Bitesize Writing: レ・ミゼラブルを12語で語る!?

「ある人」が Pride and Prejudice の Bitesize Book Summary を書いて送ってくれました。それでしばらく Bitesize Writing の話題が続くぞ、と張り切っていたら、そこに「ディクテーションは無意味」の
記事が挟まりそうです。しばらく並立で行きます。

ほんとに何を考えているのだろう、このシリーズは。
世界の名作を12語で片付けようというのだから、
わたしが言い出した Bitesize Writing を越える無謀さですね。

ぜひ続きの紹介を読んでください・・・

続きを読む

「ディクテーションはなぜ無意味なのですか?」 シャドーイング・セミナーで耳から鱗!

一つ前の記事「多読特別セミナー 多読的シャドーイング」のことを
お知らせしました。

原理的に意味のない「ディクテーション」にはまっていませんか?

と書いたところ、すぐさま「ある人」から直球の質問が・・・

ディクテーションはダメなんですか?! 生徒にやらせてました(><)

沢山の人をびっくりさせたでしょうね。
ディクテーションはいわば「音声学習の最高峰」みたいな地位にあって、
それを否定することはおそらく英和辞典や英文法を否定されるのと同じ
くらいの衝撃に違いありません。

ふふふ、だからこそ否定する意味がある・・・

(長くなるので何回かに分けます。)

続きを読む

多読的シャドーイング セミナー! 耳から鱗!!

多読はそれまでの英語学習の常識をことごとくくつがえして、
うまく行きました。
同じようにこれまでの「発音の常識」をくつがえすと、
まったく新しい音が聞こえ、口から出ます。

面倒で時間がかかるのに変化の少ない「発音練習」を信じていませんか?
原理的に意味のない「ディクテーション」にはまっていませんか?
このセミナーで、耳から鱗が、口から栓が落ちて、
英語の音と新しい付き合いがはじまります。
多読的シャドーイングは原理も簡単、変化も耳覚ましい!

大きな変化を遂げた人たちの体験談も!!
大きな変化を起こすために、参加者一人一人の話を聞いて、英語を口から出してもらって、現在地点を確かめ、これからどうすればいいかを提案します。

また、セミナー後にはSkypeで進み具合を聞かせてもらって、さらに先へ進む手伝いをします。(← こういう試みはめずらしいのでは?)

http://tadoku.org/seminar/2017/10/14/5113

Bitesize Writing: Bitesize=1 から発展!

Bitesize Writing が広がってきました。
サンプルを送ってくれる人も少しずつ増えていますが、
bitesize の大きさも、書く内容も広がってきました。

これから紹介する「ある人」の Book Summary は Bitesize=1 から 8 まで!

続きを読む