みんなのおすすめ
〈図書館子どもまつり
@おおぶ文化交流の杜図書館 編〉

LINEで送る
Pocket

2021年7月27日、28日におおぶ文化交流の杜図書館で行われた「図書館子どもまつり」に、多読を紹介する部屋が出展されました。そこで展示されたおすすめ絵本や動画を紹介します。

このページで紹介する展示内容は、同図書館の多読サークル「英語で本を読み隊」のカイさん(NPO多言語多読正会員)と、カイさんの呼びかけで集まった多読仲間のみなさんが企画・制作したものです。

はじめはここから
〜はじめて英語の本を読むあなたに読んでほしいシリーズ10作品です〜

The Library

Oxford Reading Tree(ORT)シリーズ
by Roderick Hunt (Author), Alex Brychta (Illustrator)
The Library
キッパーくんがお父さんと一緒に図書館に行きます。好きな本は見つかったかな? 全部で数百冊あるORTシリーズの中でも、まず最初に読んで欲しい文字なし絵本の一冊です。イギリスの図書館って、どんな感じなんでしょう?絵をよく見て、日本と同じところ、違うところを探しながら読んでみると楽しいですよ!(noA)
シリーズ紹介
主人公のキッパーくんとその家族の日常を描いた、子どもから大人まで幅広い世代の方に大人気のシリーズです。個性豊かなキャラクターと、ストーリーの最後のオチは必見!舞台であるイギリスの生活を疑似体験してる気分になれます!(noA)

Biscuit

Biscuit シリーズ
by Alyssa Satin Capucilli (Author), Pat Schories (Illustrator)
Biscuit
大人気のビスケットシリーズの代表的な1冊。まず表紙のビスケットが、可愛い! 今にもしっぽを振って、飛び出してきそうです。内容は、ビスケットの紹介から始まります。そして飼い主の女の子が、「さぁ、寝る時間よ」とビスケットに声をかけるのですが、そのたびにおもちゃや、お菓子などを欲しがってなかなかベッドに行かないビスケット。甘えん坊のビスケットが寝るまでのかわいい、かわいいお話です。(ナナ)
シリーズ紹介
I can Read Book の人気シリーズの一つで、かわいい犬のビスケットが主人公です。ビスケットと飼い主の女の子のかわいらしさに、女の子はもちろん男の子も大人も微笑まずにはいられないでしょう。英文はシンプルで、1ページに2、3行なので、すぐに読めます。可愛いイラストと分かりやすい英語で、ストレスなくお話が楽しめると思います♪(ナナ)
※みんなのおすすめでも紹介されました。
同じパターンの繰り返しで読みやすいのに、飽きずに読める。そして絵が可愛い??(かなちゃぴん)
Woof! Woof! と鳴くBiscuitがとてもかわいいです。(カエデ)

There is a Bird on Your Head!

Elephant and Piggie シリーズ
by Mo Willems (Author, Illustrator)
There is a Bird on Your Head!
ある日、Geraldの頭に1羽の鳥が! あれ? 僕の頭に何か乗ってない? Piggyに尋ねるGerald。そのうち1羽が2羽になり、巣作りまで始めちゃう。困り果てたGeraldにPiggyがアドバイス。さて、その結末は? 最後のオチが最高!(プリン)
シリーズ紹介
GeraldとPiggyの掛け合いが楽しいシリーズ。なんと言っても絵がかわいいし、吹き出しも色違いになっていてわかりやすい。繰り返されるフレーズは絵本の鉄板。2人の友情も魅力的。(プリン)

Potty

赤ちゃんシリーズ
by Leslie Patricelli (Author, Illustrator)
Potty
オムツ外しの絵本です。おしっこにいきたいの。オムツにしちゃおうかな? ダメダメ、おまるにいきたいの。猫はどうするのかな? 犬はどうするのかな? もうがまんできない~ さて、おしっこできるかな?(カイ)
シリーズ紹介
頭のてっぺんのくるくるっとした一本の毛がチャームポイントな赤ちゃん(もう歩けるよ)が主人公です。赤ちゃんの日常を1ページに1行ぐらいの言葉と絵で描いています。このシリーズ、とにかくかわいい、抱きしめたいくらいにかわいい。 オムツの事をアメリカ英語でDiaper、イギリス英語でNappyと言います。同じ内容でアメリカ版とイギリス版、2つの絵本があるのも楽しいです。(カイ)

Pete the Cat: Too Cool for School

Pete the Cat シリーズ
by James Dean (Author, Illustrator)
Pete the Cat: Too Cool for School
「今日は学校に何を着て行こうかな?」誰もが考えたことのある、なんてことない疑問でも、ピートにとっては大問題! 困ったピートは、みんなにかっこいいと思うファッションについて聞いてみることにしました。さて、ピートはどんな格好になったでしょう? 最後の一文が胸に刺さります。(noA)
シリーズ紹介
アメリカで大人気の絵本がシリーズ化! 猫のピートは、素直で優しい男の子。たまにちょっとやりすぎて失敗しちゃうこともあるけど、お友達や家族と一緒に解決! かわいいイラストと、ピートの微笑ましい言動が魅力の作品です。(noA)

Watch Your Step, Mr Rabbit!

Richard Scarry の作品
by Richard Scarry (Author, Illustrator)
Watch Your Step, Mr Rabbit!
「歩きスマホ」ならぬ「歩き新聞」のラビットさん。案の定、困ったことになっちゃいました。さて、どうやったらラビットさんを助けられるでしょう? よ~く見ると、おかしな物をかぶっている動物もいますよ~(ようこ)
シリーズ紹介
リチャード・スキャリーの絵本は、レトロでほのぼのした雰囲気が何とも言えない魅力で、見ているだけで癒されます。主人公以外にも、たくさんのキャラクターや、さりげなくおかしい物が描かれていて、子どもも大人も楽しめること間違いなしです!(ようこ)

When Tiny Was Tiny

Tiny シリーズ
by Cari Meister (Author), Rich Davis (Illustrator)
When Tiny Was Tiny
くつやかばんやポッケに収まってしまうほど小さかったTiny。でもあっという間に成長し、今では少年よりずっと大きい…大きすぎる! ところが気持ちは子犬のころのままだから色々やらかします。でもね、できるようになったこともたくさん。成長したね、Tiny👍(ktb)
シリーズ紹介
大きな犬Tinyと少年の交流に思わず笑みがこぼれる人気シリーズ。字は少ないのにちゃんと展開があって、ほっこりする落ちが待っています。かわいらしい絵から伝わってくるふたりの信頼と思いやりがなんとも心地いい。どの巻から読んでも楽しめます。(ktb)

