2月21日 金曜多読講座の報告です! 分かるについて

当然というのか、驚きというのか、講座の報告がだんだん長くなっています。
そこで今回は一つに絞ります。それは「字幕なし多観」!

Kさんは聞き読みができなくて講座に通い始めたと言っています。
目にし耳にする英文がよく分からないのに通り過ぎていくことが
耐えられなかったようです。したがって劇薬シャドーイングなどもってのほか。

そのKさんがなんと、きっかけは省きますが、
(偶然と仲間が微妙に関係している!)
字幕なし多観を通じて(?)分からないことに耐えられるようになった!

これは実に大きいことです。
何千人という人の多読を観察してきて、気持ちのよい多読を妨げる
いちばん大きな障碍はこの

「分からなければいけない、正しくなければいけない」

という圧力だとわたしは思います。

(杏樹さんはかつて多読三原則でいちばん大事な原則は
「分からなければ飛ばす」だと言ったことがありますが、
その通りです。あの第二原則が多読三原則の中心であって、
とどのつまり「理解」を吹き飛ばして、「楽しく」を基準にするものと言えます。)

学校では当然ですが「分かる」ということを非常に強調します。
マルかバツか、という基準は「分かるか、分からないか」という尺度を
わたしたちの中に吹き込み、育て、絶対基準にします。

「正しく」は日本人すべてに巣食う宿痾(しゅくあ)のようです。
できればこの永き患いを追い出して、楽しければいいじゃないか、
通じればいいじゃないか、と考え方を変えられるといいのですが、
そう簡単に治せるものなら「宿痾」とは呼ばれない・・・

実はKさんが講座に参加した目的は、当初からわたし自身のKさんに対する
目標でもありました。Kさんが「分かる・分からない」を抜け出す手伝いをしたい
ということでした。それがどうも少し実現しそうになっていると思われます。

結局問題解決の鍵は 愛 だったのかもしれません。
物語に対する愛、ドラマや映画の世界に対する愛が、
「理解」という了見のせまい基準を吹き飛ばしてしまった・・・!?

Kさんにはみなさんに字幕なし多観の感想を言ってもらいました。
その言をわたしのメモから・・・
*「分からなくていい」ということがかってきた。
*字幕なしで[これから見ようとするえいがに]うきうきしている自分が不思議。
*今まで、字幕を見ていて、仕草や表情は見ていなかったと気がついた
*字幕はジャマ。ことばは文字じゃない。

もう一人、わたしが講座開始直後からKさんと同じ目標を立てていた人がいます。
いつも「強者」と形容する A さんです。Aさんは学校時代に英語の勉強はしなかった
そうです。豪快な、非常にさっぱりした性格ですが、英語にだけは几帳面で、
「正しく、きっちり」という姿勢を持ち込んでいました。そして今回、Aさんもどうやら
「分からなければいけない、正しくなければいけない」を抜け出しそうな気配が
あります。

Aさんの場合はアメリカのテレビドラマ、 House M.D. です。
日本では「ドクター・ハウス」かな?

*どうせ医学用語は分からないので、最初からあきらめることができた。

何が幸いするかわからないものです。Aさんの場合はかなり英語ができる
人なので、劇薬が必要だった。それはシャドーイングではなくて、
物語としておもしろい、登場人物の個性が際立つドラマだったのでしょうね。

Aさんは、たぶんこのまま字幕なし多観を続ければ「分からない」状態を
許容できるようになるのではないかと、期待と不安まぜこぜで次回を楽しみに
しています。字幕なし多観で分からないことに慣れたら、それを聞くことや
読むことにも持ち込んでいきたいものです。

最後に、Kさんの book talk もよかった!
Mr. Putter and Tabby を原文から借りつつうまく短くして、
自分のことばも使って、とてもよい book talk になっていました。
それで考えたのはやはり 一口大 のこと。

今回のKさんの場合は、本の長さがかみ砕くのにちょうどよい長さだった、
借りる文章の長さがちょうどよかった、本の長さはまとめきるのにもちょうど
長さだった、という気がします。でもそれ以上は今回は省きます。
これは字幕なし多観と並ぶ大事な発見なので、これからも何度も
話題にすると思うので・・・

Yさんの聞き読みシャドーイング、KさんとAさんの字幕なし多観
・・・どれも目が離せませんよ! 来週もお楽しみ!

