多読たどくはじめかた

多読たどくとは、やさしいほんから、辞書じしょ使つかわないでたのしくたくさんんで日本語にほんごにつけていく方法ほうほうです。全部ぜんぶわからなくてもたのしめればいい。これがポイントです。写真しゃしんをよくて、そのほん世界せかいあじわってください。そうやって日本語にほんご日本語にほんごのまま、場面ばめんとともに理解りかいすることが日本語にほんご習得しゅうとく近道ちかみちです。

...

これまでこの多読たどく方法ほうほうで、ほんめるようになったひと漢字かんじがだんだんわかるようになったひと会話かいわがうまくなったひとがたくさんいます。ひらがながめるようになったらはじめましょう。ひらがながめないひとは、音声おんせいきのほんはじめましょう。中級ちゅうきゅう上級じょうきゅうひとでも日本語にほんごほんんだ経験けいけんがないひとは、やさしいほんから多読たどく経験けいけんしてみてください。


かたのルール

多読たどくをするとき、大切たいせつなことがあります。それは、かたのルールをまもってたのしくむことです。ルールは4つあります。

  1. やさしいレベルから

    がついていて、母語ぼごやくさなくてもめるやさしいものからみましょう。をじっくりほん世界せかいはいることが大切たいせつです。

  2. 辞書じしょかないで

    わからない言葉ことば辞書じしょ調しらべていると、はやめません。ゆっくりむと、つまらなくなってしまいます。わからない言葉ことばてきても、辞書じしょかないで、たり、そのぶんんでみましょう。

  3. わからないところはばして

    たり、ちょっとかんがえてもわからない部分ぶぶんは、ばしてしまいましょう。たのしくめていれば、全部ぜんぶわからなくていいのです。

  4. すすまなくなったら、ほかほん

    すすまないのは、んでいるほんむずかしいか、興味きょうみがないからです。そのときめてほかほんえましょう。

この4つのルールで多読たどくをするためには、漢字かんじにふりがながついている、「レベルべつみもの」からはじめるといいでしょう。また、文字もじんだことがないひといてわかるけれど、文字もじよわいというひとは、朗読ろうどくきながらむ「み」がおすすめです。漢字かんじらなくても最初さいしょはひらがなをんでいきましょう。徐々じょじょに、漢字かんじただけでかたがわかってきます。


んでみよう

これはレベル0のサンプルです。まず、をよくてください。

西町交番の良さん「交番はどこ?」
レベル別日本語多読ライブラリー にほんご よむよむ文庫 レベル0 Vol.1(アスク)より『西町交番の良さん「交番はどこ?」』 ≫ 詳しく

自転車じてんしゃっているひとはだれでしょう?
どんな仕事しごとをするひとですか?
どこでだれと挨拶あいさつしていますか?
たばこをっているのはだれ?・・・

つぎおときながらてください。それから文字もじみましょう。
こんなふうに多読たどくでは、まずをよく内容ないようたのしむことが大切たいせつです。


体験者たいけんしゃこえ

ひらがながめるレベルから多読たどくはじめた学習者がくしゅうしゃ日本にほん国内こくない)のこえ紹介しょうかいします。文字もじが3種類しゅるいもある日本語にほんごむハードルはとてもたかいのですが、多読たどくちょう文字もじせっするうちにだんだんめるようになったとっています。

日本語にほんご文字もじるのはこわかったので、ずっとないようにしてきた。でもいまではレベル4のほんめるようになった。むずかしい言葉ことば漢字かんじんでいるうちにおぼえた。まえはスーパーでものをするとき、めないから、間違まちがいがたくさんあったけど、いまんでからうから大丈夫だいじょうぶ

フィリピン 女性じょせい

漢字かんじ一人ひとりでドリルをやってもなかなかおぼえられなくて、自分じぶんはバカなのかとあきらめていました。わたしだけじゃない。漢字かんじがわからない外国人がいこくじんは、みんなそうおもっているとおもいますよ! チラシも看板かんばん無視むし。ないものとおもって生活せいかつしてきました。でも、「多読たどく」に出会であって、はじめて文字もじむようになりました。すごく自信じしんがついたし、うれしい!

ウクライナ 女性じょせい

体験談をもっと読む


よくある質問しつもん

Q. どうして辞書じしょいてはいけないのですか。わからない言葉ことばばしてそのままにしていたら、言葉ことばおぼえられないとおもいます。

A. ひとひとつの言葉ことば辞書じしょ調しらべて、その意味いみがわかっても、その言葉ことばについたとはえないのではないでしょうか。みながら、たくさんその言葉ことば出会であうことで意味いみ体得たいとくできるとわたしたちはかんがえています。母語ぼごほんむとき、わからない言葉ことばはあまりにしないでんでいますが、たくさんんでいるうちに、いつのにかいろいろな言葉ことばがわかるようになっています。

Q. どのレベルからんだらいいですか?

A. とてもやさしいとかんじるレベルからみましょう。母語ぼご翻訳ほんやくしないで、辞書じしょ使つかわないで、どんどんめるレベルからです。のない絵本えほんがあっても理解りかいできる絵本えほん、あるいは、「よむよむ文庫ぶんこ」「にほんご多読たどくブックス」のレベル0からはじめてみてください。

Q. 漢字かんじにふりがな(かた)がついていると、いつまでも漢字かんじめるようにならないのでは?

A. ふりがながついていると、どんどんめます。漢字かんじめるかどうかいちいちチェックしないで内容ないよう集中しゅうちゅうしましょう。そのうちに、だんだんふりがなをまずに漢字かんじんでいることにがつくでしょう。そうなったら、すこしずつふりがなのないほんんでみましょう。


さあ、はじめよう

では、さっそくレベル0の無料むりょうぼんんでみましょう。
ほかにもみたいひとは、レベル0のほんさがしてみてください。

にほんごのほんかい 無料むりょう

にほんごのほんみませんか? ひらがながすこめれば、参加さんかできます。ほんんだあと、みんなでたのしくはなしましょう。

毎週まいしゅう土曜日どようび 15:30~17:00

くわしく

にほんごクラス  

多読たどく」で日本語にほんごちからをつけるクラスです。多読たどくようみものをんだり、それをもとにたくさんはなしたり、いたりします。

くわしく