Clifford the Big Red Dog

Clifford シリーズ
by Norman Bridwell (Author, Illustrator)
Clifford the Big Red Dog
Emilyの飼っているCliffordは、赤くてどんな犬より大きな犬。かくれんぼしても、お家より大きなCliffordはすぐ見つかってしまいます。大きすぎて追いかけられたライオンもびっくり。ごはんをあげるのもお風呂に入れるのも大仕事です。やさしいCliffordには全く悪気はないのに、大きすぎてドタバタになってしまうことばかり。(acha)
シリーズ紹介
シリーズでたくさんのお話があり、クリスマスやハローウィン、バレンタインといった季節ごとのお話もあります。また子犬だったときは、どんな子犬より小さく生まれ、小さすぎて苦労ばかり。そんな子犬のときのお話が描かれた”Clifford’s First…”シリーズもおすすめです。(acha)

Puppy Mudge Takes a Bath

Puppy Mudge シリーズ
by Cynthia Rylant (Author), Isidre Mones (Illustrator)
Puppy Mudge Takes a Bath
Mudgはどろんこが大好き!今日もどろどろの中を転げまわって、ご機嫌です。たっぷり遊んだ後は、おふろタイム! でも、あちこち逃げまわって、Henryを困らせるMudge…。なんとかおふろに入って、さっぱりしたと思ったら…Mudge、今度は、庭で大好きな穴ほりをはじめちゃいました! そして、穴から出てきたのは、なんと! ああ、いろいろあった1日。でも、やっぱり最後は、2人のうれしそうな顔にほっこりです。(えんどう)
シリーズ紹介
男の子Henryと愛犬Mudgeのおだやかな毎日を描いたシリーズ。かわいい2人の表情と1ページ1行のやさしくあたたかい言葉から、2人がお互いにかけがいのない存在だということが伝わってきます。このシリーズが気に入ったら、もうひとつ上のシリーズで、ちょっぴり成長したHenryとMudgeにまた会えるのも楽しみ!(えんどう)

I Spy a Candy Cane

I Spy シリーズ
by Jean Marzollo (Author), Walter Wick (Illustrator)
I Spy a Candy Cane
クリスマスツリーにがらくた置き場。ぎっしり詰まったカラフルな雑貨の写真の中から、いろいろなものを「ミッケ」てみましょう。(acha)
シリーズ紹介
Scholasticのシリーズは小さな子どもにもやさしいように、左側のページに言葉とヒントの写真がついています。お友達や家族の人と一緒にあそぶともっと楽しいですよ♪ 本に書いてあるものをぜーんぶ「ミッケ」られたら、自分でも問題を作ってみましょう。本家の「ミッケ」”I Spy Christmas: A Book of Picture Riddles” は写真が大きくなって探すものも難しくなって大変!ですが、いつか挑戦してみて下さい。 時間が経つのも忘れて夢中になってしまうでしょう。(acha)

2ぶんのないえほん
〜文字がなくてもそこには物語が広がっています〜

Journey

Aaron Becker’s Wordless Trilogy #1
by Aaron Becker (Author, Illustrator)
Journey
女の子が部屋で拾ったふしぎな赤色のマーカーで描いたドアを開くと、壮大な冒険が始まります。そのマーカーで描いたボート、気球、空飛ぶじゅうたんに乗って、捕らわれた紫の鳥を助けだせ!よく見ると、あれ?日本の武士がいますよ。そして最後、紫の鳥について出会ったのは。まだまだ物語は続きます。Journey3部作の1作目です。(zoozoo) 

Quest

Aaron Becker’s Wordless Trilogy #2
by Aaron Becker (Author, Illustrator)
Quest
紫の鳥に連れられ出会った、紫色のマーカーを持った男の子と、捕らわれたの王様から手渡された6色のにじいろの地図をもとに、ふしぎなマーカーを6本手に入れます。紫の鳥を狙う武士たちも登場し危うい中、最後は無事に王様を助け出せるでしょうか。Journey3部作の2作目です。(zoozoo)

Return

Aaron Becker’s Wordless Trilogy #3
by Aaron Becker (Author, Illustrator)
Return
男の子、王様に次いで、女の子のお父さんが不思議な世界が入ってきました。紫の鳥を狙う武士との戦いは『Journey』『Quest』と続きます。お父さんが仲間入りして、女の子は心強そうです。3作とも色彩の美しい素晴らしい絵本です。Journey3部作の3作目です。(zoozoo) 

The Lion & the Mouse

by Jerry Pinkney (Author, Illustrator)
The Lion & the Mouse
イソップ物語の一つ「ライオンとねずみ」です。まずは、サバンナに生きる野生動物の生きる様を、力強く美しい絵で隅々まで堪能してください。そうしているうちに、誰もが知っているあの短い寓話が、一つの映画のように息を吹き返しますよ。2010年のコルデコット賞受賞作。(ゆりこ)

Tuesday

by David Wiesner (Author, Illustrator)
Tuesday
火曜日の夜は、何かが起こる…。少し怪しげな雰囲気の表紙。ドキドキしてページをめくると、そこには衝撃の光景が!! 有名な絵本作家さんによるファンタジー作品です。1ページ1ページとても丁寧に描写されていて、何度も読み返したくなります!文字がなくてもこんなに笑えるんだ、文字がないからこそこんなにも自由に楽しめるんだと思わせてくれる作品です。(noA)
※みんなのおすすめでも紹介されました。
Tuesdayの火曜日の夜に何か起こりますよ!変だよ、変だよ!!わぁ~!!!(酒井邦秀)

Flotsam

by David Wiesner (Author, Illustrator)
Flotsam
“FLOTSAM” 一体何のこと? あなたは思うでしょう。表紙をめくると、そこは夏の海辺。波打ち際にうちあげられたカメラを男の子が拾い上げる。カメラが捉えた海中の不思議な世界に私たちは魅了される。時を超えて漂い続けるカメラの秘密はフィルムを見た者だけが知る。最後のページを閉じたとき、FLOTSAMの疑問も解決しているはず。ノスタルジックで不思議な世界観がたまらない。私の一番好きなWisenerの作品です!(プリン)

