む・書くへ というところでしょうか? もちろん大人が同じような過程を経るのかどうか、
それはみなさんの報告で少しずつ明らかになっていくことでしょう。

(ついでに言うと、その過程に学校英語がどう関わるのかも、明らかになっていくでしょう。)

字幕なし多観について キャラクターが鍵?

やはり字幕なしで映画やドラマやアニメを楽しんでいる人はあちこちにいる
と見えて、きょうも報告がありました。

実に示唆的なので、字幕なしに関する部分をそのまま引用します。

字幕なし多観が楽しく続けられるかどうかは
どれだけ(言葉がわからなくても)登場人物の気持ちを想像し共感できるか
それと
お気に入りの(または気になる)登場人物がいるか
にかかっているように思います。

この登場人物(キャラクター)というのが
見続けるのに
けっこう大事なんじゃないか、と思っています。

これが面白ければ、それだけで目が離せなくなって
ストーリーさえわからなくても見続けてしまうのが
人間の特性かもしれません。

私の姪は2才くらいから「相棒」が大好きでしたし
娘も3才のとき「渡る世間は鬼ばかり」の
再放送にはまっていました。
息子の友だちは2才の頃、まだ片言のときに
「はぐれ刑事純情派」が大好きで
藤田まこと演じる主人公が出ると
「ハグレ、ハグレ」と興奮して見入っていました。

2歳や3歳のこどももドラマの世界や物語に惹かれるのでしょうか?
おそらく惹かれるのでしょうね。

彼らが殺人や鑑識結果や店の経営や嫁姑問題などが
わかっていたわけではないけれど、
1時間ちかくずっと鑑賞していられたというのは
お気に入りの人物が笑ったり困ったりののしりあったりすると
もう目が離せなくなってしまったからだと思います。
危険な目に合うと自分もドキドキしていたみたいです。
(ちなみに、これら国民的ドラマを酒井先生は
知らない可能性がかなり高いと推測します・笑)

それにしても2歳の頃に、藤田まことの威力が分かる?!
わたしたちは世界について、歴史について、人間について、とんでもない
理解力や吸収力を持っているのでしょうね。
まだだれもどれほど広く深く高いのか、知らないのでしょうけれど。

私も昨年の秋から思うところあって多観を始め
12月にメリッサさんとお会いしてからは
ますます字幕なし中心になりました。

連続ドラマなら、登場人物になじんできて
その人の癖とか習慣とか性格がわかってくると
その回のストーリーが大した話でなくても
キャラクターの魅力で楽しめます。

あの世界的な、近頃また現代に現れた探偵さんも
頭脳明晰だけどコカイン中毒だったりするキャラ、
口ぐせ、決め台詞、あの挿絵の造形(帽子、コート、パイプ)
がストーリー以上に人々をひきつけるものだから人気者なのでしょう。

機関車トーマスだって汽車なのに
それぞれの性格や癖がはっきりしているのを
子どもたちはちゃんと見分けています。

そういえば、魅力的なキャラクターのいないヒット作はないような?

今回、先生のブログで
受講生のBさんのDesperate Housewives のメモと
パピイさんのコメントを興味深く拝見しました。
私もこのドラマにはまったことがあるので
なおさら、なるほどと思ったのかもしれません。
10%しかわからない、というのは話されている英語のことでしょうが
このドラマを最初から見ていれば
登場人物設定と展開が、たぶん英語が全くわからない方でも
わかると思います。
それぞれがどうなっていくのか、次々新しい人も出てくるので
興味が尽きることもないし
わからない部分があっても、どうなっていくのか楽しめるはずです。

それと、このキャラクターへの思い入れ、共感、というのと
例のGRの弊害の話は実は関係があると思っていますので
そのうちお話ししますね。

場面と展開と表情と声音(言っていることの「理解度」ではないです)について
パピイさんと同じ感想と言っていいのでしょうね。

さらに長くなってしまいそうですので
劇薬?多観についてもまた次回に。
私、20年以上前は何も考えず平気でやっていました。
知らない土地の映画館に入って知らない言葉の映画を見るのが楽しかったです。
香港で広東語の映画を見るとか。

ひとつヒントになりそうなのは、NPOにもあるピングーです。

次回を 非 常 に 楽しみにしています!

それから、段階別読み物(GR)の弊害についても、ぜひ意見を聞かせてください。
わたしは実は1年半くらい前からその話題についてブログに下書きを貯めています。
それで、実はまもなくそれを記事として公開しようと考えていたのです。
ご意見を楽しみにしています!

追記
字幕なし多観のよさと、GRの弊害は同じコインの裏表だと、わたしは考えています。
その意味でも、この人の次回の報告は楽しみです。

字幕なし多観について パピイさんから!

