をさなごのやうに

tadoku村はおおいそがし! YouTubeで多言語Tadoku

毎回紹介している 「YouTubeでTadoku」のトップページ には
自然についてのおもしろいクリップがたくさんあります。

その中の一つを観ていたら、YouTubeからのオススメ動画の中に
ジャガーとワニの闘いらしいものがあって、

クリックしたら、なんとフランス語でした。でもジャガーが何度も失敗しながら
ついにワニを捕まえるまでがおもしろくて3分52秒全部観てしまいました。

わたしたちの野望の中に、あらゆる言語を動画で始めることができる
ようにしたい、という願いがあります。中身がおもしろければ、
いつか挑戦したいと思っている外国語、全然思いも寄らなかった
外国語も自然に手が延びます。

いつかそうした動画を集めることにみなさんの力を借りたいと思います。
気軽に手伝ってくださる場を作る--それがNPO多言語多読の仕事ですね。
みんなでワイワイ集めては批評し合って、脇道に逸れながらさらに
探し続ける・・・楽しいのです!

Tadoku村のソンチョはおおいそがし! 実践者の声

字幕なしで映画やドラマを楽しむのは「上級者」でもむずかしいと
インターネット上では言われています。

<映画 字幕なし>などと検索するといっぱいそういう記事が
出てきます。映画やドラマを字幕なしで楽しめなくて何が上級者?
とNPO多言語多読の回りの人はいぶかしく思うはず。

では、そういう大胆な発言をする人たちの声を聞いてください。

字幕なし多観実践者の声!

Tadoku村の村長はおおいそがし! きょうはイケメン料理人・・・

「YouTube で Tadoku」 サイト公開の疲れで、事務局はいま
休憩中なので、ずっと見守るだけだった村長ががんばります。

はじめての「字幕なし多観」:オススメ動画 (YouTube編)

これはトップページです。その中の「講座で人気!おすすめ5選」の
中から、イケメン料理人二人を観ました。

一人は Jamie Oliver、「多聴多読マガジン」の記事でも紹介しました。
若いころにくらべるとそれほどイケメンでもなくなったかな?
でも、明るさ、ことばや動作の切れの良さ、なによりあまりに
楽しそうなので、つられてこちらも笑顔になる!

もう一人は米国人ですね、きっと。こちらは若い!
ことばは速いですが、ナイフ裁きも素早い、切れがいい、
果物の切り方を一気に見せてくれます。あっという間です。

どちらも「そうか、字幕なし多観」ってこういうことかと、
あっさり納得させてくれます、はず・・・

tadoku村はおおいそがし! ただ今ちょっと一休み・・・

公開までが大変な毎日だったので、事務局はいまちょっと休憩中です。

その間にずっと見守るだけで何もしなかったわたしは側面から応援!

先日別冊「多聴多読マガジン」で「字幕なし多観」の記事を書いたことを
TwitterやFacebookでお知らせしました。
別冊の記事は「字幕なし多観」を読者のみなさんに引き合わせただけでした。
先日「多聴多読マガジン」12月号が出て、その中で「字幕なし多観」を
もう少しだけ掘り下げた記事を書いたので、お知らせします。

「多聴多読マガジン」2019年12月号特別記事②

そして今回「YouTube で Tadoku」 サイトが公開されて、
「字幕なし多観」普及の出発点ができあがったわけです。

この雑誌も、購入してくださると次の記事依頼が来て、
「字幕なし多観」が広がっていく!・・・かも?