Belonging

by Jeannie Baker (Author, Illustrator)
Belonging
荒んだ都会に越してきた若い夫婦。そこに生まれた女の子の部屋の窓から見える景色を、年々追っていく。窓の外の建物や看板が変わるのは常だけど、落書きが塗り消され、少しずつ緑が増えていく。女の子の成長が窓枠に見える。背が伸び、友達ができ、化粧を覚え、そして恋を知り…。四半世紀の物語、ゆっくり味わってください。(ゆりこ)
※姉妹編に WindowHome など

The Snowman

by Raymond Briggs (Author, Illustrator)
The Snowman
ある雪の朝、男の子はさっそく雪だるまを作ります。夜になっても、男の子は雪だるまのことが気になって眠れません。そーっとベッドを抜け出して、外へ見に行くと、なんと雪だるまが動いてあいさつ! みんなを起こさないように静かに、男の子は雪だるまをお家に招待します。楽しい楽しい時間を過ごした後、こんどは雪だるまが男の子を連れて空の旅へ。さいごはちょっと切ないのですが、心が温まるイラストとお話です。(acha) 

Sidewalk Flowers

by JonArno Lawson (Author), Sydney Smith (Illustrator)
Sidewalk Flowers
お買い物帰りのお父さんと女の子。「あ、たんぽぽ」白黒の街、女の子の赤いコートとたんぽぽの黄色だけが世界の色です。道に咲くたくましい雑草の花たちを集めていく女の子。街に少しずつ色が増えます。集めた花を小鳥に、寝ているおじさんに、犬にあげましょう。色づいていく世界が美しい絵本です。(カイ) 

The Red Book

by Barbara Lehman (Author, Illustrator)
The Red Book
真っ赤な表紙の本を拾った都会に住む女の子、絵本の中の、南の島に住む男の子にどうしても会いに行きたくなります。どうやって? 海を越え、大地を越え、無限に広がる絵本の世界が起こす奇跡。壮大な恋愛映画みたい! 真っ赤な本を拾ったら、アナタにもそんな奇跡が起こるかもしれませんよ。(ゆりこ)
※続編に Red Again、同作者による文字なし絵本に The Secret BoxMuseum TripRainstorm など

3みんなのおすすめ
〜「はじめて多読をする方に紹介したい1冊」を教えてもらいました〜

Mr Wuffles!

by David Wiesner (Author, Illustrator)
Mr Wuffles!
WUFFLESくんは値段のついたおもちゃを沢山持っていますが、興味を持ったものは! ななななんと、宇宙語を話す人?が乗ったUFO。もし、自分がこの宇宙人の一人だったら…なんて想像するのもワクワクします。私達宇宙語って学校で教えてもらいませんが、この本で宇宙語がわかるって、すごいですよね。素敵な絵を存分に楽しんでください。(Natubon)

Fetch!

Oxford Reading Tree(ORT)シリーズ
by Roderick Hunt (Author), Alex Brychta (Illustrator)
Fetch!
最初「字のない絵本から多読を始める」ということに大きな衝撃を受けましたが、これは今でも大好きな絵本の一つです。お話を辿っていくとfetchの意味が何となくわかりますが、たとえ?で終わっても、季節を感じたり、kipperの生活を覗き見する楽しみがあります。(さばとら)

Don’t Let the Pigeon Drive the Bus!

Pigeon シリーズ
by Mo Willems (Author, Illustrator)
Don't Let the Pigeon Drive the Bus!
一生懸命読み手に話しかけるpigeonが必死すぎて笑えます。表情豊かなpigeonを見たくなって何度も読み返してしまうこと間違いなし!(sachi)

The Snowman

by Raymond Briggs (Author, Illustrator)
The Snowman
多読を始めて15年近く経ちますが、冬になると毎年読む、多読で初めて心を動かされた絵本です。表紙を見たときは「かわいい!」と思ってワクワクしましたが、最後の”gone”という表現に出会ったとき、寂しさや切なさ、様々な想いが自分の中から溢れてくるのを感じました。Raymond Briggsさんのイラストはもちろん、言葉選びも大好きです。(noA)
最後の一言が効くのです!(酒井邦秀)

Ducks in Muck

by Lori Haskins (Author), Valeria Petrone (Illustrator)
Ducks in Muck
Duck, Muck, stuck, truck と韻を踏んでいたり、話の展開も楽しいところが好きです。音読向きかな。(プリン)

Yo! Yes?

by Chris Raschka (Author, Illustrator)
Yo! Yes?
Yo! Yes! も好きな絵本。ただ、多読をはじめてすぐより、少し読み進めてきたときのほうが「ああ!」ってなるかも。(プリン)
※姉妹編に Ring! Yo?

Yummy Yucky

赤ちゃんシリーズ
by Leslie Patricelli (Author, Illustrator)
Yummy Yucky
お子さんから大人までどなたでも、読みながら笑顔になって、読み終わると(読んでいる途中でも)タイトルの意味がわかった!と嬉しくなる本です。学校では習わない日常的な言葉がいくつもでてきますが、絵からすぐにわかっちゃいます。音読がおススメです。(みさた)

Maisy Drives the Bus

Maisy シリーズ
by Lucy Cousins (Author, Illustrator)
Maisy Drives the Bus
イギリスの絵本作家ルーシー・カインズの人気シリーズで、主人公はネズミの女の子Maisyちゃん。この本ではMaisyちゃんがバスの運転手になり、バス停ごとにいろんな動物のお友達が乗ってきます。かわいいイラストと鮮やかな色使いが魅力です。(ナナ)

Bears in the Night

by Stan and Jan Berenstain (Author, Illustrator), Jan Berenstain (Author
Bears in the Night
ベッドで寝ようといしていた7匹のくまの兄弟が、外からの鳴き声を聞き、ベッドを抜け出し、声の主を突き止めようとするお話です。軽妙なイラストとリズミカルでシンプルな英文でお話が楽しめます。前置詞の使い方が楽しいイラストでわかるのもおすすめポイントです。(ナナ)

Mrs. Wishy-Washy

by Joy Cowley (Author), Elizabeth Fuller (Illustrator)
Mrs. Wishy-Washy
きれい好きな Mrs. Wishy-Washy 動物たちをごーしごし! たすけてー 何回読んでもにっこり、ほっこりできます。(ゆきんこ)

Titch

by Pat Hutchins (Author, Illustrator)
Titch
文字数も多くなく、読みやすく、挿絵がかわいい。(こと)

