一口大

9月18日 木曜多読講座(英語)報告!

ここしばらくのテーマは シャドーイング、字幕なし多観、一口サイズ です。

この日はシャドーイングが抜けてしまいました。
一口サイズでは、新しく始まった Bite-Size Book Talk と、
Bite-Size Read Aloud について少し掘り下げてみんなで話しました。

で、字幕なし多観について、OさんとMさんの報告が非常に印象的だったので、
講座受講生のメーリング・リストにあらあめて報告してもらったものを引用します。
まず Oさん・・・

Saki-sensei, Everyone,
Thank you for the lesson today.
At today’s class we talked about “字幕なし多観”
Sakai-sansei said “Write about it in Japanese.
So I’ll write down in Japanese.
先日刑事コロンボの”攻撃命令”を字幕なしで観ました。
実は二回目の視聴で、発見がありましたのでご報告します。
今回の変化は以下の3点です。
①登場人物以外の背景にも目が向くようになり、より内容を楽しめるようになった。
(これは多読の絵をじっくり見るに通じるかもしれません)
(以前は登場人物の口の動きをしっかり見ていただけだった)
②以前よりもより細かい内容も大分聞き取れるようになった。
(一回目の視聴は6月だったので3か月で大分成長できたのか?・・嬉しい!)
③英語にも関わらず、音量を大きくせずに観ることができた。
字幕なし多観の継続は以外に短時間に英語を聴く耳を作るか もしれませんね。
今後も続けていきたいです。
酒井先生には感謝しています。
ある意味強制されなければ、字幕なしの世界に飛び込められませんでしたから。

①、②、③、どれも貴重な報告です。
やはり絵は大事! 字幕を見ていると絵=画面は見ていないですね。
これはやってみるとすぐ分かりますが、Oさんは3ヶ月を経て同じ画面を見たので、
それがはっきりしたのですね。

字幕なし と 絵本の字を隠す は同じことですね、考えてみれば!

そしてこちらはある意味でとっても、とってもうれしい Mさん の報告!

私も酒井先生から「字幕無し多観」について書くように言われていましたが、遅くなりました。

私はこれまで「字幕なし多観」と言っても、会話の内容が理解できないことが多いため、時々字幕を盗み見しながらストーリ-を理解していました。

先日kmama-sanから紹介のあった「コロンボ:攻撃命令」を全編字幕なしでtryしてみました。

すると、今までと違う新鮮な感覚を味わいました。

それは、会話の内容は理解できませんでしたが、音声がリズミカルに伝わってきたことです。

コロンボの肉声も初めて意識的に聴きました。

映像の中の音声がリズムカルに感じたのは初めてかも知れません。(今頃になって・・・。)

これが「字幕なし多観」の原点なのでしょう。

文字を読んでいる間に映像と音声は変化していきます。

読む文字がなければ映像をじっくり見ることができ、音声も意識できます。

今後はストーリーの内容にこだわることなく、映像の変化と音のリズムにだけ注意して本当の「字幕なし多観」を楽しめるように努力したいです。

なんといううれしいこと!
Mさんがたどりついた原点は実はわたしがNPOの講座を通してたどりついた
原点です。

(「絵=映像」の変化、そして音のリズム!
「絵=映像」は 「ことばの氷山」につながり、
リズムは「一口大」へつながります。)

そんな大事なところで「受講生」と「講師」が一つになるとは!
これからも曲折はあるでしょうけど、Mさん、ぜひ字幕なし多観を
折りに触れ愉しんでください!

最後に、Oさんの最後の一言について・・・

講座ではいくつも「強制」していることがあります。
多読に強制は似合わないはずですね。
けれども、シャドーイングにせよ、一口サイズにせよ、字幕なし多観にせよ、
強制しなければならない理由があると考えています。

それは これまでのやり方を変える ということです。
つまり学校英語の考え方を洗い流すために、ある場合には強制する必要がある・・・

ある場合というのは学校英語を一生懸命やった場合たちです。
学校英語のさまざまな縛りをまとっている場合は、やはり無理矢理にでも
まずは呪縛から抜け出てもらって、そこから 「自由な獲得」 が始まるのだと思います。

「自分の自由な意思だ、自分は楽しんでいる!」と信じていることが、
実は学校や世間の期待に応えているだけ、それをひきずっているだけ、
という場合が非常に多いとわたしは思います。

