bite-size

3月6日 金曜多読講座(英語)の報告!

この日はなんと3人! ここぞとばかりわたしも加わって英語でおしゃべりから始まりました。
(いつもはわたしは何気なく聞く係。みなさんは英語と日本語を適宜使い分けて話すのがまったく当たり前になっています。たぶん、どの話を英語で、どの話を日本語でしたのか、覚えていないのではないか?

そんな中でこの日いちばんremarkable だったこと・・・

続きを読む

3月5日 木曜多読講座(英語)の報告!

日直はOさん。てきぱきと時間割を決め、活動に入っていきます。
この日は半年ぶりくらいの全員出席! そこに1年ぶりに復帰したNさんが加わって、
講座定員いっぱいという珍しい日でした。

いつものようにみんなで借りていく本を選びながらブックトークをしたり、使い始めたばかりのiPad について助けを求めたり、3月8日の忘年度会の話をしたり・・・
その間30分間、わたしのところに入れ替わり立ち替わりシャドーイングをやってきた人が
やってきてシャドーイングを聞かせてくれます。

続きを読む

2月20日 金曜多読講座(英語)の報告!

このところ木曜講座は Bite-Size Book Talk に凝っていて、
金曜講座の方は YouTube風あるいはCD風読み聞かせに凝っていたのでした。

それがきのうからは木曜日でも読み聞かせに力を入れ、
逆に、きょうは金曜日がBite-Size Book Talk に力を入れ始めました・・・

続きを読む

2月12日 木曜多読講座(英語)の報告!

木曜日も金曜日も、すごいことになってきています。
わたしはもう講師の肩書きははずして、講座仲間になりたい。

とはいえ、まだみなさんの行く方向を指さすくらいのことはできると思います。
その方向はおもに bite-size と 話し言葉で話す・書く という方向・・・

続きを読む

2月6日 金曜多読講座(英語)の報告

いま木曜日と金曜日の「話す書く中心クラス」はそれぞれの偏りが出ていて、
木曜日はBite-Size Book Talk に力が入り、金曜日はYouTube風Read-Aloudに
力が入っています。

金曜日は昨年末にYさんが大好きな No Roses for Harry でRead-Aloudの
水準をとてつもなく上げて以来、Read-Aloud が非常に盛り上がっていて、
この日もKtbさんが Benjamin Bunny のRead-Aloudでみなさんを絶句させました。

続きを読む

2月5日 木曜多読講座(英語)の報告!

日直はMさん。時間割を白板に書いて、さあ、きょうも出発!

読み聞かせでみなさんが「大発見」--Good Night, Moon という名作絵本を
練習してきたUさんがCDを聞きながら練習したときに苦労したところを
大発見という勢いで説明してくれました。そこから他の人も「そう、そう」と
加わって熱の入った議論になったのですが、おおむね次のような結論に
なりました。

続きを読む

11月27日 木曜多読講座(英語)の報告! 「名作絵本のYouTube風」

この日の日直はO さん。
日直というのはわたしの代わりに講座の作業を仕切っていく係のことです。
で、それはなかなか簡単ではないことがわかりました。

作業を仕切っていくことはお願いできるのだけれども、
どうしても Read-Aloud や Bite-Size Book Talk や Book Talk については
わたしが意見や感想を述べたくなってしまいます。本当はそれを抑えて、
受講生同士で意見や感想を言い合って、一緒に伸びていくという風にしたいのだけれども、
どうも、わたしが口を出してしまう・・・ どこかで何かしないければいけませんね。

で、わたしが少々興奮して何度も感想を述べることになったのが、
「名作絵本のYouTube風」で、(名前がまだ一定しませんが)Frさんによると、
思い入れのある絵本は聞こえてきた朗読をそのまま真似したくなる、ということです。
その結果、リズムもメロディーも声の出し方も、声の高さの幅も、要するに Read-Aloud
全般にとてもよい変化が見られました。

ところで Frさんのお気に入りは Neil Gaiman。絵本は金曜日の K さんが貸してくれたという
The Dark。 この絵本は物語がLemony Snicket、絵が Jon Klassen、朗読がNeil
Gaiman という豪華本!