2月19日 水曜多読講座の報告です!

いつもの通りの運びでした。

で、前半45分は東西テーブルの聞き読みを一人一人聞かせてもらったので、
東西テーブルの絵本の朗読と book talk は聞けずに、
南テーブルの比較的新人たち(といっても2ヶ月以上過ぎている人たちは
聞き読みや聞き読みシャドーイングに入りましたが)の読書相談で後半45分。

前半では聞き読みシャドーイングにやはりリズムが大事、メロディーが大事と、
再々再確認。どうも一つ一つの音の落ち方を理解して「落とそう」とするよりも、
リズムから入って、リズムの中で自然に落ちる方がきれいに音が落ちて、
しかも身につきそうな気がします。これからもみなさんの変化を楽しみにしてください。

最後の30分はEさんの Look and Ask、ファシリテーターはS1さん。
S1さんはすべて英語できれいに進行してくれました。
で、題材は海外旅行ではなく、職場と家の近くのスライドを見ながら。
それがなんと、話がかなり世間話風になってきた。
質問の出るタイミング、内容、受け答えの自然さ--いいですねえ、
こんな感じで行きましょうか!

きょうは新人で大賑わい!
今日からの人、体験受講の人、見学の人一人ずつ。
ちょっと読みにくいところにも座ってもらいました。

体験に来たある人は、「レベルが高いですね。ついていけるでしょうか?」
と多少心配そうでした。たしかに読み聞かせやブックトーク、そして
Look and Ask を見たら、1年5ヶ月前にはほぼゼロだった人たちがいるとは
信じられないでしょうね。

(これは多読のパラドックスの一つで、多読で英語に馴染んだ人たちを見ても、
「最初からできたんでしょ」と相手にしない人は少なくない・・・)

このところ各講座とも受講する人が増えて、常にほぼ満員に近くなってきました。
きょうの東西テーブルの読み聞かせやブックトークをわたしも聞きたかった・・・
で、4月からは講座数を増やして、しかも構成を新しくして、時間が足りない、
席が足りない問題を解決しようと考えています。

2月12日 水曜多読講座の報告です!

二つに絞りましょう。

一つは読み聞かせをしてもらって、大きな発見があったこと。

西のテーブルの強者Uさんが絵本の読み聞かせをしていて、
音を出しにくそうにしていたので、なぜ出しにくいのか意識してもらおうと思って、
もう一度音読してもらったら、出しにくさが消えていた!

「どしてだろうね?」と尋ねたら、
「新しいことを伝えている単語を強く言おうとしました」とのこと!

ああ、なるほど・・・とわたしは思いました。
最初の読み聞かせ(朗読)では、一つ一つの音をきれいに出そうと
していたのですね。それである音で引っかかってしまった。
でも、文全体のことを考えたら、引っかからなくなった。
これでは少しわかりにくい書き方ですが、これ以上はくわしく書かないことに
します。みなさんが特定の音ばかり気をつけるとかえって舌がもつれると
思うので・・・

一方、忙しくて月に一回くらいしか出席できないS2さん--自分でも
そう言っていますが、みなさんのあとを遠くから追いかけている感じ。
それでも忙しくなければ必ず来てくださって、早く帰らなければいけない時は
名残惜しそうにしています。

そのS2さんは保育園の園長さん。忙しくてほかの人のようには
読むことも聞くことも、読み聞かせの練習時間もないようですが、
その読み聞かせの見事なこと・・・ 音は問題にならないくらい。
さすがです。

それでわたしが考えたのは、
Uさんの例は、「読み聞かせにもbite-sizeを中心にした成長がありそうだ」
ということ。そしてここが大事だという気がしますが、bite-sizeは
あくまで文から出発すること。一つ一つの音の方が小さい単位のように
思えるかもしれませんが、一つ一つの音に注目するとリズムは出てこない!

