9月28日 日本語多読セミナー@浦安市国際交流協会

Exif_JPEG_PICTURE

9月28日(日)浦安市国際交流協会主催のボランティア講習会で多読についてお話しました。こちらの日本語教室は週に1回のクラスが毎日開かれており、ボランティアと学習者が1対1で日本語の勉強をしているそうです。
この日の講習会は、2年前に千葉市で行った多読セミナーに参加されていたSさんが、浦安市でもぜひ、と声を掛けてくださって実現したものです(こうやって、少しずつ広がっていくのがうれしいです)

Exif_JPEG_PICTURE

参加されたのは21名。みなさんチームワークもよく、和やかな雰囲気の中、反応もよくとても話しやすかったです。途中、パソコンが動かなくなったり、画像がでなくなったりとハプニングがありましたが、何とか多読の話と学習者の様子や成果を伝えました。
そして、全くわからない言語を絵本から学ぶということを実体験していただきたくて、韓国語の絵本を見ていただきました。

Exif_JPEG_PICTURE

お見せしたのは「どいてよ、へびくん」(五味太郎)の韓国語版。絵を見ると、自然に状況に応じた言葉が浮かんできます。「邪魔」「早く!」「どいて!」「私が遊べないじゃない」などいろいろな言葉がみなさんから出てきたところで、今度は音声を聞いてもらいました。同じ言葉が繰り返し、出てきます。だんだん語気が強くなって、最後は・・・。
「ああ、何回も『どいて!』と言ってるんだな~」ということがわかり、その繰り返しが心地よくなってきます。そして最後のオチ! ーー言葉はまず絵から、ということがわかっていただけたでしょうか?

最後の30分は、絵本と「よむよむ文庫」や「にほんご多読ブックス」を手にとってもらいました。学習者の顔を思い浮かべながら、楽しめそうなものはどれか、選定していきます。
Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

さて来週、10月6日には、学習者のみなさんに「初めての多読」をしてもらいます。
さて、どんな反応があるでしょうか。学習者は7名。ボランティアさんたちの参加は23名もあるそうです。さて、双方どんな反応を見せてくれるでしょうか。
(粟野)

 

9月25日 木曜多読講座の報告!

「みんなの時間」を先にして、みなさんが家で準備してきたことは全部発表してもらうようにしました。
Bite-Size Read Aloud では、みなさん練習する時間をしっかり確保できたようで、
聞いていてわかりやすいし、おもしろい! 実にみなさん伸びやかです!!
練習回数は4、5回くらいだったようです。

Bite-Size Book Talk ではBさんがUri Schulevitz の Snow をやりました。
図書館で借りてきた日本語訳を bite-size の英語にしたのですが、これがよかった!
で、おもしろかったのは、NPOにある英語版を持ってきて、英語版と、日本語版と、
日本語版から作ったBさん版を西のテーブルのみんなでくらべて検討したのです。
Bさんの bite-size writing がうまくいっているところもあれば、
英語ではこうだったんだ、なるほどというところもあれば、
日本語版の訳のうまいところも見つかった!

(1カ所、どうしてもこれはだめだよね、という日本語訳もありました・・・)

あれだけくわしく見るとおもしろいことがいろいろあるもんだ!と感心しました。
いつもというわけには行かないけれど、ときどき翻訳と原作とBite-Size 版をくらべるのもよさそう!

9月19日 金曜多読講座(英語)の報告!

前日の木曜多読講座と同じように、一口サイズの説明が中心でした。

Read/Aloud では音のこと。つまりピンクのピンク、ピンクの赤、ピンクのオレンジくらいまでは
ほとんど全部文字はrhymeになっていること、だから同じ音が繰り返し出てくる音遊び、
リズム、意外なメロディーの変化などをできれば生き生きと表現したいものだと・・・
でもこれについては別に「町の名前をひとつ」の方で説明していきますね。

最後にピンクのピンクからピンクのオレンジまでをみんなで朗読して自分のbite-sizeを探したのでした。
きょうはここまで!

