劇薬シャドーイング

多読的シャドーイング・セミナーの報告です!

多読的シャドーイングは従来のシャドーイングとは
まったく違います。例によって、学習法の常識を
ことごとく破る「非常識」な方法です。

たくさんの人に「ああ、そういうことね!」と思ってもらうには
相当時間がかかることでしょう。納得の第一歩として、
前回のセミナーの様子をのぞいてください。
参加したみなさんのアンケートをとくにじっくり!

11月5日(日) 英語多読特別セミナー「多読的シャドーイング入門」報告!

特別セミナー「多読的シャドーイング入門」から駒!?

11月5日にNPO多言語多読の事務所で開かれた特別セミナーから
珍しい駒が出てきました。

参加した一人の英語の先生から様子を聞いた松木久恒さんがさっそく
試したところ、とても楽しかった、とFacebookでメッセージが
送られてきました。

全文の引用を許可してくださったので、読んでください!

続きを読む

きわめて個人的なメモ:Bitesize/決まり文句/発音練習/シャドーイング/音は落ちる

*音は落ちると言ってきたけれども、どれもほど落ちるか分かっていなかった。

*わたしのシャドーイングは「音」単位だった。発音練習を高速でやっていたようなもの。

*改めてトップダウン、劇薬シャドーイングをやった方がよさそう。

*どうも、わたしは自分の言うことを自分ではやらない傾向がある。

*わたしのシャドーイングは無限にある変化を一つ一つ追いかけようとしていた。

*理屈で分かってから繰り返そうとしていた。だからとてつもなく時間がかかっている。

*Bitesize Shadowing とでも言うべきものを考えるべき?

*自分でも「劇薬シャドーイング」の標準処方からやり直し

(標準処方は今のところ「劇薬シャドーイング5分、速い英語10分」)

ディクテーションが無意味なら、なぜ人気があるのだろう? お勉強、部活、組み体操・・・

無意味なのに人気があるのはなぜ?
ディクテーションの人気は絶大です。
音声獲得の最終兵器とばかり、真面目な人ほどのめり込みます。
(わたしもそうだった!)

ディクテーションで変化を実感する人はどのくらいいるのでしょう?
最初に書いたように、わたしも、わたしの学生も、1年間(40週?)
毎週何時間もディクテーションをやったけれど、成果は感じなかった。

それがディクテーションの実際の姿だとすると、
世の中のディクテーション人気は一考に値すると思われます。
そして愚考の結果、実は日本にはびこる重篤な病につながっている
可能性が・・・

続きを読む