8月3日第3回多読支援セミナー 分科会(日本語)報告

Exif_JPEG_PICTURE

遅ればせながら、8月3日の午後の日本語部会の報告です。

今回、参加された方の内訳は、リピーター3分の2、初参加が3分の1。
初めて参加される方には、多読や多読授業について一から知っていただきたい、でもリピーターの方には新しい話もしたいし、みなさんの実践についても聞きたい。いつも、このバランスに悩みます。今回は悩んだ結果、実に7年ぶりぐらい?に絵本のレベル分けワークショップをやってみることにしました。

私たちがこつこつと作ってきた多読用読みものは、ようやく100冊を超えて、なんとか多読授業を始めるスターターキットぐらいにはなったと思うのですが、英語多読同様、graded readersだけ読み続けていると、どうも居心地がよく(?)、なかなか生の本へ移行できない人が出てきてしまいます。そうならないためにも、初期の段階からGR以外の本を読み慣れていくことはとても大切なことだと思われます。そこで、絵本の登場です。絵が主体の絵本を見ながら、日本語のリズム、生き生きとした幅広い語彙に触れる「冒険」を学習者にもっとしてもらいたいーーーみなさんと一緒に、「難しい」「子どもっぽい」と思われがちな絵本を多読という視点からもう一度眺め直したい、と思いました。

まず、国内大学、海外大学、国内日本語学校などと教えている教育機関別に6つの島に分かれて座っていただきました。机の上には15冊ほどの絵本。それを、みんなであれこれ相談しながら、レベル分けをしていきました。我々が作っている多読用読みもののレベルに合わせて分けるのですが、基準は語彙や文法というわけではありません。絵と文字の割合、絵を見るだけで話の展開がわかるかどうか、繰り返しが多いか、活字の大きさ、など「わかりやすさ」をあらゆる要素を考慮して総合的に判断するのです。そして、これには正解もありません。どうして、そう思うのか、お互いにいろいろな観点や考えを出し合うことこそがこのワークショップの意義です。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

わいわい楽しみながらのレベル分けが終わった後、それぞれの班から「お勧めの絵本」をピックアップして紹介してもらいました。

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

なかなか魅力的な絵本をみなさん選んで下さいました。その詳細については、多読フォーラムでも紹介してありますので、興味のある方はご覧ください。さて、その本が実際に、学習者にどう受け止められるのか、いろいろな学習者に読んでもらって意見を聞きたいところです。

その後、休憩をはさんで、多読授業実践をしていらっしゃる方から簡単に報告していただきました。
日本語学校で選択授業としてやっている、あるいは読解授業の一部に取り入れているなどの報告、新学期から正規のカリキュラムの中で多読クラスを始めるというアメリカの大学の先生、日本語初級者にまず、本に興味をもってもらう工夫をされている先生のお話、学校でオリジナル多読教材を作っているという先生もいらっしゃいました。

最後は、班の中で、自己紹介を兼ねて多読授業実践の報告をしたり、疑問、質問を出し合ってみんなで考えたりの時間をとりました。一部を紹介すると・・・。

<ボランティア教室>
・本を貸すことが難しく、多読指導しにくい。
・学習者のレベルや熱意などが、うまく揃ったときは多読指導は効果を上げた。読んだ本を薦め合うブックトークもできた。
・同じ学習者が毎回来るわけではないので、多読指導はしにくい。

<日本語学校>
・子どもが英語多読をやっていて、効果がはっきりと出ている。日本語の授業でもやってみたい。しかし、カリキュラムがぎっしりとつまっていて、なかなか取り入れられない。
→短い時間でも、一回だけでも、チャンスがあったら、とにかくやってみてはどうか。そういう経験を積みつつ、広げるきっかけを待つ。
→専任や校長などカリキュラムを組んでいる人に良さを知ってもらう。
・絵本をおもしろがらない人にはどうする?
→ノンフィクションなどその人が興味を持ちそうなジャンルを試す。
→無理に絵本を勧めなくてもいいのでは?
・多読授業を行うと他の先生から、不公平だと言う声が上がる(「教師が教えていない」と思われるため)ことがあるが、多読を実践されている方は、そのような批判に対してどのように対応しているのか知りたい。

