絵本の魔法

図書館で親子多読ワークショップは初めて! 墨田区ひきふね図書館!!

わたしとしては初めてでした。
おもに小学生から中学生が10数人と聞いて、「はたしてどうなるだろうか」と。

さいわいいっしょに絵本を楽しむことができました。
その報告ができあがってひきふね図書館の司書さんから送られてきました。

びっくり! こんな楽しげな報告は見たことがない・・・

みんなで報告掲載20188109344

クリックして詳しく見てください。
読みやすいし、雰囲気もよく分かるし、ひきふね図書館に感謝!
これからこういう形のワークショップをあちこちでやりたいと思いました。
ありがとう!!

ブッカー賞の候補にグラフィック・ノベル!? 多読からTadokuへ・・・

多読からTadokuへ世の中が変わろうとしている--それは言い過ぎです。

でも、こんな風には言えるかもしれない・・・

1年前に公開した「英語多読特設サイト」も、
7月半ばにNPO多言語多読が出した「すべての悩みは量が解決する 英語多読」も
あしたの支援者セミナーも、すべてが新しい時代の幕開けを告げている?

・・・と。

そしてまるでタイミングを合わせたかのように、絵が主体と言っていい
「文学表現」10作を集めた英紙 The Guardian のこの記事です・・・

Illustration from Black Dog – the Dreams of Paul Nash by Dave McKean. Black Dog explores the work of Paul Nash, one of the most important British artists of the twentieth century, whose First World War experiences inspired him to create paintings of disturbing, lasting power.

続きを読む

Bitesize≦3? こども実見メモ

Bitesize という見方はもちろんわたしのでっちあげで、
本当にそうなのかどうかわかりませんが、また一つ傍証が・・・

年齢が4歳半、日本語で育ってきました。
3歳くらいからYouTubeで Peter Rabbit のファンになったそうです。

以前額の汗を拭う動作をしながら

Phew. That was close.

と言ったということを記事にしたあの子です。

最近また報告があり、それが(数少ないながら)Bitesize仮説(?)に
ぴったり当てはまっているので、メモ代わりに記事にしておきます。

続きを読む

7月14日(土)港区みなと図書館で!講演会+ワークショップ!!

港区では初めての講演会+ワークショップです。

次のページを見てください。ポスターもあります。

「英語多読、はじめませんか?」

多読からTadokuへの過渡期です。
最新の多読、これからのTadokuについてお話しします。
実際に多読用素材(一般には教材と言いますが)を用意して、
多読・Tadokuを体験してもらいます。楽しいですよ!

たくさんの人が来てくださいますように・・・!

多治見市図書館で企画展示「雨の日は多読」! 楽しそう・・・!!

多治見市図書館から新しい企画のお知らせが来たので、みなさんにも
お知らせします!

もうすぐ梅雨の季節到来ですね。
当館では、「雨の日は多読」という雨をテーマにした多読資料を集めて展示を始めました。
展示資料は、予め利用者さんにオススメの多読資料を紹介してもらいました。
どれも雨の日に多読をより楽しめる資料ばかりとなっています。
「雨の日は多読」そして・・・「晴れの日も多読」で益々楽しみたいですね。

続きには展示してある本が・・・

続きを読む