自由を獲得するための不自由!
残念ながらそういうパラドックスを越えなければならないのですね、いまの英語教育では。

なお、学校英語の癖がない場合は、軽々と、気軽に一口大もシャドーイングも、
字幕なしシャドーイングもこなしていきます。いや、そういう場合に属する
ある人は、こうのたもうたのでした。

「長い文を書きたくても書けないのです!」

8月7日 木曜多読講座の報告

講座が始まる前から「刑事コロンボ 別れのワイン」の話が始まり、そのままみんなで
「刑事コロンボ」について、テレビで観る方法について、DVDについて、しばらく
情報交換が続きました。こんな風に刺激し合うの実によいと思われます。

続きを読む

8月1日 金曜多読講座の報告です!

すでにkatobushiさんが多読フォーラムで報告してくれました。
ほぼkatobushiさんが書いている通りですが、この投稿の中でいちばん大事な点は
この日の講座内容が 「なかなか混乱していて、結局どうすればいいの?」
という段階だということですね。

この日の講座の要点は二つでした。
一つは、一人一人の「一口大」を確認しましょう、という提案。
もう一つは、一口大を直接大きくしようとしないようにしましょう、という提案。
どちらも分かりにくくて、説明がむずかしいのですが・・・

「一口大」というのは要するに「ポンと一息で吐き出せる長さ」ということですが、
「ポンと一息で吐き出せる」というのがわかりにくいでしょうね。
これは前から約束していてなかなか果たせないでいますが、近く録音を使って
説明します。講座でももっと説明しますね。

(「ポンと一息で吐き出せる」は、「一文全体を一つの語のように口から出す」と
言い換えることができるのではないかと考えているところです。)

で、もっとわかりにくいかもしれないのが、「一口大を直接大きくしようとしない」という
ことでしょう。でもこれは「試験対策」と似ています。多読で外国語を身につける場合は、
試験で高得点がほしくても「直接試験対策をする」のではなく、外国語を全体的に
吸収、使用することで「間接的、結果的に対策をする」わけです。

この二つの提案から、さらにわかりにくい提案が引き出されます。
katobushiさんが書いているように、ピンクのピンクあるいはピンクの赤あるいは
ピンクのオレンジを家に持って帰って何度も朗読して練習する・・・のはやめましょう、
という提案です。ピンクのピンク(一語文中心の絵本)やピンクの赤(二語文中心)や
ピンクのオレンジ(三語文中心)は講座の時に
「初見で朗読して一口大かどうか確かめる」ために取っておきましょう、というわけです。

これはまた、わたしたちのbite-sizeがピンクの黄色(四語文中心)にまだ大きくなるのは
半年や1年はかかるだろうと見ているということですね。何度も書いていますが、
bite-sizeは母語話者でもどうも10音節を大きくは越えないと思われます。
ということは外国語話者のわたしたちのbite-sizeは1語、2語から出発して、
ゆっくりゆっくり10音節くらいになっていけばよいわけです。
逆に言うと、そう簡単には大きくなっていかないとも言えますね。
ま、じっくり行きましょう!

今後も一口大研究は続きます。わたしのブログ「町の名前をひとつ」も時々
覗いてください!

7月24日 木曜多読講座の報告!

そういうわけで、みなさん離陸しているので、本選びにはわたしはほとんど関わりません。
みなさん好き勝手に選んで、時間があれば読んでくる、聞いてくる、観てくる、
時間がなければ先延ばし・・・ ほぼ自由自在なわけです。

(自分一人で選ぶようになると、普通は読むものが偏ってくるはずです。
いや、偏ることはちっとも悪いことではなくて、むしろ好きな作家を見つけて
その作家にのめるこむというのは読書の醍醐味だと思います。
ただ、仲間がいると、ブックトークを通して少しずつ偏りが広がるようです。
そして意外な分野や作家に目覚める!
それをめざして、講座支援者としては、みなさんが読んでいない分野の本を
時々紹介しています。)

それで、みなさんが持って帰って読んだり、聞いたり、観たりの量がすごい!
単純に高さで言うと、本やCD、DVDを15センチ積み上げたくらい借りていきます。
そしてどれを読むのも、読まないのもすでに何の屈託もなく・・・ほぼ自由自在。
いっそうらやましいくらいの闊達さです。次回はみなさんが借りていく本の
写真を載せましょうね。

