ことばは文字ではない

決まり文句を探せ! 第1回の報告

9月3日にIさんとOさんが参加してくださった第1回では
Just Add Magic (邦題「魔法のレシピ」)という10歳から12歳向けと
思われる米国のテレビ番組を見ながら、決まり文句のところで
一時停止をして、記録しました。

時間は25分、その間に3人の「認定」では70の決まり文句が
出てきました。それを続きで全部見てください。
もちろん一つ一つ確かめる必要はありませんが、
その中のいくつかには説明をつけます。
そこだけ読んでくださると、わたしの言う「決まり文句」が
どんなものか理解が進むのではないかと思います。
願わくば、「そういう見方もおもしろそう」と思っていただけますように・・・

続きを読む

決まり文句がいっぱい! 

「決まり文句を探せ!」の集まりについてはあした、
3人で観たドラマに出てきた決まり文句(?)を全部引用して報告します。

おっと、その前に、Gさんからいただいた質問:

[Gさん]
ちょっと質問です。よく、本屋で売っている英語の決まり文句集とどうちがうのでしょうか。

わたしはよくある決まり文句集を知らないので、答えにくいのですが、
わたしが考える決まり文句は「場面と結びついている」というものです。
ところが下の方に出てきますが、Shさんがなるほどという新たな定義を出してくださった・・・

まずはきのうまでに寄せられた決まり文句を・・・

続きを読む

決まり文句が続々あつまってくる!

決まり文句人気--いわゆる casual interest ではないようですね。
「そういえば、こんな決まり文句がある!」というので、
いくつも集まってきました。

たとえばプリンさんは、これも決まり文句じゃないですか、と
言ってきてくれました。

What are you waiting for?

そうですね。典型的な決まり文句ですね。
どういう場面で使われる決まり文句か、「そうそう!」って、ひらめきますか?

「続き」に全部紹介しますね。これから集まる分も・・・
今まで送ってくれた人、これから送ってくださる人、みなさんに大感謝!

続きを読む

ブッカー賞の候補にグラフィック・ノベル!? 多読からTadokuへ・・・

多読からTadokuへ世の中が変わろうとしている--それは言い過ぎです。

でも、こんな風には言えるかもしれない・・・

1年前に公開した「英語多読特設サイト」も、
7月半ばにNPO多言語多読が出した「すべての悩みは量が解決する 英語多読」も
あしたの支援者セミナーも、すべてが新しい時代の幕開けを告げている?

・・・と。

そしてまるでタイミングを合わせたかのように、絵が主体と言っていい
「文学表現」10作を集めた英紙 The Guardian のこの記事です・・・

Illustration from Black Dog – the Dreams of Paul Nash by Dave McKean. Black Dog explores the work of Paul Nash, one of the most important British artists of the twentieth century, whose First World War experiences inspired him to create paintings of disturbing, lasting power.

続きを読む

ことばが使えるようになること うう・・・漠然としすぎている!

ことばを吸収して、それを自分で使うのは、
今まで言われてきたように言葉を覚えて、思い出して使うことでは
ないと言い続けてきました。

じゃあ、どういうことなのか?

ある人のメールを「続き」で引用します。
この人の感想がわたしが考える吸収、再現をそのまま表現している
ように思うのです。

(このメールを寄せてくれた人はとても変わった人で、
多読関係には変わった人が多いのでそんなにみなさん驚かなく
なっていると思いますが、きっとびっくりすると思います。
まだくわしくは紹介できませんが、楽しみに待っていてください。)

**************************

この人にはいま字幕なし多観を実験してもらっていて、
ときどきその様子を報告してくれます。
この報告は第14号(!)。
で、第13号で、 by so doing という表現を知らないうちに使っていたと
報告がありました。以下は第14号でその続きを書いてくれたものです。
続き~by so doingという表現について~
きっと以前どこかで見聞きしたのだろう。
けれどもそれきりすっかり忘れていて、今回ひょっこりその記憶が引き出された。。。。ということ。。。
そうだとすれば、この現象こそが、いつの間にか表現ができるようになっていることなのではないか。
そうたいして気にもとめず、いつ使うとも知れない表現を覚えていて、ここぞという必要な時に
本人の思いもかけずに出てくるなんて、不思議なことだ。
この体験から思うのは、無理に覚えようとせずともいいのだということ。
忘れてしまえとまでは言わないが、むしろすっかり忘れてしまったとしてもそれはそれでいいのだ。
やさしくたくさん読む聞くを実践していると、表現が知らずにたまっていく。
つまりそういう体になるのだ。
そう、脳改革というべきか、体改革というべきか。
テキスト開いて問題集を解く、机上のお勉強ではない。
そういう意味では体育、図画工作、音楽、調理実習だ。

これまでわたしはずっと

「白い紙の上に印刷した黒い活字ではない」

と言ってきました。そうではなくて、

「生きた人間が生きた場面で生きた人間に使うものだ」

と。

だからことばを吸収するには生きた場面と生きた人間がそっくり
表現されている素材がいいということになります。
そこで、絵本とその朗読CDやアニメやドラマや映画がいちばんいい!
そういう素材で、場面と気持ちとことばが一緒に吸収されると、
同じ場面で同じ気持ちのときに同じことばが出る、と考えているわけです。
その「出る」はちょっとでも考えてから出るわけではありません。
「場面と気持ちとことば」の組み合わせが同じものが体に入っていると、
ことばは パッと出る のだと思います。
それを「樽からことばが溢れる」と喩えるわけですね。
なお、by so doing は日本で英語学習をやっているかぎり出会うはずは
ないので、その点でも、この報告は生の素材から吸収した言い回しが
ひょいと出てきた貴重な例だと思われます。
今回のある人の場合は、「溢れる」ちょっと手前かもしれませんね。
次を読んでください。
make it two、 by so doing
どちらも強い圧力の中から出てきたもの。
お客様に確認しなければならなかった。
伝えんがために書くことに没頭していた。
言葉は、何らかのコミュニケーションをとおして身についていくのだ。
外からの圧力、伝えたいという強い気持ち。
では普段そういうことのない者がなんとか英語を引っ張り出すには。。。。?
何かを真似すること、かな。
…やっぱりここにたどり着く…
けれども、考えやアイデアを力強く引き出す手もなく自発的に気軽に発信できるということが、どれだけ高度なことか!!!!!
自ら進んで英語で発信している人たちに伝えたい、それは本当にすごいことだと思う。

最後のところ「自発的に気軽に出てくる」のが「溢れる」なのではないか?

いずれまたこの「ある人」については報告します。
とても興味深いのですが、いまはまだ全容(!)を報告できません。
楽しみにしてください!

追伸
月曜日の10時から11時はNPO多言語多読の英語多読講座卒業生の
Skype英語おしゃべり会です。きょう(月曜日)ちょうどこの話題に
関係あると思われる報告がありました。

以前読んでむずかしくてすぐにやめた Swallows and Amazons を
映画を観たあとで最近読んだらもう半分まで楽しんでいる、と。

ことばは活字ではないのです。
活字の向こうに景色や表情が見え、声や音が聞こえてこなければ
読書とは言えないのではないでしょうか?