9月18日(木)韓国語多読の会報告

写真 1 (4)

9月18日(木)韓国語多読の会の報告です。

今回から絵本がすこし増えました。

あたらしい絵本への反応はどうかな、とドキドキしていたのですが、みなさんそれぞれにお気に入りの一冊を見つけてくださったようで、よかったです。

続きを読む

8月23日(土)韓国語多読の会報告

写真 3 (1)

1ヵ月も前の話になってしまいましたが・・・(報告が遅くてすみません)

8月23日(土)の夕方、第12回韓国語多読の会が開催されました。

はじめての週末開催ということもあって、参加者は20名。「韓国語」というつながりで集まった者どうし、にぎやかに韓国の絵本を囲み、楽しい時間を過ごすことができました。

続きを読む

9月18日 木曜多読講座(英語)報告!

ここしばらくのテーマは シャドーイング、字幕なし多観、一口サイズ です。

この日はシャドーイングが抜けてしまいました。
一口サイズでは、新しく始まった Bite-Size Book Talk と、
Bite-Size Read Aloud について少し掘り下げてみんなで話しました。

で、字幕なし多観について、OさんとMさんの報告が非常に印象的だったので、
講座受講生のメーリング・リストにあらあめて報告してもらったものを引用します。
まず Oさん・・・

Saki-sensei, Everyone,
Thank you for the lesson today.
At today’s class we talked about “字幕なし多観”
Sakai-sansei said “Write about it in Japanese.
So I’ll write down in Japanese.
先日刑事コロンボの”攻撃命令”を字幕なしで観ました。
実は二回目の視聴で、発見がありましたのでご報告します。
今回の変化は以下の3点です。
①登場人物以外の背景にも目が向くようになり、より内容を楽しめるようになった。
(これは多読の絵をじっくり見るに通じるかもしれません)
(以前は登場人物の口の動きをしっかり見ていただけだった)
②以前よりもより細かい内容も大分聞き取れるようになった。
(一回目の視聴は6月だったので3か月で大分成長できたのか?・・嬉しい!)
③英語にも関わらず、音量を大きくせずに観ることができた。
字幕なし多観の継続は以外に短時間に英語を聴く耳を作るか もしれませんね。
今後も続けていきたいです。
酒井先生には感謝しています。
ある意味強制されなければ、字幕なしの世界に飛び込められませんでしたから。

①、②、③、どれも貴重な報告です。
やはり絵は大事! 字幕を見ていると絵=画面は見ていないですね。
これはやってみるとすぐ分かりますが、Oさんは3ヶ月を経て同じ画面を見たので、
それがはっきりしたのですね。

字幕なし と 絵本の字を隠す は同じことですね、考えてみれば!

そしてこちらはある意味でとっても、とってもうれしい Mさん の報告!

私も酒井先生から「字幕無し多観」について書くように言われていましたが、遅くなりました。

私はこれまで「字幕なし多観」と言っても、会話の内容が理解できないことが多いため、時々字幕を盗み見しながらストーリ-を理解していました。

先日kmama-sanから紹介のあった「コロンボ:攻撃命令」を全編字幕なしでtryしてみました。

すると、今までと違う新鮮な感覚を味わいました。

それは、会話の内容は理解できませんでしたが、音声がリズミカルに伝わってきたことです。

コロンボの肉声も初めて意識的に聴きました。

映像の中の音声がリズムカルに感じたのは初めてかも知れません。(今頃になって・・・。)

これが「字幕なし多観」の原点なのでしょう。

文字を読んでいる間に映像と音声は変化していきます。

読む文字がなければ映像をじっくり見ることができ、音声も意識できます。

今後はストーリーの内容にこだわることなく、映像の変化と音のリズムにだけ注意して本当の「字幕なし多観」を楽しめるように努力したいです。

なんといううれしいこと!
Mさんがたどりついた原点は実はわたしがNPOの講座を通してたどりついた
原点です。

(「絵=映像」の変化、そして音のリズム!
「絵=映像」は 「ことばの氷山」につながり、
リズムは「一口大」へつながります。)

そんな大事なところで「受講生」と「講師」が一つになるとは!
これからも曲折はあるでしょうけど、Mさん、ぜひ字幕なし多観を
折りに触れ愉しんでください!