1-Sentence Book Talk (略して 1-S B/T!)の短さが少しずつよくなってきました。
Bさんの・・・ あ、本のタイトル忘れた・・・ メモしてない! が代表的。

そしてBook Talk では、Mさんの The Magic Brocade。 とてもよくできた民話で、
みんな「へぇー!」と大喜び。わたしも、こんなおもしろい民話(中国のようです)が知られて
いないなんて、どういうことだろうと思いました。

さて、最後に大きなニュースがあり、いよいよ講座受講生用の bite-size writing のための
メーリング・リストが始まりました。できるだけ使いやすいようにということで、
事務局がいろいろ工夫をしてくれました。(電通大のYくん、ボランティア・ワークありがとう!)
そして木曜日の晩からすぐに、いきなり大変な数のメールがとびかっていますが、
それについてはもう少し様子を見て、次回の報告のあとにします。お楽しみに!

7月17日 木曜日と 7月18日金曜日の多読講座報告!

まとめてしまいます。どちらもハイライトは一口サイズの朗読でした。

katobushiさんがフォーラムで報告してくれましたが、
両日ともみなさんの前にいちばんやさしいピンク・ラベルの絵本を何十冊も並べて、
適当に手にとってそれぞれに朗読してもらいました。そしていちばん気持ちよく朗読できたと
思う本を1冊、みんなで輪を作って順番に読んでもらいました。

ピンク・ラベルの絵本の中で白眉と言えるのが Ducks in Muck と Cat Traps です。
いつかもっとくわしく紹介できるといいのですが、短いだけにちょっとくわしく紹介すると
全部紹介することになって、著作権違反になりそうです。

で、金曜日は Ducks in Muck を採り上げた人が4人くらいいたのかな?
不思議なことに、duck、muck、truck、luck、stuck、yuck の u の音が後の人ほど安定していったのです。

katobushiさんも書いていますが、絵本の読み聞かせなのですが、
みなさんの前に並べたピンク・ラベルの絵本はどれも頭韻や脚韻になっていたりして、
詩に近いものを選んでありました。それをリズムよく、音遊びを意識しながら
朗読しましょう、という趣旨でした。

そこで、絵本の読み聞かせなのに、朗読する人以外は眼をつぶってもらって
音遊びをしっかり聞いてもらいました・・・それがみなさんの耳を研ぎ澄まさせて、
u の音が安定したのでしょうか? 第一声は Aさんでしたが、その Ducks. が、
実にきれいに響きました。あれが実に大きかった!

けれども、どうしてみなさんがあんなむずかしい音(100人中99人は日本語の「ア」の
音で代用するはず)をすっきり出したのか、わかりません。

わかりませんが、とてもおもしろいことが起きたのかもしれないので、
次回の木曜日にも同じことをしてもらいます。そして、みなさんのリズム、音、
メロディーがどうなっていくか、観察することにします。

なお、木曜日に Fさんが宮崎駿さんの「岩波少年文庫の50冊」という本を
貸してくれました。その中の 105ページと 130ページに、絵をよく見ることに
ついて書いてあって、それは講座の中で一生懸命「絵をよく見ましょう」と
言っているその裏付けと読むことができそうなのでした。
Fさん、ありがとう!

7月4日 金曜多読講座(英語)の報告! bite-sizeと読み聞かせ

図書館本の校正で報告が遅れております。
それで、7月4日の金曜多読講座の報告は以下の短いメモだけにします。

***************************

@シャドーイング Mさん、OKさん
@一口大 Glad you are back.  これを一語のようにポンと口から出す!
@英作文スピーキングのことは「町の名前」 で説明する!
@意味のかたまり → 獲得段階では一口大

***************************

で、このところのわたしの関心は一口大にかかりっきりです。
どう講座の中で進めていくか、
どうみなさんに(受講生そしてこのブログを読んでいるみなさん)に説明するか?
それよりもなによりもわたし自身が一口サイズ・bite-size をどう考えるか?

