多読

AMINOさんの中発見!

大発見まではいかないと決めたのはわたし自身です。
けれどもこれは中発見にじゅうぶん値しますね。
みなさんの活用次第では大発見に化けるかも!?

ふるーい仲間のAMINOさんがこうツイートしたのです。

児童書の名作「HOOT」を十何年振りに再読中なんだが面白い!
昔よりずっと理解して読めているだろうな。
多読の初心者の頃、勧められて読んだ本は傑作ばかり!
再読しない手はない。
来年にかけてのテーマにしよう!

そういえばそうだ・・・
多読は入門のころからずーっと読む本は傑作ばかり並んでいます。
初期には Heidi や Fly Away Home などが話題になって、
その後 Oxford Reading Tree が加わって、
さらに Magic Tree House が発見されたあたりで大爆発が始まって、
Marvin Redpost や Zack Files が見つかり、Holes で湧き、
Harry Potter が神のごとく崇められ、すね者は「夏の扉」に向かったりしたのだった・・・

いや、もちろん Carl Hiaasen や Michael Morpurgo や Kate Dicamillo もいれば、
最近では Neil Gaiman や Philip Pullman もいる--ぜひ昔読んだ本を
再読してくださいな。そして、「こんなにも深かったのか!」という驚きを
味わってください。そして、何か感想があったらわたしに連絡を!

AMINOさんが来年にかけての「テーマ」にしようというくらいだから、
これは古手の多読仲間はみんないつかの機会に「かつての人気本」の再読をしましょう!
新たな感動があるかもしれない! AMINOさん、ありがとう!!

さかい@多言語多読の連絡先は・・・

*Twitter: @kunisakai
*Facebook: 酒井邦秀
*メール:
tadokuorgあっとまあくgmail.com (NPO多言語多読事務局宛て)
sakaikunihideアトマアクgmail.com (さかい個人宛て)
*LINE: さかい@多言語多読

多読で何が変わる? おおぶの集まり

愛知県大府市のおおぶ文化交流の杜図書館では、
毎月「英語の本を読み隊」という多読サークルが開かれています。
毎回20人の人が参加というめずらしい集まりなのですが、
10月17日の集まりでは、世話役のカイさんが熱く語ったようです。

その内容にわたしはいたく感服したのです。
上のリンクをクリックすると、カイさんがどんな英語を獲得したか、よく分かります。
日本語訳に不満を述べています。そこまで行くのですね、多読は。多読と学校英語が大きく違うのはこういうところなんですね。

1月のある日、わたしも「おおぶ英語の本を読み隊」に参加します。時間が合えばぜひ!

豊田高専の多読授業に参加できる! 

すばらしいですね!

くわしいお知らせが多読フォーラムに投稿されています。

英文多読公開授業(後期)

豊田高専に通える範囲の人はぜひどうぞ!
少々無理をしてでも!!

そういえばわたしも電気通信大学で普通の授業に一般の人を受け入れていました。
無料で、申し込みも何もなし。

反対する先生もいました。その辺は「続き」で・・・

続きを読む