Pals

Word By Word First Reader シリーズ
by Michael Rex (Author, Illustrator)
Pals
ひとつの絵にひとつの言葉だけでお話をつくる”WORD by WORD”のシリーズです。ある夜UFOがやってきて、宇宙人が男の子のお部屋へ入ってきます。絵だけでお話が分かるので、とってもやさしいです。自分の言葉でお話をつくっていっても面白いですよ!(acha)

Wolf in the Snow

by Matthew Cordell (Author, Illustrator)
Wolf in the Snow
雪山で迷子になった女の子が、群れからはぐれてしまったこどもの狼と出会います。女の子は(自分も遭難しているのに)必死で狼の子を守り、母狼のもとに返すことができたのですが、ついに女の子が力尽き果て…。途中の展開に「!」文字は、擬音のみです。ゆっくりゆっくり味わってページをめくってください。(ゆりこ)

Little Mouse’s Red Vest

by Yoshio Nakae (Author), Noriko Ueno (Illustrator)
Little Mouse's Red Vest
日本の絵本「ねずみくんのチョッキ」の英語版です。ねずみくんがお母さんに編んでもらった赤いチョッキ。ぴったりの大きさで似合っていました。そこへアヒルがやってきて、「いいチョッキだね、ちょっと着せてよ」と頼まれて、貸してあげることに。次々にいろんな動物たちに貸したチョッキは、どんどん伸びてしまいます…。(acha)

Green

by Laura Vaccaro Seeger (Author, Illustrator)
Green
「緑」と言っても、いろんなニュアンスの色があるのですね。この本で色の奥深さを堪能してください。モスグリーン、カーキグリーン、ぐらいなら聞いたこともあるでしょうが、slow green, wacky green, no green…想像できますか? 画集のような、それでいて言葉も楽しめる一冊です。(ゆりこ)

Hi! Fly Guy

Fly Guy シリーズ
by Tedd Arnold (Author, Illustrator)
Hi! Fly Guy
この本は、ハエが主人公のユニークなお話す。気楽に読める分量・豊富な挿し絵で、ハエというちょっと近寄りづらーい題材を親しみを感じるキャラクターに見せてくれます。コミカルな要素が多いので、楽しみながらサクサク読み進められます。シリーズものなので、キャラクターたちの様々な話を楽しめるのも良い所です。(おおぶ図書館スタッフ)

The Queen’s Hat

by Steve Antony (Author, Illustrator)
The Queen's Hat
女王様の帽子が風に飛ばされてしまいました。みんなで追いかけますよ。ちょっとしたロンドン観光も出来て、ウォーリーを探せやミッケのように隠れた物を探す楽しみもあって、とっても素敵な一冊です。入門編にピッタリの絵本です。(カイ)

We’re Going on a Bear Hunt

by Michael Rosen (Author), Helen Oxenbury (Illustrator)
We're Going on a Bear Hunt
繰り返しが楽しい絵本です。長い草、広い川、泥々のぬかるみ、深い森、数々の困難を乗り越えてくまは見つかるでしょうか?前半の元気の良さと後半の展開の速さが大好きです(後半は一気呵(いっきか)成(せい)のドッタバタ)。入門編としてオススメの一冊です。(カイ)

Fox in Socks

by Dr. Seuss (Author), Theodore Geisel (Author)
Fox in Socks
英語の魅力はなんと言ってもこのテンポの良いリズムではないでしょうか? そのリズムを存分に楽しめる一冊です。深いことは考えず、軽快なリズムに乗りながら、ただただ音を楽しんでみてください! 音と一緒に声に出して読むと更に楽しめます! 普通に読むのも、ラップのように読むのもありです! ただし舌がこんがらがるのでご注意を!笑(Shania)

My New Boy

by Joan Phillips (Author), Lynn Munsinger (Illustrator)
My New Boy
犬は男の子をペットだと思っている!(酒井邦秀)

Just a Mess

Little Critter シリーズ
by Mercer Mayer (Author, Illustrator)
Just a Mess
アメリカの絵本作家、Mercer Mayer の「Little Critter」シリーズの1冊。主人公はやんちゃな男の子 Little Critter で、お父さん、お母さん、妹との日常生活が描かれています。今回は、お母さんに部屋を言われて部屋を片付けるのですが、男の子らしい片付け方が微笑ましいです。(ナナ)

A Death in Oxford

Cambridge English Readers
by Richard MacAndrew (Author)
A Death in Oxford
目をつけるところはそこだったのか~と思います。簡単な英語なのに読んでいて楽しいです。Oxfordにあるthe Leighton ClinicでドクターLeightonが殺された。容疑者としてあがったのが、最近クリニックを首になったドクターCollins、ドクターLeightonの夫と息子の3人。誰もが動機を持っている。真犯人は誰なのか。(トッコトーン)

Let Me Out!

Cambridge English Readers
by Antoinette Moses (Author)
Let Me Out!
ぼくはNOLAN。Johnが作ってくれたロボット。掃除もするし、珈琲も作るよ。Johnはぼくはロボットだから感情がないって言うけど、ぼくには怒りの感情もあるし、悲しいと感じたりもする。どうしてわかってくれないのかな…。 NOLANとJohnのちょっとした行き違いから、物語は意図しない方向に進んでいく、SFホラー・ストーリー。(トッコトーン)

Play with Me

by Marie Hall Ets (Author, Illustrator)
Play with Me
活き活きした表現ってこういうのか! と感動した1冊。絵を見ながらじっくり楽しむのに最適でした。GRの教科書っぽい感じが苦手だけど絵本は難しいし、と困っている方に試してほしい絵本です(tane)
1955年初版。この本からは柔らかなお日様の温もりと頬をくすぐるような風が、優しく感じられます。野原で小さな女の子が、生き物達に「あそぼ」って声を掛けます。なのにみんな逃げていく。なら今度は息を潜めて、ただじーっとしてみよう。そしたら…。たまごいろの背景に心癒されます。(ゆりこ)

There’s a Monster in Your Book

by Tom Fletcher (Author), Greg Abbott (Illustrator)
There's a Monster in Your Book
なんて可愛いモンスターえっ、でも本を食べ始めた?! さぁ! 一緒に追い出しましょう。本を吹いてみたり、回してみたり、本の言うとおりに。是非本を手にとってたくさん遊んでください。言葉がわからなくてもYouTubeで作者を真似するだけでokです。(Natubon)

Where’s My Teddy?

by Jez Alborough (Author, Illustrator)
Where's My Teddy?
大き目サイズの絵本の見開きに森がどーんと描かれていて、主人公の男の子がえらく小さい…あれ? 大き過ぎない? もったいないくらいに森が大きく描かれていた理由、わかってきます。なくしたクマのぬいぐるみを探すエディ。「見つけた!」と思ったのも束の間…(ゆりこ)