したがって、bite-size とは「リズムをもって声に出せる語群」

ということになりそうです。

わかりにくいでしょうが、月末になったらNPO多言語多読のトップ・ページに
「町の名前の最新記事リストが復活すると思うので、
そこでもっとくわしく書きます。

そして、もう一つ考えたこと・・・
S2さんの例から、また、Uさんの例も、実はトップ・ダウンの可能性を
示唆しているとも考えられるぞ、と。

特にS2さんの読み聞かせはまず自分が絵本を楽しむこと、
次に読み聞かせる相手に楽しんでもらおうとすること、
次に内容を伝えるにはそれぞれの文をどう声にしたらいいか、考えること、
そして一つ一つの文(できれば bite-size )がリズムよく朗読できること
(それがたくさん続くと、一つ一つの語の音が適切になり、
いずれはみなさんが目指す「よい発音」になる!
ただしわたしは発音ということばは使いたくないのです。
あまりに一つ一つの音に注目しすぎだし、古い音声観に囚われすぎだと
思うので。)

ずいぶん長くなりましたがまだ第一点です。
二点目。 受講生自身による「お悩み相談会!」

お悩み相談会のきっかけを作ったのはMさんですが、
まずYさんの報告。英語歴(ほとんどナシとのことですが・・・)、多読歴
(65歳から)に始まって、これまでどう変わったか。

くわしくはここでは書きません。実はMさんとYさんにはそのまま
3月30日の多読祭りで話してもらおうと考えています。そこで、多読祭り以降に
改めて詳しく書きます。

でも細かいところは省いて二つだけ書いておきましょう。

Yさんは今でも迷うことがあるそうです。(それはそうでしょうね。)
で、そういう時は「楽ちん」か、「楽しいか」で往く方向を決めるとのこと。
(楽ちんでなかったり、楽しくないときは、「量が多すぎるか、
目標が高すぎるか」だそうです。うまい基準ですね!)

Mさんはいろいろ悩みを抱えていたのに、Yさんの話で答えが出てしまった!
これはすごいでしょう? いいですねえ・・・ 多読仲間の悩みは
多読仲間が出口を見つけてくれる! なんとも言えないです。

で、昼ご飯を食べながら悩み相談が続きました。
それで、出た結論二つ:
*あきらめることが大事、
*自分のペースを守るのはむずかしい。
実は二つは同じことを言っているのかも知れませんね。
仲間がいてよいことと、悪いことと、両方あるようです。

YさんとMさんの話も、ほかの人たちの話も、多読祭りでたっぷり
聞けます。みなさんを待っています!

追伸 多読祭り当日は、また受講生のみなさんが劇を上演するそうです。
見ものです!

 

2月5日 水曜多読講座の報告です!

この日もきれいに予定通りに運びました。
(珍しいことが続いています。)
東西のテーブルでは聞き読みシャドーイングから朗読、book talkへ
南のテーブルではOxford Reading Tree の聞き読みを続ける人、
聞き読みシャドーイングに移った人、みなさんそれぞれ充実していたと思います。

で、45分後、東西のテーブルでは朗読(読み聞かせとも)へ。
東のテーブルの4人はどの人も bite size とリズムを意識しているところがすばらしい!
まだ意識しているということが分かるリズムのつき方ですが、みなさんたくさん聞いて、
たくさん読んでいるので、少しずつ自然にリズムがつくようになるでしょう。

西のテーブルの二人は学校英語をきっちりやってしまった組。
Uさんはシャドーイングで着実に学校英語の音を抜け始めています。
朗読の音はだいぶ英語の音になってきました。いずれ
book talk に、それから small talk へと少しずつ感染っていくでしょう。
今回の朗読がとても気に入った様子で、これならずっと聞き読みシャドーイングを
していたいとのこと。

Bさんは聞き読みシャドーイングははっきり学校英語を抜け始めましたが、
初見英文の朗読ではまだ影響がかなり残っています。Bさんも徐々に
英語独特の音を獲得していくことでしょう。

Book talk では次第にMさんの英語の量が増えてきて、うれしい限り!
やはりいままで small talk のためにメモを丁寧に用意してきたことが
「英語を口から出す」ことのハードルを下げたのだと思います。
口から出やすくなったのにはMさん自身ができるだけ短い絵本を選んだ
ことが関係しているのでしょう。原文を読み上げたり、自分言葉を使ったり
しながら英語の book talk をしました。
これはしばらく続けてほしい方向ですね。