<国内大学>
・読後感を一行ぐらいで書かせているうちに、一言感想を言うようになる。その時に、教師が文法、助詞などの間違いを我慢して訂正しなければ、次第に学生達は感想、ブックトークなどをスラスラ言えるようになってくる。多くの学生が普通の授業では考えられないくらい発話量が増えてくる。
・初級読解クラスで教科書を使っていたが、学生が喜ぶような授業ができなかった。教科書の替わりによむよむ文庫を授業で使ってみると、皆が楽しんで読解の勉強ができるようになった。

<海外大学>
・多読は、自律学習につながるものとしてとても効果があるものだと思う。
・多読では、いわゆる読解テストをしないので、「どうして内容が読めているのかわかるのか」という先生がいる。
・学生にfacebookで呼びかけ、市立図書館で課外に多読をやっている。学外の日本語学習中の社会人も参加している。しかし、最近、場所が狭くなって存続が危ぶまれている。

<年少教育その他>
・レベル差のあるクラスに適しているのではないか。
・各機関に、「よむよむ文庫」はたいていあるが、使い方がわからないので宝の持ち腐れになっている。
・多読をどのあたりの段階で導入するのがいいのか
→ゼロの段階から導入できるが、その場合は人手が必要。一緒に読んであげるなど、かかりきりになれるならできる。現実的に、一番やりやすいのは初級後半くらいから。

今年は昨年の反省を活かし、話し合いに時間を長目にとったつもりでしたが、終わってみれば、やっぱり時間が足りなかった!!!
来年もまた、みなさんとの意見交換を主体にした会にしたいと思います。

(粟野)

2014年10月5日(日)北海道オホーツク大空町・酒井邦秀多読ワークショップ開催への道のり(1)

doh

ウエブサイトでも告知していますが、10月5日(日)、酒井邦秀理事長による英語多読ワークショップが北海道オホーツク青空町で行われます。

この企画は「大空町げんきづくり応援事業」という補助対象事業として企画・運営されています。これは、オホーツク英語多読を楽しむ会の発起人であり、当NPO会員の「オホーツクでも多読を紹介したい」という気持ちから始まりました。

そこでここまでの道のりをこのブログでご紹介します。「自分たちの地域でもワークショップ・講演会を!」と思っている方がいましたら、ぜひ参考にしてください。そしてこちらでお手伝いできることがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

なお、この報告は当NPOが運営する「多読フォーラム」に先行投稿されており、それを少しだけ編集して紹介しています。原文や、続きが気になる方は多読フォーラムをご覧ください。一連の投稿は「おりひめ」という名前で投稿されています。

**************************************

Re: 【お知らせ】10月5日(日)酒井先生多読ワークショップ 北海道オホーツク大空町
投稿記事by おりひめ » 2014年7月18日(金) 23:18

今回のワークショップに関しては、自治体からの補助を受けることができました。この点について、全国で、「酒井先生や、NPOの皆さんに来てもらって英語多読について一緒に話しをしたいなあ」と思っている皆さんの活動のヒントになることがあるかと思いますので、少しずつその経緯についてこちらで報告いたします。

おつきあいいただければ嬉しいです。(すっかり「続き物」の気分になってます :doh:

えっと、今日はまず、今回のワークショップを開く場所の紹介と、開きたい!と思ったモチベーションがどこから来たか?について

皆さんにとって、「北海道網走郡大空町女満別」っていったいどこ?だと思います。

世界遺産の知床まで車で1時間半。流氷で有名なオホーツク海まで車で20分。北海道の端にある、はい、かなり小さい町です。人口は、女満別地区で6000人くらい。基幹産業は、農業です。じゃがいも、麦、豆。あ、コメの北限地域でもあります。女満別地区の面積は東京23区をあわせたくらい、そして、その面積中のコンビニ数は、、、、、

2軒。

はい、2軒です。

実際、今回のワークショップのお願いをしたときに、NPOのOさんは、「あの~、人は集まるでしょうか?」と(言いにくそうに)心配してくださいました。無理もありません。。。実際、どうなるかは、今後次第なのですが、私自身は、なんとかなるかなあと思ってます。

理由は、、、

北海道って、東京都内と違い、自家用車での移動が中心。近隣の中核都市である北見市(車で50分くらい)や、網走市(同30分くらい)が、余裕で通勤圏内だったりします。また、羽田とオホーツクを結ぶ女満別空港までは、町の中心部から車で5分です。空港があるので、北見や網走よりも東京に近い場所として意外な穴場です。つまり、近隣の市町村からも人を呼びやすいし、酒井先生にも時間のロスを少なく動いていただけるかも、、、と考えました。(羽田ー東京間は110分のフライトです。)

