Oxford Owl:多読の定番「ORT」が無料で読める! 登録の手順と使い方

LINEで送る
Pocket

Oxford Owl は、ORT (Oxford Reading Tree) を含む多読のはじめの一歩にふさわしい「やさしい絵本」が無料で200冊近く読めるウェブサイトです。インターネットにつながるパソコンやタブレット端末さえあれば、「誰でも・どこにいても」やさしい絵本が楽しめます。サイトは英語で書かれていますが、使い方にはすぐ慣れるでしょう。利用するには簡単なアカウント登録が必要です。このページでは、登録の手順と使い方を解説します。

本記事の内容は2018年6月執筆時点での情報です。正しい情報を提供することに務めていますが、情報が古くなったり、ご利用環境により操作方法が異なる場合があります。当サイトでは記事の内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

アカウント登録の手順

● 準備するもの

アカウント登録に必要な情報は次の3つです。

  1. 名前: 名前+苗字の形で。
  2. メールアドレス: 確認メールが届くため、実際に使えるもの。
  3. パスワード: 小文字と大文字の組み合わせで8桁以上。

● 登録する

名前、メールアドレス、パスワードを設定して、確認メールを受け取り、メール中の「Confirm(確認)」ボタンから再びサイトにアクセスすることで登録が完了します。

① 名前、メールアドレス、パスワードの入力

  • (A) トップページ の右上の「Join us」をクリックします。
  • (B) About you の I am a に続くところは「parent」にチェックをいれます。
  • (C) First name、Last name の欄にそれぞれ名前と苗字を入力します。
  • (D) Your email address の欄にメールアドレスを入力します。
  • (E) Your password の下の Create password、Confirm password の欄にパスワードを入力します。
  • (F) 内容を確認して、「Step 2」ボタンをクリックして次に進みます。
Oxford Owl 画面キャプチャ Oxford Owl 画面キャプチャ

② 利用規約に同意する

  • (G) 下の方の「I accept the Terms & Conditions of use」と「私はロボットではありません」のところにだけにチェックを入れます。(※)他はすべてそのままで結構です。
  • (H) 「step3」ボタンをクリックして次へ進みます。
  • (I) 次の画面が表示されたら、登録したメールアドレスに確認メールが届きます。

※チェックを入れると利用規約に同意したことになります。

Oxford Owl 画面キャプチャ Oxford Owl 画面キャプチャ

③ 確認メールを受け取って、登録を完了する

  • (J) 登録したメールアドレスに確認メールが届いたら、メール中の「Confirm」ボタンをクリックします。再びブラウザが開いて Oxford Owl のサイトが表示されたら登録完了です。
Oxford Owl 画面キャプチャ

使い方

登録が済んだら、無料 eBook 一覧ページ から絵本を読むことができます。ただし、登録したメールアドレスとパスワードで「ログイン」する必要があります。

◎すでにログインしている場合

画面右上に「Hello(登録した名前)」と「Log out」と表示されていれば、すでにログインしています。

◎まだログインしていない場合

画面右上に「log in」と表示されていたら、まだログインしていません。「log in」をクリックして、「Username」の欄にメールアドレスを、「Password」の欄にパスワードを入力します。そしてすぐ下にある「Loginボタン」をクリックしてログインします。

ログインしたら、ずらっと並んでいる書影の中から、読みたいものをクリックします。すぐ横に表示される「Read eBook」をクリックすると本が読めます。

Oxford Owl 画面キャプチャ Oxford Owl 画面キャプチャ Oxford Owl 画面キャプチャ
LINEで送る
Pocket

英語多読 体験会 【無料】

毎月開催している体験会では、はじめての方に向けて多読の考え方をわかりやすく説明します。そして実際にその入り口をたっぷり体験することができます。多読のことがよくわかると好評です!

詳しくみる

多読講座

やさしい絵本を含む15,000冊以上の蔵書から、最大19冊まで貸し出します。講師による助言と受講生同士の交流があれば、本選びに悩むことはありません! 最高の環境で楽しく多読を続けられます。

詳しくみる

この記事を読んだひとは、こんな記事も読んでいます。