Tadoku的スピーキング: Skype おしゃべり会報告!

英語のSkypeおしゃべり会をはじめてやったのはたぶん10年くらい前。
その後いくつもおしゃべり会を開催してはわたしは退き、
いま続いているのは2グループが週に1回ずつインターネット上で
おしゃべりしています。

どれもわたしはふだん参加していないのですが、
先週の土曜日には「土曜おしゃべり会」に、そしてたったいま
「月曜おしゃべり会」に参加しました。
それで、どちらの回も本当にびっくり!
みなさん話す速度が上がっていて、どちらも1時間なのですが、
その間に話した内容の多彩なこと、濃いこと!

最後に何か話してと言われて、わたしはこう言いました。

「あれだけの内容を英語で1時間で話せる人たちは日本にそうは
いないでしょう。これからやさしい英語をもっともっと吸収すると
もっともっと気持ちよく話せるのではないかな」

まったくすごいことです。ほとんどの人は英語を話すなんて
英語おしゃべり会以外にはない人たちで、はじめる前は
英語はほぼゼロまたはそれに近かった!
中でも土曜日のKさんは以前のおしゃべり会ではマイクを
ミュートにしっぱなしという寡黙な人でしたが、24日には
しゃべること、しゃべること・・・

実はおとといときょうのおしゃべり会に連続して参加
したのは原稿書きに直接関係があるからです。
今書いている本を通して、同じような英語おしゃべり会を
少しずつ増やしていきたい!
そのために今進行中のおしゃべり会の様子を知りたかった。
つまり・・・

いわゆる指導者がいない場で、Tadokuなかまが仲間同士で
外国語を聞いたり話したりする力を
伸ばしていけるものだろうか?

という壮大な実験です。

(おしゃべり会に参加している人たちはおもしろいし楽しい
から参加しているだけで、そんな大きな企てに加わって
いるとは知りません!)

読むことについてはすでにSSSの掲示板で多読の効果は実証された
といっていいでしょう。その成功を(あるいは少なくともあの
程度の成功を)話すことでも実現できる見通しが確実になったと
言ってもよさそうなので、とてもうれしかった。

これで原稿書きに弾みがつきます。おしゃべり会の人たちに、感謝!

犬も歩けば・・・ スタバからイーオンへ

きょうの午後、いつものように国立南口のスターバックスで
原稿を書いていたら、というより今は書いては消し、消しては書きで、
書いているというより、ひとりブレイン・ストーミングなのですが、
ついに(と、何度も思うわけですが)ブレイクスルーがあったような!?
なかったような!? これがブレイクスルーだったらいいなあ、
ということがあって、さっそくお祝いにイーオン・リカーで
軽くホットワインでも、と思って入ったら、目の前の席に知り合いが!

20年以上も前に一橋大学で非常勤講師をしていたときの同僚Mさん!
ニューヨーク出身の、そういえばこれはニューヨーク訛りかも、
というアクセント。これからイーオン・リカーのハッピー・アワーに
会いましょうと電話番号を交換したのでした。

原稿書きがいよいよ楽しみ!

まもなくまた途中の原稿を読んでもらいます。
その節はよろしくお願いします!

Tadoku的英会話実習帖の原稿について Tさんからメール

あの原稿の中に簡単な質問がありました。
その答えにことばではなく、手で答えてもいいのではないか、と
Tさんからのメールです。

「 答え③ Five day.」の次に4番として、まだ言葉を上手に出せない子どものように指で数字を示す、というのも前段階として有りかなと思ったりします。これでも十分に言葉に反応してますよね。酒井さんの問いかけからは外れる話かもしれませんが。

実はあの部分のすぐあとに、「会話の第一歩はことばを使わない」
ということを書きました。第一歩は「笑う・うなずく・逃げる」であると。

その次は手でも、体でも、物でも、何でも使って分かってもらうこと、
という話が続くのですが、Tさんのメールはこの段階ですね。

「英会話」というとすぐに単語だ、例文だ、公式だ、ということに
なりがちですが、そういうわけで、ちっとも外れていないのです。
とはいえ、「笑う・うなずく・逃げる・ジェスチャー・物・手」を
英会話の最初に持ってくるというのは、分かる人は少ないかな?

Tさん、ありがとう!

新しい本の原稿の一部です・・・ 多読フォーラムと同じ内容です!

2月11日のたどくらぶで、わたしは書き始めたばかりの原稿の一部を
読んでもらいました。

本の内容は多読仲間(SSSの時代も含めて)が語ったもので、
わたしは単にそれを口述筆記するようなものだからです。
今後もできるだけみなさんに、「みなさんが書く本」の途中経過を
知らせようと考えているので、よろしくお願いします。

たどくらぶの報告は多読フォーラムですることになっていますが、
原稿を添付することができないので、こちらに貼り付けます。
あ! 長くなるけど、フォーラムに貼り付けてもいいのか!

いや、両方に貼り付けます。(よく見ると結構長い!)

続きを読む