Curious George

Curious George シリーズ
by H. A. Rey (Author)
Curious George
日本でも有名なおさるのジョージが活躍する第一作。意外と難しい単語が使われているのですが、かわいいイラストだけでも内容が理解出るので初心者におすすめです。(masterkeiji)

Fortunately

by Remy Charlip (Author, Illustrator)
Fortunately
カラーの幸運のページと、モノクロの不幸のページが交互に展開され、ドキドキしながらあっという間に読み進められます。私は終わった後「あれ?何かおかしくないか?」と思ってもう一度最初から読み返しました。その場で仲間と共有して語り合いたい絵本です^ ^(さばとら)

The Tiger Who Came to Tea

by Judith Kerr (Author, Illustrator)
The Tiger Who Came to Tea
ドアを開けたらチャーミングなトラさんが。「私、とってもお腹が空いてるんです。あなた達一緒にお茶をする事は出来ますか?」とっても丁寧なトラさんですが、サンドイッチもビスケットもケーキも、テーブルの上のものを全部食べてもまだお腹が空いてます。だんだん無茶苦茶するトラさんがかわいい?。私がこどもの頃から大好きな一冊。入門編としておすすめです。(カイ)

Harold and the Purple Crayon

by Crockett Johnson (Author, Illustrator)
Harold and the Purple Crayon
紫のクレヨンが夢を実現!(酒井邦秀)

The Old Woman Who Named Things

by Cynthia Rylant (Author), Kathryn Brown (Illustrator)
The Old Woman Who Named Things
Mr. Putter & Tabbyシリーズ、他でも多読でお馴染みの作者の絵本です。大人になり、子供の読む物だと思っていた絵本で心揺さぶられました。(雫)
※紹介者の雫さんが多読をはじめたころ(なんと16年前)の感想を引っ張ってきてくださいました。

The Philharmonic Gets Dressed

by Karla Kuskin (Author), Marc Simont (Illustrator)
The Philharmonic Gets Dressed
オーケストラの舞台裏の様子の挿絵がとってもユニークで、一人一人がアニメーションのように動きそう! ラフに見える挿絵だけど細かい表情まで楽しめます。何度も読んでしまう本です。(雫)
※紹介者の雫さんが多読をはじめたころ(なんと16年前)の感想を引っ張ってきてくださいました。

The Library

by Sarah Stewart (Author), David Small (Illustrator)
The Library
エリザベスはとても読書が大好き。他の子供たちがするようなことも彼女は興味がありません。エリザベスの本はどんどん増えていきます。とうとう本は天井まで届くようになってしまいました。エリザベスはどうするでしょう。柔らかな絵とあちこちにさりげなく登場する猫。読書好きが大好きになる絵本です。(雫)
※紹介者の雫さんが多読をはじめたころ(なんと16年前)の感想を引っ張ってきてくださいました。

Wacky Wednesday

by Dr. Seuss (Author), George Booth (Illustrator)
Wacky Wednesday
50年以上前からアメリカの子供に絶大の人気作家ドクタースースの絵本です。音遊びがとても楽しく、ユニークでナンセンスな画風が子供にも大人にも大人気な理由です。こちらの絵本は、それらに加えて、毎ページごとに「Wacky」なものを探すというミッケが楽しめてお得感が増します。(ナナ)

The Three Little Wolves and the Big Bad Pig

by Eugene Trivizas (Author), Helen Oxenbury (Illustrator)
The Three Little Wolves and the Big Bad Pig
「さんびきのこぶた」が正反対に? 子供のオオカミたちがせっせと作った家をあの手この手でぶっ壊しにかかる大きな悪ブタ。とにかくこのブタのハチャメチャっぷりは必見です! 多少英語が読めなくても絵で十分伝わりますし、意外な結末もgoodです!(pandaxford)

The Missing Piece

by Shel Silverstein (Author, Illustrator)
The Missing Piece
何度も何度も読み返したくなる本。読む度に感想が変わります。「it」がMissing Pieceを探す旅のお話。「It was missing a piece. And it was not happy.」さて、「it」はMissing Pieceを見つけて幸せになれるのかな?(トッコトーン)

The Promise

by Nicola Davies (Author), Laura Carlin (Illustrator)
The Promise
笑う人なんてひとりもいない、草も生えないような荒んだ都会でスリを繰り返す少女。ある日、ひったくろうとしたカバンの持ち主のおばあさんに「そいつを『植える』と約束するなら、あげるよ」とニヤリと言われて、カバンをゲット。「何を約束したって?」カバンの中にはたくさんのどんぐり…さぁ、彼女はどうするでしょう?(ゆりこ)

When I Was Young in the Mountains

by Cynthia Rylant (Author), Diane Goode (Illustrator)
When I Was Young in the Mountains
作者シンシア・ライラントが幼い頃、親元からアパラチア山脈の村に住む祖父母の元に預けられた日々をつづった自伝的絵本。研ぎ澄まされたシンプルな言葉で、その後の作品の根底に流れる作者の自然、動物、人へのどこまでも優しくあたたかいまなざしの原点に触れることができます。「Henry & Mudge」や「Mr.Putter & Tabby」が好きな方には、超おすすめです!(えんどう)

Port Side Pirates!

by Oscar Seaworthy (Author), Debbie Harter (Illustrator)
Port Side Pirates!
洋書絵本に出てくる海賊って、どうしてこんなに陽気で楽しいんでしょう!ガラの悪い(?)海賊言葉もつい覚えちゃいます。付属のCDと一緒に歌ってみてくださいね。Barefoot booksシリーズでほかにもたくさんあります。Youtubeで “Barefoot books UK singalongs” を検索してみて。絵本が動き出しますよ!(ゆりこ)

Harry the Dirty Dog

Harry the Dog シリーズ
by Gene Zion (Author), Margaret Bloy Graham (Author)
Harry the Dirty Dog
図書館で初めて手にした時、その愛らしい絵にいっぺんに魅了されてしまいました。もちろんお話もテンポよく楽しめます。入門にピッタリな一冊。(DOG HEAVEN)

Frog and Toad Are Friends

Frog and Toad シリーズ
by Arnold Lobel (Author, Illustrator)
Frog and Toad Are Friends
おてがみのはなしが好き!(酒井邦秀)

A Sick Day for Amos Mcgee

by Philip C. Stead (Author), Erin E. Stead (Illustrator)
A Sick Day for Amos Mcgee
動物園の飼育員McGeeさんはきちんとした人で、動物達にもとても丁寧に、心を込めて接します。そんな彼が風邪をひいて動物園をお休みしてしまいました。心配でたまらない動物たちはお見舞いに行くことに…。日頃の恩をここで一生懸命返す動物たちも健気です。優しさに溢れた一冊。(ゆりこ)

Who Was Amelia Earhart?