そして、そもそも、こんな(!)田舎に酒井先生をお招きできちゃうかも??ってうっかり思ってしまったのは、上の投稿で酒井先生もお書きでしたが、北海道の児童英語講師の皆さんが、かなり「あっさり」お招きしている様を見てきたからです。(実際は、いろいろなご苦労や念入りな準備がおありの上で、、でしょうが。傍目には、ほんとうに「軽々」やっているように見えました。)

あれ?意外と簡単に(失礼!)来てもらえちゃうんだな、だったら、私もお呼びしたいな。

と、思ったのが、私の構想(妄想)のはじまりでした。それは、2007年の旭川講演のときです。実行力と熱意がある「センパイ」の皆さんがいたからこそ、私も一歩を踏み出せた感じです。ただ、そのときから去年まで、自分自身の家庭の事情で、あれこれ手配することができなかったのと、なんと言っても羽田ー女満別間の交通費(片道正規運賃約30000円)をどう工面するのか?が課題でした。

そこで、補助金もらえないかな~!のアイディアが生まれました。

to be continued…..

「やさしい絵本からやさしい英会話へ」
★絵本を使った英語学習ワークショップ★
日 時: 2014年10月5日(日) 13:30~16:00
参加費: 1,000円(高校生以下:無料)
場 所: 北海道網走郡大空町女満別研修会館大会議室
対 象: 英語に興味がある一般 (小学生以上)(託児については応相談・調整中)
内 容: 絵本をスタートとした英語多読についての紹介と、体験ワークショップ
主 催:オホーツク英語多読を楽しむ会 (「大空町元気づくり応援事業」補助対象事業)
お申込&連絡先: bigskytadoku2014★gmail.com (★を@に変えてください)
twitterアカウント @okhotsktadoku
facebookページ オホーツク英語多読を楽しむ会

**************************************

次回もお楽しみに!

(大賀←報告にでてくる「Oさん」です)

8月19日(火)韓国語多読の会報告

写真 (12)

8月19日(火)第11回韓国語多読の会の報告です。

平日のお昼に開催したのは今回が初めてでしたが、5名の方(みなさん初めて)とゲストのユジンさんが参加してくださり、とても楽しい時間となりました。

続きを読む

8月7日 木曜多読講座の報告

講座が始まる前から「刑事コロンボ 別れのワイン」の話が始まり、そのままみんなで
「刑事コロンボ」について、テレビで観る方法について、DVDについて、しばらく
情報交換が続きました。こんな風に刺激し合うの実によいと思われます。

続きを読む

第3回多読支援セミナー「多読で何が変わるのか?」無事終了!

Exif_JPEG_PICTURE

8月3日(日)、第3回多読支援セミナーが行われました。参加者は96名!

詳しくはそれぞれの議事録の準備ができ次第あらためて報告しますが、、まずは猛暑のなか参加していだいたみなさん、事前準備から当日の設営、運営をお手伝いいただいた会場の先生のみなさん、スタッフに感謝し、ざっと当日の流れをご紹介します。

開会の宣言は、今年の会場である、文京学院大学女子中学校女子高等学校の佐藤芳孝校長。
次に、「多読で変わること~支援者であり実践者からの視点」という講演を文京学院大学女子中学校女子高等学校教諭村岡千秋さんよりお話しいただきました。
読むというのは、単に文法と語彙で並んだ活字を読むことではなく、書かれた世界を読むこと、だから、多読の入門には、絵を見ることがとてもの大切だと村岡先生は強調されました。自らのスペイン語獲得の例もなるほどと思わせられました。

Exif_JPEG_PICTURE

つづけて当NPO理事の粟野真紀子が「日本語多読の歴史と現状」について話しました。多読を始めるにあたって、レベル別読みものを自ら作らなければならないという英語にはない苦労、そして、それの読みものを使った入門者への多読授業、在日歴が長いけれど読み書きが出来なかった人への多読の効果を示す動画が披露されました。

Exif_JPEG_PICTURE

その後は、英語tadokuクラブのみなさんによるワークショップ「多読はここから~絵を読む~」です。ここでは実際にORT(Oxford Reading Tree)を使って「絵から始める多読」を体験していただきました。アンケートでは「楽しかった!」「目から鱗が落ちた」という回答をいただきました。こういう回答をいただくことからも、まさに「絵から始める多読」は百聞は一見にしかずですね。これからも講座やセミナーなどで、実際に体験していただく機会を増やしていきたいです。

