みんなの集まり

意外なところから応援が・・・!

ある人からうれしいメッセージが届きました。

こういう人は珍しいと思いますが、実は二人目です。
一人目はイギリス人の英語の先生。
大手英会話学校で教えていましたが、事務担当の日本人同僚に、
NPO多言語多読の講座にある人を紹介してくれました。
紹介されたSさんはさいわい気に入ったのか、
もう何年か通っています。

で、二人目のSさんからのメッセージは・・・

続きを読む

Tadoku の成果はどうやって測る? 支援セミナーと、日本多読学会と・・・

きのうNPO多言語多読主催の「第6回多読支援セミナー」が開かれました。
昨年より人数は少なめ.

(第5回のわたしの基調講演がいけなかった。昨年のセミナー修了後、
わたしは第6回では講演はしない、と宣言したのでした。)

でも、多読体験者の素直な感想がたくさん聞けて、とても好評でした。
(アンケートの結果はいずれNPO多言語多読のブログでお知らせします。)

昨年も格別好評だった文京Tadokuガールズは今回3人登場ーー
3人とも初々しい大学生になっていました。
三人の体験談と明るい様子から伝わってきたのは、文京学院女子中学校
高等学校の多読授業が楽しくて、relaxing だったらしいことです・・・

続きを読む

Tadoku新サイト (今回の)最終更新です!!

作成に力を貸してくださったみなさん、読んでくださったみなさん、ありがとう!!!

5月5日の初公開以来、わたしは脇でドキドキ、ハラハラ、ワクワクしながら見ていました。
そして7月31日夜、全貌が明らかになりました。

トップページは・・・

http://tadoku.org/english/ (4つの更新分野がすべてクリック可能になりました!)

最終更新の内容全般は・・・

http://tadoku.org/news/2017/07/31/4916

それにしても1年間の準備の濃さ、考えの深さ、協力の広さ、体験の厚み・・・
多読がTadokuへと脱皮・成長・発展した意味がそのまま表れた制作過程と公開になりました。

Tadokuの冒険は多読の冒険に勝るとも劣らぬ、いや、まちがいなく勝る大きな挑戦です。
日本のみなさんの「語学学習」の常識をほぼすべてくつがえします。
中にはみなさんが「これだけは手放したくない」という常識もあるでしょう。
多読からTadokuへの登り道はここから急峻さを増します。
これからTadokuへの険しさを経験して、
数年を待たずに、「多読の普及はまだ楽だった」と言われるでしょう。

一緒に登ってくれる仲間が今こそ必要なときです。
どうぞ大きな気持ちで無茶な冒険を見守ってくださいますよう。
そして、できるときに、できる分だけのお力添えをお願いします。

もう一度、Tadoku新サイトにどんな形であれ関わってくださったみなさん、
ありがとう、ありがとう、ありがとうございました!

Tadoku新サイト:新ページ! まもなく・・・!!

今回の新サイト制作は次回をもって一区切り・・・
わたしは脇で見守っていただけですが、それでも息詰まる思いの半年でした。

最後の仕上げの大きな話題は Tadokuってなんだ?

加えて、YouTube で楽しむTadokuの入り口!

インターネット上だろうと、実際の学校だろうと、Tadoku に似たものはありません。
漢字の「多読」から大きく広がろうとしている Tadoku に期待してください!

たくさんの人が力を貸してくださった力作です。
その人たちを含めて、このブログを読んでいる人、NPOのサイトを見ている人、
みなさんに感謝しつつ、新サイトの仕上げを待ってるさかい@多言語多読です。