日本語多読普及活動

有志による「子ども多読支援を考える会」報告

0613子ども多読支援

6月13日(日)16:00よりオンラインで「子ども多読支援を考える会」を開催しました。

多読を使った日本語支援が、いろいろな場に広がっています。その中で、成人の学習者と子どもとでは支援の方法や問題点も違うのではないか、という声も聞きくようになりました。そこで、NPO多言語多読では、初めての試みとして「子ども多読支援を考える会」を、オンラインで開催してみました。
続きを読む

5月2日(日)「日本語多読シンポジウム」報告!その①

sakai_simpo

ゴールデンウィークの中日、5月2日に「日本語多読シンポジウム」をオンライン開催しました。多読の「核」とも言える「学習者主体」ということについて、多角的にとらえようという試みです。
午後4時から7時半という長丁場にも関わらず、参加者は常時300名前後とNPO多読主催のイベントとしては最高の人数となり、日本語多読への関心の高まりを感じました。参加者は、海外からの参加も3割を占め、所属も大学や日本語学校の教員やフリーランスの日本語教師、大学院生、出版社や子供の支援に関わる方たちと多岐にわたりました。
続きを読む

2021年3月21日(日) 第8回オンライン多読祭り報告!その②

tadokufes2012-01

多読祭り午後は、NPOの活動報告から始まりました。
「今年度は、オンラインを通して今まで繋がれなかった人と繋がることができ、活動が広がった」という粟野理事長の総括の後、日本語多読からは、「無料の読みもの」が世界中で活用されていること、英語多読からはオンラインの受講生による多読講座シャドーイング講座体験談、つづいて、韓国語多読の会の紹介ビデオの上映、スペイン語多読の会のこれまで歩みなど、各言語の活動が紹介されました。

さて、ここからは「Tadoku交流会」に突入です。参加してくださったみなさんの声をアンケートから拾ってお伝えします。

続きを読む

2021年3月21日(日) 第8回オンライン多読祭り報告!その①

tadokufes2012-01

第8回(2021年)多読祭りは初のオンライン開催となりました。日本各地はもとより、海外からも含め、133名のお申し込みがあり、一番多い時間帯で103名の参加がありました。幸い大きな技術的なトラブルもなく進行、懐かしい顔との再会もあれば、初めましての方々ともネットを通じたやり取りができました。

続きを読む

3月13日(土)カンボジアで多読セミナー!

Picture3

2021年3月13日(土)、カンボジア日本人材開発センターの第16回CJCC 日本語教育セミナーに講師として招待されました。
タイトルは「多読TADOKUセミナー~多読を知って授業に取り入れよう!」。オンラインでの実施です。講師はNPO多言語多読理事長・粟野、スタッフとして正会員の高橋亘と作田が参加しました。
続きを読む

2月28日(日)オンライン「読みもの作成入門講座」報告

0228 (2)

昨年、12月13日(日)に続き、2回目のオンライン「読みもの作成入門講座」を開催しました。今回も、早々に締め切らなければならないほど、多くの方が申し込みをしてくださいました。今回の参加は14名。読みもの作成には体験が重要ですから、一度にご参加いただける人数には限りがあるのが残念です。そして、開催をお待ちいただいていたみなさま、ありがとうございました。
続きを読む

1/10 引き続き、オンライン「読みもの作成ワークショップ」!

WS2

お正月気分もさめやらぬ、と書きたいところですが、そもそもお正月気分になれなかったコロナ禍の1月10日、NPO多言語多読の会員限定「読み物作成ワークショップ」が開催されました。10月18日に引き続き、オンラインで無料で読めるもの、それも0レベルの読みものを増やそうという趣旨です。そう、私たちのサイトの無料読みものは、こうした会員さんのボランティアで少しずつ数を増やしていっているのです。制作の舞台裏をレポートしました!

続きを読む