Frさんは、中でも Neil Gaiman がもう大好きでたまらない様子で、
そのせいだろうか、カタカナ英語をほぼ完全に脱している!
Frさんの bite-size は超えている文も、ちゃんと聞きやすく朗読できていました。
一部、ながーい文はさすがに教室音読風になりかかっていましたが、ひょっとすると
シャドーイングよりも変化の現れ方が早く、全般的かもしれない。
もしそうだったら、これはたくさんの人に朗報ですね。今後の変化に注目しましょう。

(やはり多読も音も 愛 ?)

Neil Gaimanは The Graveyard Book が出たときに、朗読しているのが作者本人だということ、
その作者がイケメンだということで評判になりました。次回はなんと、絵本のページを
プロジェクターで見ながらFrさんに朗読をしてもらうことに!

11月20日 木曜多読講座(英語)の報告!

大ニュースはMさんが Because of Winne-Dixie を楽しんだこと!

Mさんはまず Winne-Dixie のDVDを字幕なしで楽しんだあと、本を読んだそうです。
その時、読みながら映画の画面が頭に浮かんだそうです。
それこそ、文字から「絵=映像」がイメージできるという、本当の理解だと思います。
多読的精読とはそういうことだとこのブログで書きましたね。それがそのまま
Mさんの頭の中(心の中?)で起きたのだと思われます。
Mさん、報告をありがとう!

もう一つ・・・ 木曜日の「話す・書く中心クラス」の四原則を覚えていますか?
覚えている訳はないと思うので、再掲すると、
※参加者同士で道を見つけていく
※話し言葉で話す、話し言葉で書く
※すべて一口大から!
※やさしい英語の吸収はこれまで通り続ける
ですが、その中の 「参加者同士で道を見つけていく」を今回少し実践してみました。

Frさんにfacilitatorになってもらって、講座の進行を任せたのです。
さっと引き受けてくれて、さっさと指示を出してくれたことがうれしかった!少しずつ、わたしは横で見ていて、受講生同士で道筋が見つからないときにだけ
口を出すようになっていくといいと思っています。
(ところが途中でわたしはFrさんに任せたことを忘れて口を出してしまいました。反省・・・)
受講生のみなさんは基本的にいずれ支援者になってほしいと思っているので、
余計に仲間が「助け合い、刺激し合う」方向が大事だと考えています。

Bite-Size Book Talk では、Fjさんの先々週のB-S B/Tが短い文をつないで、
気持ちを込めて、とてもよかったので、この日は受講生全員を前に再演してもらいました。
bite-size はなかなかわかりにくいのですが、それでも少しずつ浸透してきたように見えます。

最後に、これも大ニュースだった・・・!
次回から、講座修了後に「おしゃべり会」を開くことになりました。
いつもは近くの中華屋さんでほぼ全員参加で昼ご飯を食べるのですが、
11月27日にはお弁当を持ち寄って、12時半から1時間、英語(日本語混じり)でおしゃべり会を
やります。

みなさん、メーリング・リストでは間違いを気にせずにどんどん書くことが当たり前になってきました。
次回の試みがうまく行って、みんなで間違いを気にせずに英語で話す、日本語混じりで語り合う、
そうなっていくといいですね。どうなるか、楽しみにお待ちください!

11月6日 木曜多読講座の報告(英語)!

朝10時、講座を始める準備をしているとYさんが「おはようございます」と現れて、
Yさんの地元の図書館に「図書館多読への招待」が入って、Yさんが働きかけたところ、
多読本購入が始まりそうだというよい報告。

わたしが「多読用図書が入ったら、Yさん、多読サークルを作って、支援をお願いします!」と言うと、
「そうなるといいですね」と応えてくれました。図書館多読の基本的な形が東京西部で始まるといいな!

で、そうこうするうちになんとこの日は全員出席! 8月以来のことですね。
そして本棚の前に立って本の情報交換が始まりました。
みなさん一緒に昼ご飯を食べに行くので、早めに借りる本を選んでおこうというわけです。
このごろはいつも始まってから15分、20分くらいはそうやってなごやかなおしゃべりが続きます・・・

続きを読む