で、7月4日の講座でMさんが大事な一言を・・・

「読み聞かせたい絵本には一口サイズの本がない!」

なるほどです。参りました・・・
楽しくない絵本を読み聞かせしてもしょうがない、です。
でも、我慢してくださいとわたしは言った。

「シャドーイングと同じで、楽しくないけれども、学校英語の毒を洗い流すには
少し我慢して楽しくない絵本でも一口サイズのために読み聞かせしてください!」

これは正しかっただろうか? いや、妥当な答えだっただろうか?
無理矢理納得させなければいけない指示なんて、やっぱり間違いでは?
(「話す・書く中心クラス」は1年から1年半で卒業してもらいます」という
無理矢理設定したゴールがわたしに無理をさせているのか?)

で、南阿蘇オフからかえってずっとそれが気になって、考え続けて、
あれこれ頭の中でひっくり返して、やっと少し整理がつきました。
やっぱりをさなごのやうに吸収獲得していくのが一番だろう、と。

↓ こういう結論です、今のところ・・・

・・・芸術絵本の内容にほれこんで読み聞かせをするのは、
絵本読み聞かせの会でやってもらおう。いまは芸術絵本の内容ではなくて、
こども向けの絵本の、リズムや音の楽しさを掘り下げる読み聞かせを
中心にしてもらおう・・・

 

 

6月19日 木曜多読講座(英語)の報告!

それぞれの時間 前半1時間
木曜日の人たちはたいて課題をほとんどやってきます。
シャドーイングもやってくるのですが、この日はシャドーイングに
焦点を当てることにしました。一人一人シャドーイングを聞かせてもらって、
次はどうするか提案。なかなか手強い人がいます。学校英語の音が
しっかり残っている人たちです。そこで劇薬シャドーイングを提案。
中には前週に毎日劇薬5分、それから速い英語を何分か、という処方から、
それでは学校英語の音が消えないので、毎日劇薬10分を処方した人もいます。
それでどうなるのか? 楽しみでもあり、こわいようでもあり・・・

みんなの時間 後半1時間みなさん準備ができていたので、小さいグループに分かれて
R/A (読み聞かせ)、1-S B/T (一文ブックトーク)、B/T (英語でブックトーク)、
そして最後にブックトーク(日本語で。これも大事!)・・・と思ったのですが、
いくら小さいグループの分けても、結局時間が足りなくなり、
Mさんの英語メモの検討とB/Tは次回まわしに・・・

みんなの時間では今回も「一口大」が大きな話題になりました。けれども見学していたAさんは結局「一口大がどういうことかわからなかった」ということなので、近いうちに実例で説明します。

ブックトークの中で、Oさんが大感激の報告!
House M.D. のエピソードを二つ字幕なしで観賞したのだそうです。
そのあと Columbo を字幕なしで観たところ、英語が分かりやすく聞こえて、
犯人発見の鍵となることばがはっきり分かったそうです。

そのことばはここでは書きませんが、一つ一つの音が聞こえていないと
分からないことばです。人名や地名は一つ一つの音まで聞こえるくらい
慣れていないと、英語にかぎらずわかりにくいものですが、
このことばも場面や前後の流れからは推測できないことばなので、
たいしたものです。字幕なしで起きた変化だと言っていいでしょう。
いや、「聞こえるようになった」というよりは、音に対する集中が高まった
ということでしょう。

けれどもたいしたものだ! Oさんも、字幕なし多観も!!

6月18日 木曜多読講座(英語)の報告!

「話す・書く中心クラス」のみなさんには、1年から1年半くらいで卒業をめざしますと
伝えてあります、4月の開講時に。

(いつまでもずっと講座を受けているのでは、NHKの英語講座と同じです。
それに、いま「読む・聞く中心クラス」の人たちも1年か、1年半で離陸して
「話す・書く中心クラス」に入ってきます!)

それでわたしになんらかの焦りがあるのかもしれないし、
今まで「こんな方向で良さそうだ」と思ったのにすぐに踏み出さずに後悔したことが
何度もあるので、ちょっと先を急いでいます。

一つには、シャドーイングと劇薬シャドーイングの半強制。
また字幕なし多観の強制。そして一口大を意識してもらうことを半ば強制。
さらに話し言葉の半強制・・・

それぞれの時間
で、最初の1時間には家でできなかったことをやってもらいます。
つまり、後半1時間の「みんなの時間」のために、R/A(読み聞かせ)や
1-S B/T(1文ブックトーク)やBook Talk/ブックトークのメモ作りをしてもらう・・・
はずでしたが、水曜日のみなさんはほとんど全部準備ができていたので、
シャドーイングをやってもらい、一人一人順番に聞かせてもらって
次にどうするかを提案しました。