今週みなさんに勧めたのは、
*bite-size の朗読とbook talk (これは少しだけやさしい方へ戻るという
ことですね。)
*長めの本(人によって違いますが、今はオレンジ・ラベルから緑ラベル
くらいまで)をメモを作って book talk
*そして日本語でブックトーク。熱く語りたいけれど英語ではまだるっこい
本の場合ですね。

Look and Ask は傑作でした。Bさんのお連れ合いはカントリー音楽が
大好きとのことで、Nashville を訪ねた時のスライドを見せてくれました。
滅多に日本人の行かない町ですから、みなさんからいろいろ質問が出て、
かなり活発で、かなり自然な世間話になってきたという気がしました。
印象的だったのは30年前と数年前のニュー・ヨークのスカイラインを
写した二枚の写真--若いBさん夫妻と幼い子どもたち、数年前の
Bさん夫妻--しあわせそうな家族もさることながら、背景にあの
世界貿易センタービルがない・・・

で、来週がおもしろいのです!
先々週から 「お悩み相談会」 をやろうという話が出てきて、
来週は後半1時間を使ってみんなで話し合うことになりました。
先々週の講座の間にある人が時運の目指すところにどういう風に近づいた
らいいのだろうと言ったことから始まったようですが、
すごいことだと思いませんか? 受講生が自分たちで多読講座の悩みを
話し合って、解決策を探る・・・ もちろん講座の最中ですからわたしも
いて、わたしに言えることは言いますが、受講生のみなさんがどんな
風になかまの悩みを聞き、助言するか、楽しみです。
こんなことはいままでなかったことです!

来週の講座が楽しみ! 報告を楽しみにしてください!!

2月2日第3回「ゼロから始める英語多読講座」報告

unnamed

2月2日(日)に第3回「ゼロから始める英語多読講座」がNPO多言語多読事務所にて開かれました。参加者は15名。ネット検索で多読を知った方、また四谷図書館での酒井理事長の講演を聞いてこの講座に来られた方が多くいらっしゃいました。

続きを読む

1月31日 金曜多読講座の報告!

見学の人が二人--二人とも絵をしっかり見ていました。
講座の様子を見ながら、最後は聞き読みへ。
聞き読みは二人とも初めての様子でしたが、
かなり英語に慣れているようだったので、もう少しむずかしい
本の聞き読みの方が効果を実感できたかもしれません。
少々配慮が足りませんでした。

で、講座そのものの最大の焦点はYさんの音でした。
本当と思えないような変化があった前回、わたしは
「Yさん、次回には元へ戻っているかもしれないから、
次回に注目ですね」と失礼なことを言いました。

もちろん、大丈夫だろうと思って半ば冗談だったわけですが、
やはり大丈夫でした。少し遅い素材の聞き読みシャドーイングでは
少しだけ極端形が混じっていましたが、心配するほどではないと
思われました。そこで、もう少し早い素材にしましょうということに。

何よりよかったのは朗読(読み聞かせとも)で音が
聞き読みシャドーイングと同じくらい英語の特徴を備えていたことです。
Yさんの目下の bite-size は10語から12語くらいと、かなりの長さです。
これまでの蓄積がいよいよ生きてきたように思われました。

そのまま続けて、book talk や small talk でも英語の特徴が出ることを
目指しましょう。そうすると聞きやすくて、Yさんの言いたいことが素直に
伝わる話し方になるはずです。

さて、他の人も聞き読みシャドーイング、Read-Aloud(RA)、
Book talk (BT) をやってもらいましたが、盛りだくさんで約束通り
一人一人のシャドーイングやRA、BT を聞けなかったのが残念。

でも、Mさんの Winn-Dixie の book talk は聞きました。
Mさんはこの本にいたく感動して、準備にも力が入って、
おそらく全3回くらいの続き物として内容紹介をすることになりそうです。
その第1回の紹介のすばらしかったこと! 少々途切れることはありますが、
作ってきたメモをまったく見ずに、上手に紹介してくれました。たとえば・・・

Daddy, you always tell me we should help those unfortunate than we are.

や、

I don’t need this dog. But this dog needs me.