Exif_JPEG_PICTURE

多読入門はまず、絵から。

Exif_JPEG_PICTUREグループに分かれて、絵をよく見て気づいたことをメモ。そしてそれをみんなでシェアしました。

Exif_JPEG_PICTURE「ここにこんなものが落ちている」「ヘンなおじさんがいる・・・」 絵をよく見て、物語の世界に入りました。

このように午前中は、言語を問わず共有できることを中心とした講演、体験の時間を全体で過ごしました。そして午後は日本語、英語と言語ごとに分かれ、それぞれで実践報告や、質疑応答を行い、充実した1日となりました。

午後の英語部会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さまざまな意見交換が活発に行われました。

日本語部会では、レベル別読みもの以外に目を向けようということで、まず、多読図書(おもに絵本)のレベル分けをしました。

Exif_JPEG_PICTURE

絵と字のバランス、繰り返し、絵で内容がわかるもの等々をものさしに、レベル分けしていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

レベル分け結果発表。おすすめの本を披露し合いました。

Exif_JPEG_PICTURE

多読実践をしている先生から簡単な実践報告のあと、グループに分かれて意見交換をしました。

またこの日は、アスク出版、オックスフォード大学出版局、Mary Glasgow / Scholastic UK、ネリーズ、ロイヤルブックス(順不同、敬称略)より協賛をいただき、多読図書の展示、販売も行われました。協賛いただき、ありがとうございました。

私たちの多読支援セミナーは、個々の研究発表をする学会ではなく、年に1度集まって、多読に関してさまざまな角度から多くの支援者の方と語り、学び合えるセミナーにしていきたいと思います。初めての方、リピーターの方の両方に満足していただけるよう、今回の会をよく振り返り、反省点は来年に活かしたいと思います。(粟野・大賀)

8月1日 金曜多読講座の報告です!

すでにkatobushiさんが多読フォーラムで報告してくれました。
ほぼkatobushiさんが書いている通りですが、この投稿の中でいちばん大事な点は
この日の講座内容が 「なかなか混乱していて、結局どうすればいいの?」
という段階だということですね。

この日の講座の要点は二つでした。
一つは、一人一人の「一口大」を確認しましょう、という提案。
もう一つは、一口大を直接大きくしようとしないようにしましょう、という提案。
どちらも分かりにくくて、説明がむずかしいのですが・・・

「一口大」というのは要するに「ポンと一息で吐き出せる長さ」ということですが、
「ポンと一息で吐き出せる」というのがわかりにくいでしょうね。
これは前から約束していてなかなか果たせないでいますが、近く録音を使って
説明します。講座でももっと説明しますね。

(「ポンと一息で吐き出せる」は、「一文全体を一つの語のように口から出す」と
言い換えることができるのではないかと考えているところです。)

で、もっとわかりにくいかもしれないのが、「一口大を直接大きくしようとしない」という
ことでしょう。でもこれは「試験対策」と似ています。多読で外国語を身につける場合は、
試験で高得点がほしくても「直接試験対策をする」のではなく、外国語を全体的に
吸収、使用することで「間接的、結果的に対策をする」わけです。

この二つの提案から、さらにわかりにくい提案が引き出されます。
katobushiさんが書いているように、ピンクのピンクあるいはピンクの赤あるいは
ピンクのオレンジを家に持って帰って何度も朗読して練習する・・・のはやめましょう、
という提案です。ピンクのピンク(一語文中心の絵本)やピンクの赤(二語文中心)や
ピンクのオレンジ(三語文中心)は講座の時に
「初見で朗読して一口大かどうか確かめる」ために取っておきましょう、というわけです。

これはまた、わたしたちのbite-sizeがピンクの黄色(四語文中心)にまだ大きくなるのは
半年や1年はかかるだろうと見ているということですね。何度も書いていますが、
bite-sizeは母語話者でもどうも10音節を大きくは越えないと思われます。
ということは外国語話者のわたしたちのbite-sizeは1語、2語から出発して、
ゆっくりゆっくり10音節くらいになっていけばよいわけです。
逆に言うと、そう簡単には大きくなっていかないとも言えますね。
ま、じっくり行きましょう!

今後も一口大研究は続きます。わたしのブログ「町の名前をひとつ」も時々
覗いてください!

7月24日 木曜多読講座の報告!

