1月10日(日)オンライン「日本語多読授業入門講座」報告

210110多読入門講座写真

2021年、最初の入門講座には、10名の方が参加してくださいました。
国内は、京都、愛知、東京、茨城から、海外はスイス、フランス、ドイツ、アメリカ、オーストラリアからです。コロナ禍にあって、遠方の先生方とこうしてつながれるのは、本当にうれしいことです。
続きを読む

12月20日(日)第3回 日本語多読支援研究会 報告

1220_2

クリスマス目前の12月20日、日本語多読支援研究会が開催されました。もともと12月に海外の支援者が帰国する支援者が多かったことから相談会の形で始まった集まりですが、今回第3回目を迎え、年末恒例となりつつあります。今年は、オンラインということもあって、米国・ニュージーランド・フランス・韓国などを含む国内外から42名が参加しました。所属は、大学や高校、日本語学校、地域のボランティアの方など多岐にわたりました。
続きを読む

12月13日(日)オンライン「読みもの作成入門講座」報告

1213

NPO多言語多読では「多読授業と読みもの作成」入門講座を年に数回開催して、大勢の方々に受講していただいていましたが、このコロナ禍でオンラインに変更せざるを得ず、読みもの作成部分を省いた「オンライン多読授業入門講座」として、6月から講座を5回開催してきました。
対面授業が難しくなったこの1年、オンライン上で読める読みものの需要も増してきたからか、「読みもの作成講座」を望む声が当NPOへ寄せられるようになりましたので、今回初めての「オンライン・読みもの作成入門講座」を開催することになりました。わたしたちスタッフは「はたしてオンラインで読みもの作成の講座ができるのだろうか?」という一抹の不安を抱えながらも、勇気を出して講座を開催しました。

続きを読む

12/6(日)「帰国・外国人児童生徒支援のための研修会」報告

tokushima-6

12月6日、徳島県教育委員会主催の「帰国・外国人児童生徒支援のための研修会」に招かれ、日本語多読について粟野がお話ししました。
新型コロナ感染拡大防止のため、急遽、オンラインで行うことになり、会場の鳴門教育大学にお集まりの参加者のみなさんにスクリーン上からお話しするという形になりました。
続きを読む

英語多読講座だより(火曜午前クラス、12/15)

eye-catch-tadoku-courses

12月15日の火曜午前クラスの報告です。
この日は、今年最後の講座でした。ほぼ全員出席で終始とても賑やかな雰囲気の講座となりました。もちろん、コロナ禍での対面講座ですから、換気、密にならないよう十分注意しての2時間でした。

続きを読む

第7回 シンポジウム「図書館多読への招待」 in 岐阜 【実践報告 その2、事例紹介】

4d9745911c4c9b01e964e9305dc8ef63-1024x576

【実践報告 その1】では「図書館多読における学校との連携」をご紹介しました。【実践報告 その2、事例紹介】では、実際に多読を取り入れ、利用者との交流を図ってき多治見市図書館の6年間の軌跡、そして会場にご参加くださったみなさんより、ご自身の多読への取り組みをご紹介いただきました。

続きを読む

第7回 シンポジウム「図書館多読への招待」 in 岐阜 【基調講演報告】

2020-11-08 11 48 42-s

11月8日(日)、第7回シンポジウム「図書館多読への招待 in 岐阜」が岐阜県図書館で開催されました。「公立図書館に多読を普及させたい」と、西日本、東日本と交互に年1回、行ってきました。
今年は新型コロナ感染拡大も心配される中、会場には多くの方が来場してくださいました。受付では検温、手の消毒があり、会場内は席を空けてソーシャルディスタンスを保つ体制は、当然ながら過去のシンポジウムにはなかったものでした。

続きを読む