未分類

鳥取残念・・・!

いや、もちろん今までにも今回(17日)の鳥取講演会に近い
ことはあったのです。わたしが2時間遅れたとか(合宿所だったので、
待っていてくださった)、駅を一つ間違えてうろうろしたとか、
大学の会議では3月のある日に会議室に行ったらだれもいなくて、
係の人に聞いたら「2月でした」と冷たく言われたとか・・・

でも、今回は大雪のせいでした。わたしは非の打ち所のない行動を
取ったのです。(普段の心がけはどうだと言われたら返せないけど)
ちゃんと予定通り羽田空港に着いて、朝ご飯を軽く食べて、
さあ、と待っていたら9時35分発が11時10分発になり、
出発前に、近くの空港に緊急着陸になるかもしれないし、
羽田に戻ってくるかもしれない、と警告がありました。

離陸後ほどなく鳥取空港上空に達し、天候の好転を待ってぐるぐる
ぐるぐるぐるぐるぐるぐる旋回に次ぐ旋回・・・
で、ついに大阪伊丹空港に向かうと機長からアナウンス。
あああ・・・ わたしはそのまま新幹線で東京へ・・・

いま鳥取県立図書館の係の人から新たな日程の提案を待っている
ところです。
今までにない講演会+ワークショップになるはずだったので、
待ち遠しい・・・ Kさん、なんとか見つけてください!
natubonbonさん、Twitterで見守ってくれて、ありがとう!

英仏伊葡独蘭語なんかは全部方言だ!

よくヨーロッパには何カ国語もしゃべれる!という人がいて、
ぼくらはついつい弱気になるのですが、実際はヨーロッパの
ことばなんてみんな方言みたいなもので、ちょちょっと頭を
切り替えれば話せて当たり前なのです!!

二つの例を・・・

続きを読む

Bitesize Writing  みなさんのお便りが大事なことを教えてくれました

きのうの「ある人」の感想を読んで、
別の「ある人」がメールをくれました。
こんなのです・・・

今日の先生のブログを読んで、思わずメールしてしまいました。
「え!!この”ある人”って、まさに私のことじゃないの?」と読みながら思ったのです。
単純な私は、自分で投稿した気分になってしまいました。(笑)

bitesizeを作っていると、その本の内容の理解が深まってくるような気がします。
そして、誰かに伝えたくなる!!
だからこそ、自分の好きな本じゃないと、作るきがしないんですよね。

すっきりと考えをまとめてくれた、私の代弁者に感謝したい!!!と、思います。

二人の人が Bitesize Writing についてまったく同じように感じていたのですね。
それはわたしが予想もしていなかったことで、とても大事なことを告げているように思うのです。

結論だけ先に言うと、わたしは Bitesize Writing をやっぱり一つの過程としか捉えていなかった。
でも、実際に Bitesize Writing で Book Talk をやった人たちはずっと大きくて深い可能性を
見つけてくれた・・・

続きを読む

Bitesize Writing: Book Summary からブックトークへ

きのうの Book Summary のある人から追加のメールが来ました。
最後の2行を付け忘れたとのこと。

あらためて全行を「続き」に貼り付けます。
さらにある人は感想を付けてくださって、
全体として Book Talk になっています。
この感想がまた良い!

続きを読む