などは見事に 「借りる・盗む・真似する」 を実行していました。
どちらも印象的な、そして物語の中でとても大事な場面から借りてきた
ものです。こうやって、わたしたちはより伝わりやすい話し方、書き方を
身につけていくのでしょうね。

時間がなくなりかけたところで、金曜日では初めての Look and Ask。
Aさんがこれまでのイギリス旅行から100枚のスライドを持参して、
その中のおもしろそうな写真について質疑応答--ところが
どうも金曜日のみなさんはどんどん質問できるようで、
Look and Ask というよりは Show and Tell に近いものでした。
Look and Ask として続けるか、Show and Tell として
はっきりプレゼンテーションの方向に変えるか、あるいは
その時間を惜しんでRAやBTや Small Talk をやってもらうべきか?
うれしい悩みです。

ま、それはともかく、話したいことがあると、英語で話すことはこんなに
簡単なんだ、ということですね。みなさん、ぜひ講座見学においでください!

1月29日 水曜多読講座の報告です!

Yさんのスペイン旅行 たまたま見かけた結婚式?

講座の始まる直前の5分間「脱学校英語発音講座」は
今回 Oxford Reading Tree の音声からすべての引用例を持ってくる
というすばらしい試み!

前回まではある発音の参考書を引用していたのです。
実はきょうわたしはそれを ORT からの引用に変えましょうと
提案するつもりだったので、この試みには本当にびっくり!
探すのは大変でしょうが、ぜひ続けてくださいと言いました。
探せなくて、脱学校英語発音講座の期間(最初の予定では
3月末まで)が先へ延びてもいいと思います。
やはり自分の耳で確かめたことだけをみなさんと共有したいもの!

講座開始後最初に東と西のテーブルで聞き読みシャドーイングを
している間に、南のテーブルの比較的新人たちと読書相談。
TOEIC750点の人、講座に来る前に100万語読んでいた人は、
(これからも絵本を読み続けてもらいますが)
早くも次回から聞き読みシャドーイングへ!
(二人は1`昨年10月26日の無料体験講座に参加して、
11月から受講。)

けれどもきょうは新人たちの読書相談は少し早めに切り上げて、
東と西のテーブルで読み聞かせとブックトークを、全部では
ありませんが、しっかり聞きました。

今回読み聞かせですばらしかったのはMさん。
リズムに気をつけていたのもすばらしかったのですが、
内容に合わせて声音を変えていました。
題材は Cat Traps と言えば知っている人もいるでしょう。
一文が短くて、しかも適度な間を作るとおもしろさが増します。

みなさん、読み聞かせる絵本の bite-size と、リズムを意識していて、
(bite-size はリズムを作って朗読できる文または区切りの長さのことで、
一口サイズとも)
たとえばSさんのように、適切な本を選んで、文の長さも、区切りも
意識して上手にリズムを作っています。
慣れれば少しずつ一口サイズが大きくなっていくと思われます。

book talk は東・西のテーブルには熟練組と比較的新人組がいます。
熟練組は英文の要約メモを作って、しかしそれはほとんど見ずに
本の紹介をしました。要約に対する質問もかなり出始めました。
新人組はメモをほぼそのまま読み上げます。
質問は少なめですが、少しずつ増えていくでしょう。

Look and Ask は先週に続いてYさんのスペイン旅行の二度目。
今回も、訪ねた場所の名前を書いた大きな紙を見せながら、
想定問答集(?)で説明してくれました。
プロジェクターでスライドを大きく見せるので、
結構旅のお相伴をしたつもりになれます。

Yさんのスペイン旅行 たまたま見かけた結婚式?

Yさんのスペイン旅行 たまたま見かけた?結婚式

左はファシリテーターのNさん。
来週はBさんのアメリカ滞在の思い出--楽しみです!

例によって受講生のみなさんから講座時間内の活動について提案が
ありました。2月12日の講座の後半1時間を「お悩み相談会」にするのだ
そうです! すごいですねえ・・・ そして発表者(?)も二人決まって、
その人たちの報告を中心に多読の進め方、悩み、疑問などについて
話し合うということのようです--これ楽しみ!!

1月26日 新宿四谷図書館で多読講演会!