そういうわけで、みなさん離陸しているので、本選びにはわたしはほとんど関わりません。
みなさん好き勝手に選んで、時間があれば読んでくる、聞いてくる、観てくる、
時間がなければ先延ばし・・・ ほぼ自由自在なわけです。

(自分一人で選ぶようになると、普通は読むものが偏ってくるはずです。
いや、偏ることはちっとも悪いことではなくて、むしろ好きな作家を見つけて
その作家にのめるこむというのは読書の醍醐味だと思います。
ただ、仲間がいると、ブックトークを通して少しずつ偏りが広がるようです。
そして意外な分野や作家に目覚める!
それをめざして、講座支援者としては、みなさんが読んでいない分野の本を
時々紹介しています。)

それで、みなさんが持って帰って読んだり、聞いたり、観たりの量がすごい!
単純に高さで言うと、本やCD、DVDを15センチ積み上げたくらい借りていきます。
そしてどれを読むのも、読まないのもすでに何の屈託もなく・・・ほぼ自由自在。
いっそうらやましいくらいの闊達さです。次回はみなさんが借りていく本の
写真を載せましょうね。

1-Sentence Book Talk (略して 1-S B/T!)の短さが少しずつよくなってきました。
Bさんの・・・ あ、本のタイトル忘れた・・・ メモしてない! が代表的。

そしてBook Talk では、Mさんの The Magic Brocade。 とてもよくできた民話で、
みんな「へぇー!」と大喜び。わたしも、こんなおもしろい民話(中国のようです)が知られて
いないなんて、どういうことだろうと思いました。

さて、最後に大きなニュースがあり、いよいよ講座受講生用の bite-size writing のための
メーリング・リストが始まりました。できるだけ使いやすいようにということで、
事務局がいろいろ工夫をしてくれました。(電通大のYくん、ボランティア・ワークありがとう!)
そして木曜日の晩からすぐに、いきなり大変な数のメールがとびかっていますが、
それについてはもう少し様子を見て、次回の報告のあとにします。お楽しみに!

7月24日(木)韓国語多読の会報告

7月24日(木)、第9回韓国語多読の会が開催されました。

参加者11名(うち、初めての方4名)に加えて、NPO多言語多読の先生と、その先生の日本語学校時代の教え子さんがお一人来てくださいました。この頃ゲストに恵まれています。

続きを読む

7月17日 木曜日と 7月18日金曜日の多読講座報告!

まとめてしまいます。どちらもハイライトは一口サイズの朗読でした。

katobushiさんがフォーラムで報告してくれましたが、
両日ともみなさんの前にいちばんやさしいピンク・ラベルの絵本を何十冊も並べて、
適当に手にとってそれぞれに朗読してもらいました。そしていちばん気持ちよく朗読できたと
思う本を1冊、みんなで輪を作って順番に読んでもらいました。

ピンク・ラベルの絵本の中で白眉と言えるのが Ducks in Muck と Cat Traps です。
いつかもっとくわしく紹介できるといいのですが、短いだけにちょっとくわしく紹介すると
全部紹介することになって、著作権違反になりそうです。

で、金曜日は Ducks in Muck を採り上げた人が4人くらいいたのかな?
不思議なことに、duck、muck、truck、luck、stuck、yuck の u の音が後の人ほど安定していったのです。

katobushiさんも書いていますが、絵本の読み聞かせなのですが、
みなさんの前に並べたピンク・ラベルの絵本はどれも頭韻や脚韻になっていたりして、
詩に近いものを選んでありました。それをリズムよく、音遊びを意識しながら
朗読しましょう、という趣旨でした。

そこで、絵本の読み聞かせなのに、朗読する人以外は眼をつぶってもらって
音遊びをしっかり聞いてもらいました・・・それがみなさんの耳を研ぎ澄まさせて、
u の音が安定したのでしょうか? 第一声は Aさんでしたが、その Ducks. が、
実にきれいに響きました。あれが実に大きかった!

けれども、どうしてみなさんがあんなむずかしい音(100人中99人は日本語の「ア」の
音で代用するはず)をすっきり出したのか、わかりません。

わかりませんが、とてもおもしろいことが起きたのかもしれないので、
次回の木曜日にも同じことをしてもらいます。そして、みなさんのリズム、音、
メロディーがどうなっていくか、観察することにします。

なお、木曜日に Fさんが宮崎駿さんの「岩波少年文庫の50冊」という本を
貸してくれました。その中の 105ページと 130ページに、絵をよく見ることに
ついて書いてあって、それは講座の中で一生懸命「絵をよく見ましょう」と
言っているその裏付けと読むことができそうなのでした。
Fさん、ありがとう!