Who Was シリーズ
by Kate Boehm Jerome (Author)
Who Was Amelia Earhart?
伝記ものの読み物が好きな方にはぴったりなシリーズです。『マリー・キュリー』から、『ブルース・リー』『ビートルズ』など、世界中の有名人の生涯を分かりやすい英語であっという間に読めます。女性飛行士『アメリア・イアハート』を最後まで読んだ時、話にのめり込みすぎて泣いてしまいました。そのくらい英文が読みやすいシリーズです。(zoozoo)

Quiltmaker’s Gift

by Jeff Brumbeau (Author), Gail de Marcken (Illustrator)
Quiltmaker's Gift
世界中の美しい物を集める王様。光り輝く美しい宝物に囲まれても王様は幸せではありませんでした。もっと美しい宝物があれば幸せな気持ちになれるはず。美しいと評判のキルトを手に入れようとしますが、そのキルトを作る女性は、貧しい人の為にしかキルトを縫いません。兵を向かわせむりやり従わせようとしますが…幸せとは何か? 最後の王様の笑顔に涙が出ます。(カイ)

Uncle Jed’s Barbershop

by Margaree King Mitchell (Author), James E. Ransome (Illustrator)
Uncle Jed's Barbershop
ジェドおじさんは馬にのって町をまわる床屋さん。いつかお金を貯めてお店を持つのが夢なの。孫娘のような女の子が病気になった時に、治療の為にお金をたくさん使ったおじさん、しかもその後、銀行が倒産して全てのお金が消えてしまいました。彼の夢は潰えてしまったの?いいえ、おじさんは諦めません。(カイ)

快読100万語!ペーパーバックへの道 (ちくま学芸文庫)

酒井邦秀 著
快読100万語!ペーパーバックへの道 (ちくま学芸文庫)
今から多読をはじめたくなる1冊! 出版から19年経っていますが、今も昔も変わらぬ多読の原点がここにあります。Happy Reading!!(じゅんじゅん)

4えいごでYouTube
〜分からないけど、分かった気がする。多読的YouTubeのススメ。〜

英語で本を読み隊」では、毎回テーマに沿ってYouTubeの動画を紹介しています(※最新の動画紹介はこちら)。図書館子どもまつりでは、はじめての方でも観やすい動画を集めて展示しました。

言葉のない動画
No Words

Mossy Bottom Shorts – Episodes 01-15(15分)

言葉がなくて、ここまで楽しい。くすくす笑えてしまいます。自由な羊ちゃんが大活躍です。どのエピソードもええええぇぇぇ。という展開なのでぜひお楽しみください。(カイ)

Hair Love | Oscar®-Winning Short Film(7分)

髪の毛を結ぶのは慣れないと難しいですよね。お父さんがはじめて娘の髪を結ぼうとするのですが、む、難しい。無理。もう諦めようと説得するのですが、女の子は諦められません。今日は家族にとって特別な日なのです。(カイ)

Submarine Sandwich by PES(2分)

サブマリンサンドイッチを作ります。最初の具材はハム。うん?ボクシングのグローブをスライサーにセットして、え???ハム???えええええ。ちょっとびっくりする具材で作るサブマリンサンドイッチ。ストップモーションアニメーションというテクニックで撮影されています。(カイ)

Danny MacAskill’s Wee Day Out (6分)

自転車でイギリスの田舎をまわります。風景も音楽も良くてとても気持ちの良い動画です。自転車の曲芸にうわぁ。と思わず声が出てしまう作品です。(カイ)

Experience the Underwater World Through the Eyes of a Free Diver(13分)

息を飲むほど美しい海の中の映像です。海の中を走る、よじ登る、突き抜ける。幻想的で夢の世界のよう。(カイ)

宇宙
Space

Wringing out a Water Soaked Washcloth in Space | CSA Science HD Video(3分)

重力のない宇宙で、たっぷり濡れた雑巾を絞ったらどうなると思いますか?雑巾を濡らすやり方も、絞った後の結果もワクワクする動画です。(カイ)

The Space Badge – Hey Duggee Series 2(2分)

アニメ、Hey Duggeeのメンバーが宇宙へ行きます。宇宙には公園はないけど、他にいろいろあるよ!宇宙用語がいろいろ出てきます(カイ)

The Planet Song for Kids(3分)

太陽系の惑星の名前、英語で言えますか?陽気な歌とともに覚えちゃいましょう。(カイ)

Peanut Butter and Jelly in Space(2分)

宇宙でピーナッツバタージェリーサンドイッチを作ります。ピーナッツバターがふわふわ浮かんで移動してる(笑)美味しそうだし、いろんな物が飛んでいってしまわない工夫も楽しいです。(カイ)

umping From Space! – Red Bull Space Dive(4分)

宇宙空間からのスカイダイビングです。本当に本当に命をかけてのダイビング。映像の美しさに圧倒されます。(カイ)

料理
Cooking

How to Make Classic Carbonara(5分)

カルボナーラの作り方。この動画、多読仲間で大人気。勢いのある話し方、作り方。大胆な水の入れ方に笑ってしまいます。(カイ)

Peppa Pig – Pancakes(5分)

イギリスで大人気のアニメ、Peppa Pig です。パンケーを作ります。パンケーキをクルッとかえすのが楽しそう。(カイ)

Maple Syrup Taffy – Sugar on Snow(3分)

雪の上にメイプルシロップを垂らして、キャンディにします。すごーく美味しそう。お家でやるときは、熱したカップが熱くなるのでご注意を。(カイ)

Baked S’more Recipe(3分)

クラッカーに焼いたマシュマロとチョコを挟んだ食べ物、スモア。この動画ではちょっとオシャレなスモアを作ります。料理人さんが、とってもイケメン。(カイ)

Natalie Portman Tries to Keep Up With a Professional Chef | Back-to-Back Chef(17分)

女優、ナタリー・ポートマンさんが料理にチャレンジです。背中合わせ、声による指示だけで料理は作れるのか。ココナッツにドライバーとハンマーでガンガン穴を開ける所が大好き!17分と長いので好きな所だけ見るのもよいかもです。(カイ)