20140126-3

40名募集のところ、キャンセル待ちの人も出たそうです。
四谷図書館の館長さんとスタッフのみなさんに感謝!

20140126-3

初心者向けということでしたが、いつものように、さまざまな
初心者が集まりました--
本当に英語の勉強はひさしぶりという人、
英語はだいぶやったけど、多読は初めてという人、
多読はだいぶやったけれど、しばらく休んだのではじめからという人・・・

年齢の幅もかなりありました。だから話の焦点をどこに合わせるか、
むずかしかったかというと、そういうことは今まで一度もないのですね。
どなたももう一度多読の大本の話を喜んで聞いてくださるようです。

20140126-2

で、最近わたしとしては説得力があると勝手に考えている
絵本の大事さの話をしました。かなり読んだ人には改めて絵の大切さを
思い返してもらい、さらにmangaや映画や海外ドラマの必要を説明しました。

次回は2月23日。今度は音の話を主にしようと考えています。
さて、いろいろ音声材料を持って行きたいな、楽しみだな・・・!

1月22日 水曜多読講座の報告です!

実は3週前から、10時20分から25分まで、Nさんによる
「脱学校英語の音」という見に講座が始まっております。
少し早めに来て参加する人が何人もいて、
NさんはOxford Reading Tree の1冊を何度も何度も聞いて得た
「学校英語の音」と「実際の朗読の音」との違いをまとめて、
発表してくれます。すごいでしょう!?

いつものように東と西のテーブルでは聞き読みシャドーイング、
その間南のテーブルでは新人たちの読書相談ではじまりました。

Read-Aloud (RA)は東西のテーブルで3人と4人に分かれて、
Book Talk (BT)は西が3人で、一人10分、東は4人で一人8分、やりました。
BTでは、なんと全員がメモを作っていました・・・!!!!

メモの利用法はいろいろです。
やさしい絵本の場合は RA とほとんど変わりません。
それがまた入り口をなだらかに、入りやすくしています。
ちょっと長い本の場合は、ひたすら読み上げることもあれば、
ちらちら参照しながら話すこともあります。

けれども、東西ともBTにはだいぶ慣れてきて、かなりくわしいメモは作る
けれどもほとんど参照せずに話し続けます。たいしたもんだ!
録音がうまくできていれば聞いてもらえるようにしたいのですが、
講座中はずっとだれかが声を出していて、なかなか聞きやすい録音は
むずかしいやな、であります。

ただ、せっかく Look and Ask が軌道に乗ってきたのだから、
ぜひただBTに耳を傾けるだけではなく、本の内容について
質問をしてほしいと思っています。そちらにすこしずつ背中を押します。

Look and Ask はYさんのスペイン旅行でした。
食べ物の話に花が咲いたり、small talk へと広がり始めています。
みなさんの質問は比較的簡単なものですが、
用意してきた想定問答集の答えはなかなかよい!
そのために、どうも Look and Ask というよりはやはり Show an Tell に
近づいているかな? でも、南のテーブルの新人たちは日本語で質問を
しているので、もう少し Look and Ask で続けましょう。

読売新聞ジュニア記者に取材されました!

Exif_JPEG_PICTURE

1月24日(金)、読売新聞の中高生ジュニア記者4名の訪問を受けました。
「英語多読」についての取材が目的で、1時間、酒井理事長へのインタビューをしたのち、1時間多読を体験して帰っていきました。
そもそもこの取材は、渋谷教育学園渋谷の中学1年生が企画したもの。学校で多読授業を受けていて、楽しくいつのまにか語彙も増えて本が読めるようになった実感があったので、この多読について記事を書きたかったということです。多読授業、学校にもじわじわと浸透してきているんでしょうか。

Exif_JPEG_PICTURE

取材は中学生2人、高校生2人の4人編成の班であたっているそうです。
とても素直に話を聞いていたのが、印象的でした。

Exif_JPEG_PICTURE

金曜夜講座に混じって、英語多読体験をする記者のみなさん。
二人の女子はマンガにいきなり夢中。
男子はORTの字のない本を真剣に「読んで」いました。

2月8日(土)に記事が載るそうです。読売新聞を購読されている方、ぜひご覧ください。
(粟野)