極端形やカタカナ音、学校英語の音が支配的な人には例によって
劇薬シャドーイングです。はじめは1日5分、
続けて Holes や Harry Potter のような速い英語を10分か15分からはじめます。
それで1週間経ってなかなか抜けられない人は劇薬を10分に延ばしたり、
英語はしばらくやらないようにしましょうと言ったり、まあ、さまざまな場合にさまざまな助言。
(細かいことは次の本をお楽しみに!)

そうだった。みなさん全員に、声の出し方をこれから考えていきましょうといいました。
言い出したのはほとんど思いつきなのですが、英語独特の分厚い音や耳障りな音を
しっかり出すには声の出し方も関係あるかもしれないと、ずっと前から考えているのです。

みんなの時間
みなさん準備してきたので、二人から三人のグループに別れて、R/A、1-S B/T、
Book Talk/ブックトーク。

そこでわたしの注文は、どんどん質問をしましょう と・・・
質問でどのくらい伝わっているか分かるし、どういうところについては説明を丁寧に
しなければ伝わらないか、分かります。お互いに質問で話し方、プレゼンテーションが
磨かれるというか・・・ ちょっとかっこよすぎる言い方ですが、おそらくそうです。

もう一つの提案は、どんどん絵や図や手振り身振りを利用しよう と・・・
特にOさんとUさんのBook Talkのように長い小説の場合はたいてい人間関係が
複雑で、紹介を聞く人はこんがらがります。絵や図を用意してあったり
(金曜講座のYさんなど)、目の前で図を描きながら説明するとわかりやすくなるはず。

最後に「字幕なし多観」のことを一言。「話す・書く中心クラス」を始めてまもないOさんが
おもしろいことを言いました。「ドクター・ハウス」を字幕なしで見始めたらたちまち変化が
あらわれたいうのです。前回観た回は字幕なしで3回観なければ話が分からなかったそうですが、
今回は2回で分かった、と。そしてそのあと「刑事コロンボ」を観たら、非常に聞きやすくて、
1回でトリックまで分かったそうです。大感激だったとか・・・

さ、だれでも「字幕なし多観」はなんの苦労もなく試すことができます。
だれにも言う必要はないし、だれもテストするわけではない!
ただ字幕を消して、物語を楽しめるかどうか試せばいい!
楽しめなかったら多読三原則の3番目「自分に合わない本(絵=映像)は
どんどん投げる」を実行するだけです!!

みなさんの報告を待っています・・・

6月6日 金曜多読講座(英語)の報告です!

前回は西のテーブル中心だったので、今回は東のテーブルを中心に
観察しました。東のテーブルはKさん、Gさん、Mさん。

まず「互いに読書相談」(*1) 司会はMさん。みなさんの間である程度
質疑応答があったけれど、もうちょっと出てくるといいな。

次に Reading aloud。Gさんがよかった! 15回練習したとのことで、
見事に結実しましたね・・・

ただし、たくさん練習すると、リズムの良さはちょうど一口大だったからなのか、
それとも練習の成果なのか、そのあたりが分からなくなります。

つまり、一口大が自然に大きくなるのを待つのか?
それとも何度も練習して一口大を大きくできるのかどうか?
そのあたりは今後の研究課題*1です。

KさんもMさんも読み聞かせの達人です。内容をくみ取って、それを
聞いている人に伝えるのはお手の物。その点はYさんも見事。
そうするとGさんともども、全員がやはりstorylineonlineを目指すことになる?
Storylineonlineをじっくり観て、あの「音の分厚さ、がっちりした響き、
切れ」を目指す・・・これはえらいことです。日本では今までだれも
目指したことのない場所を目指す? えらいことだ・・・

ただし、これは6月12日の講座でも同じですが、1-Sentence Book Talk の
一文がまだ長すぎるように思えました。それは次の報告で!

*1 「話す・書く中心クラス」の4つの方針は次の通り

※参加者同士で道を見つけていく
※話し言葉で話す、話し言葉で書く
※すべて一口大から!
※やさしい英語の吸収はこれまで通り続ける