絵本
Books

Michael Rosen performs We’re Going on a Bear Hunt(5分)

きょうはみんなでくまがりだ!作者自らパフォーマンスしながらの読み聞かせです。音楽が耳に残るので、私がこの絵本を読むときは、いつもこの歌を歌いながら読んでます。(カイ)

Dr Seuss – Wes Tank Raps Hop on Pop(4分)

変わったイラストに、リズム良いことばで、ユニークな世界を描くDr. Seuss。話はよくわからなくても音遊びを楽しみましょう♪絵本のアニメ動画や歌える動画がありますが、Wes Tankさんのラップ読み聞かせは一押しです!。(acha)

Eric Carle reads The Very Hungry Caterpillar(2分)

邦題:はらぺこあおむしを作者であるEric Carleさんが読み聞かせをしてくれます。優しくて温かい声が心地よいのです。日本語でも何度も読んだなぁ。(カイ)

Mog’s Christmas Calamity(3分)

おちゃのじかんにきたトラの作者Judith Kerrさんの作品、Mog ちゃんの絵本が実写化されました。作者のJudithさんもこっそり出演しています。Mogのかわいさとご近所の方のやさしさに温かい気持ちになります。(カイ)

オーディション
Got a talent

Young Man Get Howie’s Golden Buzzer |America’s Got Talent 2017(5分)

16歳のティーン。最後「今、この瞬間に君は何を望むの?」の所で、うわ!っと感動がこみ上げる。(カイ)

Grace VanderWaal: 12-Year-Old Ukulele Player Gets Golden Buzzer – America’s Got Talent 2016(5分)

12歳のシンガー。歌声もリズムもすべてがオリジナル。魅力あふれる歌声です。(カイ)

Darci Lynne: 12-Year-Old Singing Ventriloquist Gets Golden Buzzer – America’s Got Talent 2017(4分)

素晴らしい歌声のうさぎちゃん。え?うさぎ?そう、うさぎです。12歳の女の子が腹話術で歌い上げます。(カイ)

The 100 Voices Of Gospel go for gold! | Week 2 Auditions | Britain’s Got Talent 2016(7分)

元気で楽しいコーラスです。歌声もパフォーマンスも最高です。(カイ)

Josh Daniel sings Labrinth’s Jealous | Auditions Week 1 | The X Factor UK 2015(8分)

2年前に亡くなった親友に歌う。歌詞に、歌声に涙が溢れます。(カイ)

Mandy Harvey: Deaf Singer Earns Simon’s Golden Buzzer With Original Song – America’s Got Talent 2017(6分)

耳が聴こえないシンガー。靴を脱いで、床からのビートを感じて歌います。優しく儚げな歌声。会場全体の感動がこちらまで届くようです。(カイ)

アメリカ・イギリスのこども
Kids

Super Sam | Stella and Sam(12分)

仲良し姉弟のStellaとSam。今日は身近な仲間のスーパーヒーローになります。ちょっとしたごっこ遊びなのですが、ほのぼのします。このアニメシリーズ、とても温かい内容で大好きです。(カイ)

Getting Our Kids Excited about Reading(7分)

ファミリーで図書館へ行きます。とっても楽しそう。本の選び方も、それぞれ個性があっていいな。(カイ)

Lucy’s First Day at School | Time for School Full Episode(11分)

はじめての学校(幼稚園?)です。緊張するよね。話しかける言葉が優しく聞き取りやすいです。(カイ)

Cute Twins Babies Fighting – Funny babies videos(8分)

家庭で撮影された双子の赤ちゃん達の動画あれこれ。本当にかわいくてやんちゃでクスクス笑っちゃいます。(カイ)

Breakfast in Bed(1分)

母の日、お母さんの為に朝ごはんをつくります。うわーお。だいぶMessyな感じですが、とっても楽しそう。こんな朝ごはんが出てきたらニッコリ笑顔になっちゃいますね(カイ)

Tesco Father’s Day | Introducing Tannoy Takeover(1分)

おおきくなった子供たちによる父の日、お父さんへのメッセージです。英語が聞き取れなくても気にしないで。表情が全てを語るような動画です。(カイ)


Dogs

Puppyhood(3分)

はじめて子犬を飼うことになったら?ドキドキして、ワクワクして、いろいろ困ってしまって。子犬もかわいいのですが、飼い主の男性もとってもかわいいです。 (カイ)

Puppyhood: Back To Work(3分)

新しい仕事が決まりました。え?子犬をどうしたらよいの?ビデオカメラをつけて、おもちゃを置いて、ハラハラドキドキ。アメリカの職場は犬連れOKの所をよく見る気がします。いいなぁ。(カイ)

If You See This Alpaca …. RUN!!!!!(3分)

柵から脱走したアルパカがマギーを追いかける!マギー逃げて!必死に逃げる賢いマギー。飼い主さんの心底困った様子に同情しちゃう。(カイ)

Dogs Getting Excited Over Food(3分)

美味しいものを目にすると目がぎらぎらしちゃうよね。大興奮のわんこたちです。(カイ)

5 Reasons Why Big Dogs Are The Best(4分)

甘えん坊で、かわいくて、ちょっと、いやいやだいぶ大きいわんこたち。人間が押しつぶされてて、でも幸せそうで笑ってしまいます。(カイ)


Cats

Kitten sleeps sweetly with the Chicken(2分)

こねこ、ひよこ、うさぎ、と可愛いが詰まった動画がたくさん!ふわっふわの毛の二匹はとっても仲良し。一緒に眠っているのを見ているだけで、こちらも幸せな気分で眠れそうです。人間とも他の動物たちともすぐ仲良くなれる、人懐っこいネコたちです。 (acha)

bad guy with a fat cat(3分)

ネコ好きピアニストのかてぃんさん。クラッシックからポップスまで、奏でる音色が美しくて♪この動画では飼いネコのプリンちゃんと共演。自身作曲の「大猫のワルツ」や「猫ふんじゃった(超能力ver)」の動画もおすすめ。生配信では世界中の視聴者のために英語を話すことが多いです。(acha)

Learn How Baby Kittens Grow: 0-8 Weeks!(20分)

野良猫の保護活動をしているKitten Lady。生まれたばかりの子猫の成長の様子や育て方を説明しています。厳しい環境で放置されたネコの保護の経験も豊富で、病気などで特別な助けが必要な場合の保護の方法など、専門的な内容も学べます。(acha)

