聞き読み

Tadoku新サイト:新ページ紹介! 素材の種類!!

きのう、「素材」のページがいかに大切か、書きました。
でも、あれは少々長ったらしかった。あれからふと思ったのです

Tadoku を楽しむ姿をつきつめれば

絵本いっぱいの図書室に入りこんだこども

になるのではないか?

おとなはなかなかこどもになれないので、
多読三原則で unlearn をして、なかまと一緒に歩む・・・

では、おとなの「Tadoku部屋」にはどんな素材があるのでしょう?

素材の種類」のページトップ

「多読」のころとはすっかり景色が変わりました!

続きを読む

6月18日、7月11日に 大府で多読!

6月18日にはわたしの講演会+ワークショップもあります!
そのあと「大府で多読」です。

講演会+ワークショップは 多読から会話へ ということで、
なぜ多読・Tadokuか、なぜ YouTube か、なぜシャドーイングか、
という講演とワークショップ。

そして講演会+ワークショップ終了後の「大府で多読!」では、
実際に英語を話してみます。
「ええーっ!?」って怖がらなくていいんですよ。
そこは電気通信大学の授業とNPO多言語多読の講座で鍛えた技があります。
みなさんはなにも考えなくてよろしい。知らないうちに英語を話している!
という、まるで嘘のような夢のような話が実現する!!・・・かも。

今までに一度もなかった講演会+ワークショップ+Bitesize Speaking の
実演です。お楽しみに!

ちらしは続きへ・・・

続きを読む

Tadoku新サイト:新ページ 「聞き読み」って知ってますか?

「聞き読み」って何だろう? 初めて聞くことばだ、という人が
多いだろうと思います。

聞き読みもSSSの掲示板から生まれた多読用語です。
それまではリスニングと言って、文字を見ずに必死で聞き取ろうと
したものですが、多読から多聴へ歩み出した多読仲間は軽々と
リスニングを超えて、世の中に「聞き読み」を生み出したのです。

10年経って、いまでは多読・Tadokuの大きな柱になりました。
音と文字を結びつけるのにこんなに簡便な方法はないでしょう。
NPO多言語多読の講座ではTadokuの最初から聞き読みでたっぷり
楽しみます。すると、音と文字は最初から一つになって体に入ってきます。

http://tadoku.org/english/listening-reading/

かつてのリスニングから考えるとまるで「ずる」のようですが、
聞き読みはよいことばかり--そのやり方がこのページにとても
わかりやすいことばで書いてあります。
まだ多読仲間以外には知られていないとはいえ、
発見されてから10年くらいにはなるので、聞き読みの理解が進み、
さらに説明も「練れて」きたことがうかがえます。

聞き読みについてきちんとわかりやすく説明した文章はおそらく
このページが初めてです。
「聞き読み」が多読と同じくらい当たり前になる日を祈って・・・

Happy listening w/ reading!

おおぶで多読!

図書館多読がすごいことになってきました。

愛知県大府市 おおぶ文化交流の杜図書館 の場合はとくに顕著です。
図書館と司書さんと多読仲間と利用者の熱意がすごい。
次第に広がってきた図書館多読ですが、さまざまな場合があります。
NPO多言語多読としては、その一つ一つの特徴をよく見ながら、
お手伝いをしていきます。

今回はさかい@多言語多読の講演会+ワークショップの終わったすぐ後に
多読体験会という提案! すばらしいですね!!
考えてみればこれまでそういう提案がなかったのが不思議ですね。
カイさん、ありがとう!
今回は読書相談のほかに、講演会+ワークショップの話を引き継いで、
「英語日本語まじりでブックトーク」を実際にやってみたいですね。
(多治見市図書館の「たじみ多読を楽しむ会」でもやりたいな!)
英語で話すなんて簡単なんです、「正しく」というのを忘れれば・・・
わたしがうまーく忘れる手を紹介します。

くわしくは・・・

http://forum.tadoku.org/viewtopic.php?f=9&t=3030&p=15445#p15445