Q: 文法がわからなくても読めるようになりますか?

Pocket
LINEで送る

A: はい、文法がわからなくても読めるようになります。

多読では、辞書を引いたり文法を意識したりしなくてもいいような「やさしい」ものからたくさん読みます。最初はわからなかった単語や文も、何度も出会っているうちに、絵や文脈の助けをかりながら、英語のままイメージがつかめるようになります。辞書なしで単語がわかるようになるのと同じように、最初はわからなかった文も、特に文法を意識しなくても、一文まるごとわかるようになります。私たちが文法を知らずに日本語を読んだり話したりできるのと同じです。

また、英語が体に十分たまってきたら、TOEICや英検などの文法問題にも答えられるようになります。この段階までくれば、仕事や研究等で必要なら、英語で書かれた文法書に取り組んで自分の考えを整理するのもいいでしょう。

(文:多読をもっと楽しく!製作委員会

同じころ始めた多読仲間がどんどん色々な本に手を出しているのをみて、自分は英語の勉強をしてこなかったから追いつけないんだ、と思うようになりました。そんな頃、多読を続けている方から「分からない単語が分かるようになったように、分からない文章も、そのまま丸ごと分かるようになるよ。大丈夫」と、言ってもらいました。いまだに学校で習う文法は全く分からないのですが、この言葉はその通りです。(じゅんじゅんさん)

私の場合、文法を勉強しても読めませんでした。読みたい原書があって辞書と首っ引きで読みましたが、時間がかかった上、楽しめずに挫折。基礎ができていないからだと、文法書を一からやり直したりラジオ講座を聴いたりしましたが、だめ。多読に出会い、やさしいレベルから楽しんで読んでいくうちに念願の原書も自然に読めるようになりました。(プリンさん)

文法なんて関係ないと思います。絵だけで十分楽しめる本がたくさんあります。(講座生 RuRuさん)

学生時代英語は好きな方でしたが、文法も単語もテストが終わればすぐに忘れてしまうし、ペーパーバックを読んでもいつも1,2ページで挫折してしまうのは自分が悪いのだと思っていました。多読をするようになりたくさんのやさしい本で前から順番に読むクセがつくと、同じ読み方でいつしか大人向けのペーパーバックも読めるようになりました。(はねにゃんこさん)

CDの音声と一緒に読んでいると、これが主語で、動詞でと考えることなく自然と文章を読んでいます。多読をしていると文法を意識しなくなるという効果もあるかもしれません。(講座生 Fさん)

Pocket
LINEで送る