Master class: How To Draw A Cat(3分)

ネコのPusicは飼い主さんが絵を描いている間、モデルをしっかりつとめます。飼い主さんは何枚も描いたり消したりして、最後に仕上がった作品はまるで本物!Pusicは芸達者で、障害物も超えていき、ビリヤードもできちゃいます。赤ちゃんとの動画もほほえましいです。(acha)

Cat Man Do – Simon’s Cat | SHORTS #1(2分)

ネコとの暮らしを描いたアニメーション。ネコに起こされる朝。ボロボロに引っかかれた家具。かくれんぼに鬼ごっこ。大嫌いな獣医さんに連れていくのも一苦労。言葉はほとんどありませんが、ネコってそうだよね!と思ってしまうことばかりです。(acha)


Horses

Emma and Cinnamon | Little Girl and Horse Are Best Friends(2分)

エマとシナモンは仲良し。ちっちゃな女の子が、お馬さんと歩きます。この子大丈夫かしら?と見守るお馬さんがとても優しいのです。(カイ)

Baby miniature horse chasing me(1分)

ミニチュアホースの赤ちゃんが、飼い主さんの後を追いかけます。とにかくかわいい!(カイ)

HOW TO TEACH A HORSE TO SMILE!(4分)

馬に「笑って」という芸を仕込みます。なんだか自分でも出来そうな気分になりますよ。馬のおやつに少しくわしくなれます。(カイ)

Behind the scenes at War Horse | Dressing Room Confessions(3分)

舞台で馬が演技する?どうやって?とても人工的な、針金のような造形なのに、いつの間にか馬にしか見えなくなります。(カイ)

Wild Horses Run into Flamingos Feeding(2分)

野生の馬がフラミンゴの大群に突っ込んでいきます。どこまでも自由で力強い動きに魅了されます。圧倒的な美しさ(カイ)

その他
Others

Sesame Street: Furry Potter and The Goblet of Cookies (Harry Potter Parody)(5分)

セサミストリートによるハリーポッターのパロディです。ゴブレットいっぱいのクッキーの為に試練に挑みます。クスクス笑えて大好きです。(カイ)

Rock-Climbing Goats | World Wide Web(3分)

どこにひづめをひっかけてるの?という崖をヤギが登っていきます。赤ちゃんでもぴょんぴょん跳ねるように崖を上り下りするのですが、足はどうなっているのかしら?(カイ)

The Magic of Making Sound(7分)

映画やドラマで使われる音ができるまで。え?クリップで犬の足音?ほかにもアッと驚くようなものでいろいろな音を作成しています。舞台の裏側物が好きなのでついつい検索しちゃいます(カイ)

Merrell Twins NEON CHALLENGE?! | Closet Wars(4分)

90秒でクローゼットにあるお洋服を選びます。今日のお題はネオンカラー(蛍光色)。双子のメレル姉妹が派手派手に決めてくれます。おしゃれでかわいくて素敵な姉妹なのです。(カイ)

Book Nerd Problems | Waiting For Your New Book To Be Delivered(1分)

今日、新刊が宅配便で届く。まだか、まだか、まだなのか~~~!朝から待って、待って、待って。え!?嘘でしょ?という結末に一緒に「NooooOooOOOおおおお」と叫びたくなります。すっごく笑っちゃう。(カイ)

$17 Fried Chicken Vs. $500 Fried Chicken(15分)

安いもの、高いもの、その中間のもの。3つの値段のフライドチキンの食べ比べです。Worth itということで、一番美味しいものというより、その値段ならこれがベスト!というチョイスで1番を選びます。裏方である音響係のアダムが最後に食べる所が好き。(カイ)

While We Can‘t Hug(2分)

コロナの影響で大切な人となかなか会えなかったり、みんなで集まれない状況が続いています。そんなときでも自分の想いをこんな風に伝えてみませんか。”The Hug”という絵本を描いた作家による、心があったかくなる動画です。(acha)

Lucas the Spider – It’s Hot(1分)

クモは苦手、という人も多いと思いますが、このLucasは大きな目も、おしゃべりも、動きも、とってもかわいい!暑い夏はどこを歩いても熱くて大変です。水の中は涼しそうだけど、Lucasは泳げなくて残念・・・。(acha)

Best Ping Pong Shots 2019(10分)

フィンランドの卓球代表選手の曲芸がすごい!スピンをかけて卓球台の横から通したり、どんな的にも当てられたり、卓球台が大きくても小さくても、何をラケット代わりに使っても、ラリーできちゃう!その発想と技術にはびっくりです。(acha)

We Bare Bears | Panda Paints(5分)

Grizzly, Panda, Ice Bearの3匹のクマが繰り広げるコメディアニメです。美術の時間に先生にダメだしされたPandaでしたが、納得いかないPandaは良い素材を見つけ、才能が花開き、みんなの心を動かす名画家に!(acha)

Toothache | Full Episode | Mr. Bean Official Cartoon(11分)

イギリスの顔芸コメディアン。言葉はほとんどないので、英語を気にせず楽しめます。実写版はブラックジョークやお下品なネタも多いので大人向けかもしれませんが、アニメ版は子どもにも安心です。(acha)

Momotaro – The Peach Boy- 【Japanese Fairy Tales in English】(3分)

絵本の読み聞かせを中心に、ちいさなこども向けの動画がたくさんあります。日本語の動画がほとんどですが、英語やフィンランド語の動画もあり、字幕を付けたり外したりできます。日本や世界の昔話がいろいろ見られます。(acha)

Tips おもしろい動画を見つけたら「シェア」してください!

YouTubeでの「字幕なし多観」に慣れてくると、次々とおもしろい動画が見つかるはずです。これは!というものに出会ったら、ぜひ、みんなに「シェア」してください。 多読フォーラム に投稿するか、ハッシュタグ「#字幕なし多観」をつけてツイッターへ!

LINEで送る
Pocket

オンライン多読案内 【無料】

「Zoom」を使って毎月開催しています。多読ってなんだろう?という人に向けて、いちばん最初から説明します。どんな本を読めばいいの?など、よくある疑問にもお答えします。多読のことがよくわかると好評です!

詳しくみる

英語多読講座

やさしい絵本を含む15,000冊以上の蔵書から、最大19冊まで貸し出します。担当者による案内と受講生同士の交流があれば、本選びに悩むことなく楽しく多読を続けられます。オンラインの講座もはじめました!

対面の講座
オンラインの講座

この記事を読んだひとは、こんな記事も読んでいます。