古い仲間です。パピイさんから・・・

酒井さん、ご無沙汰いたしております。

9日のブログ、「字幕なし多観! 4週間(ごく短い)報告」を読んで
気になることがありましたので、メールします。

「驚くのはBさんの感想では「10%もわからない」と言っていること!本当に
10%しか分かっていないとすると、それでも楽しめるということは驚きですね。」
と書かれていますが、これを読んだ多くの人は違う感想を持つだろうと想像します。

それは、「これだけ英語がペラペラな人でも、10%しか理解できないのか?
多観というのは、たいへん難しいものだなと」

英語ペラペラという表現は嫌いなのですが、世間的にはよく使われるので
あえて使いましたが、Book Talkメモからの想像です。

つまり、酒井さんの意図と正反対の理解をされる危惧を抱きました。

たしかにそうでした。 Book talk のメモで見るとおり、Bさんはかなり英語の
できる人です。

その人が「10%しか分からない」と言えば、たくさんの人がわたしにはできそうも
ないと、字幕なしから遠ざかってしまうかもしれませんね。講座ではこんな風に
書くことを話すことがつながっています、という例としてメモを紹介しましたが、
短慮でした。一つの記事で二つのメッセージを送ろうとしたことが間違いですね。

そこで、ほぼ毎週多観をしている私の「10%の理解」についての考察ですが、
会話を自信をもって理解できたと感じられるのは、10%くらいなのかも
知れませんが、登場人物の表情、また身振り手振りや、背景などから
ストーリーのかなりの部分は間違いなく理解されているものと想像します。

でなければ、ドラマにはまらないだろうし、
Why did Mary commit suicide?
Why did her husband kill Martha Hoover?
What is the pharmacist going to do?
I can’t resist my curiosity.
というコメントも出ないでしょう。

多観は絵本読書に似ていて、画面や効果音などから得る情報が大変多いのです。

11日の「ぼーっと眺めるところから始めましょう」というコメントは、
大変良いと思いますが、その前で躓く人がいないことを祈ります。

(なんというか・・・ 古い仲間の意見は何とも言えずありがたいです。
わたしが言うのは変かもしれませんが、なんだか気持ちがゆったりとしてきます。
阿吽の呼吸を心得ているとでも言うのか? 知己といいますか・・・ )

で、「ほぼ毎週多観している」パピイさんの10%以外の部分のこと、
実にその通りですね。「登場人物の表情、また身振りや手振り、背景」から
物語を理解しているのですね。そこから楽しみが生まれるのでしょう。

「でなければ、ドラマにはまらないだろう」というところもその通りです。
主観的にはセリフの10%しか分からないと思っても、Bさんは
場面と登場人物の表情でDesperate Housewives の世界と物語に浸り
きっているのですね。

ぜひみなさん、 book talk のメモの部分は、「こんなにできる人でも
10%しかわからないのか!」ではなく、「10%しかわからなくても
こんなに深く物語に入り込めるんだ!」という例と受け取ってください。

そうそう、劇薬シャドーインングがあるのなら、劇薬多観もあって良いのでは。
知らない言語の映画かドラマを見て、どれだけ楽しめるかを試してみては?
(フォーラムにも書きましたが、私は意図せずに経験しています)

おまけ:多観をしていて悲しい事
エンディングで、エピローグを字幕で説明されることがあるのですが、
読み切る前に消えることが多々あります。初見なので、気づくのが
遅いという理由もありますけど>言い訳ですね

☆パピイ

劇薬多観! これもぜひみなさんに試してほしいな!

実は以前 The Red Violin という映画のYouTube版を紹介したことがありました。
あれはまさに「劇薬多観」を目指したものでした。

https://www.youtube.com/watch?v=pBQurTMveac

ニスのために赤く見えるバイオリンの数奇な運命を描いていて、
上のリンク先は画面がきれい! 各国を巡って、時代を亘って、
使われることばもいくつもあって・・・ このYouTubeの映像を見て
字幕なしが当たり前になったという人もいます。
「分からないことに耐える、慣れる」ためには恰好の出発点かも知れません。
でも2時間は長すぎるかな? その場合は何度も見た映画やドラマや
アニメもよい出発点ですね。

(字幕がないとほんとに画面を隅々まで見られる!)

パピイさん、ありがとう! そのうちパピイさんの字幕なしおすすめも
知らせてください! みなさん、Happy viewing!

字幕なし多観について質問がありました・・・

昨日の記事はNPOの講座受講生Bさんが、
10%しかわからなかったけれど、Desperate Housewives にはまった、
という報告でした。きょうは同じ日に受講生Mさんからいただいた質問から・・・

Mさんは

文字なしで映画を観るということはぼーっと見るということですか?

という意味のことを尋ねてくださった!
それで、そうだ、そうだ、とわたしは気がついたのでした!!

*多読は字のない絵本から始める・・・
*tadokuは字幕のない映画やドラマから始める・・・
*どちらも最初は 絵だけ眺めて、ぼやーっと筋が分かればいい・・・
*たくさん眺めたり観たりしているうちに 少しずつ霧が霽れるように
細部まではっきり見えて来る--不思議ですね!

多読とtadokuの平仄が合ってきたと書きましたが、まさにぴったりですね。
Mさんに大きなヒントをもらいました。

たくさん揃えたDVDはぜひ、ぼーっと眺めるところから始めましょう。
それではなかなかおもしろいDVDに当たらないかも知れませんが、
NPOとしては必死でおもしろそうなものを探して、買い集めます!