最後に、Oさんの最後の一言について・・・

講座ではいくつも「強制」していることがあります。
多読に強制は似合わないはずですね。
けれども、シャドーイングにせよ、一口サイズにせよ、字幕なし多観にせよ、
強制しなければならない理由があると考えています。

それは これまでのやり方を変える ということです。
つまり学校英語の考え方を洗い流すために、ある場合には強制する必要がある・・・

ある場合というのは学校英語を一生懸命やった場合たちです。
学校英語のさまざまな縛りをまとっている場合は、やはり無理矢理にでも
まずは呪縛から抜け出てもらって、そこから 「自由な獲得」 が始まるのだと思います。

「自分の自由な意思だ、自分は楽しんでいる!」と信じていることが、
実は学校や世間の期待に応えているだけ、それをひきずっているだけ、
という場合が非常に多いとわたしは思います。

自由を獲得するための不自由!
残念ながらそういうパラドックスを越えなければならないのですね、いまの英語教育では。

なお、学校英語の癖がない場合は、軽々と、気軽に一口大もシャドーイングも、
字幕なしシャドーイングもこなしていきます。いや、そういう場合に属する
ある人は、こうのたもうたのでした。

「長い文を書きたくても書けないのです!」

9月19日、日本語多読の会、始まりました!

Exif_JPEG_PICTURE

毎週金曜日に日本語多読の会を行います。
午後3時~6時まで事務所を開放します。この時間内ならいつ来ても、いつ帰ってもよし。(1回500円)
さて、今日は、その初回。どれぐらいの人が来てくれるのかなあと心配でしたが、2つの日本語学校からそれぞれ3人、その他高校生と社会人、計8人が参加してくれました。国籍は、台湾、中国、ノルウェー、カンボジア、ラオス、メキシコと実にバラエティー豊か。
多読の説明をしてから、アンケートに答えてもらい、読書へ・・・。
来日3か月から半年の人が多く、ほとんどの人が日本語読書経験はありません。多読導入にちょうどいい時期かも。そこで、絵本、「よむよむ文庫」レベル0、1あたりを主に読んでもらいました。マンガに手が伸びている人も。

Exif_JPEG_PICTURE
(日本語上達のためには、読むことが大事、と図書館から児童書を借りている人もいました。感心です!)

Exif_JPEG_PICTURE
(日本文化に関わるもの、というリクエストに応え、「絵で見る日本の歴史」をすすめてみました。)

Exif_JPEG_PICTURE
(3か月前に来日して、まだ学校に行ってない高校生。支援者と一緒に絵を見ながら読んでいきます)

Exif_JPEG_PICTURE
(支援者のほうが、熱くなっていたりして・・・)

今日は、みんなで自己紹介をしただけでしたが、だんだんお勧め本のシェアなどしていけたらいいなあと思っています。
さて、来週は何人来てくれるのでしょうか。ドキドキ・・・。
(粟野)

 

オハイオ州オーバリン大学から日本語多読の報告!

nihongo-table1

アメリカ・オハイオ州オーバリン大学のK先生からの報告です。
K先生は、夏にNPOを訪問、英語多読講座を見学されました。
新学期から日本語多読の取組みを始めたそうです。

================================
今年の4月から5月にかけて、大学と掛け合い、「よむよむ文庫」を図書館と言語学科の入っている建物に一セットずつ購入しました。
週に一回、「日本語テーブル」で、お昼の時間を一時間利用し、学生が多読用の本を読んでいます。
そこでは、簡単な「読書記録」を書いてもらっています。読んだ本の名前、面白さを4段階で評価し、感想欄が一行あります。そこで読み終わらなかった本は、図書館で借りられるように、図書館にもセットが置いてあります。

nihongo-table1

nihongo-table2

また、図書館の司書さんと話し合って、秋学期の始め2週間ほどを利用した多読図書の展示も今週から始まりました。
5.Tadokuexhibit3

3.Tadokuexhibit1

4.Tadokuexhibit2

学生の反応は、まずまずといったところです。
やはり「易しいレベルから読む」というのが難しいようで、いきなりレベル3の本を手に取る学生も多く見られました。
今学期が終了したらまた学生たちにも感想を聞いてみたいと思います。

==============================
天井の高い部屋で、ゆったりとしていて気持ちよさそう。みんな、どんな気持ちで読んでいるのでしょう。
どの本が人気があるのかな。みなさんをもっとわくわくドキドキさせられるような本を書かなくっちゃ・・・。

図書館での多読図書展示もいいですね。多読の説明や多読のルールの掲示もあるようですね。それにしても、図書館との連携ってすばらしい!アメリカの大学では、南カリフォルニア大学をはじめ、図書館の司書さんの協力を得て、多読が広まりつつあるようです。「よむよむ文庫」を入り口に、絵本や児童書、ベストセラーと日本語の読書が広がっていくといいですね。
(粟野)