2008年 9月 の投稿一覧

オンライン英会話 sazaechanさんの場合

Skypeを使った英会話には具合の悪いこともあるそうです。「Hyde」さんが掲示板で警告していたのではないかな?
ただ、「のんた」さんや「カイ」さんのようにとてもすばらしい時間を持っている人たちもいます。危険のことを考えた上で、たとえば
「sazaechan」さんのブログをちょっとのぞいてください。
*******************************

続きを読む

オンライン英会話 sazaechanさんの場合

Skypeを使った英会話には具合の悪いこともあるそうです。「Hyde」さんが掲示板で警告していたのではないかな?
ただ、「のんた」さんや「カイ」さんのようにとてもすばらしい時間を持っている人たちもいます。危険のことを考えた上で、たとえば
「sazaechan」さんのブログをちょっとのぞいてください。
*******************************

続きを読む

レールをはずれるために −に− について、「マクマーン」さんから

「マクマーン」さん(だと思うのですが、違っていたらメールをください)は「レール」ではなくて「道しるべ」だと思っていた、と!
喩えには目に見えにくいものを具体的に指し示す力があります。
一方で、そのものとはちがうので、敷衍していくとどこかでその力を失い、むしろ見えにくくしてしまいます。
レールか道しるべか、という区別もそれに似ていますが、とりあえずマクマーンさんにお答えすると「わたしは道しるべのつもりだったが、最近はレールだと誤解する人が増えてきた」としておきます。
くわしくはマクマーンさんのメールを読みながら・・・
*******************************

続きを読む

レールをはずれるために −に− について、「マクマーン」さんから

「マクマーン」さん(だと思うのですが、違っていたらメールをください)は「レール」ではなくて「道しるべ」だと思っていた、と!
喩えには目に見えにくいものを具体的に指し示す力があります。
一方で、そのものとはちがうので、敷衍していくとどこかでその力を失い、むしろ見えにくくしてしまいます。
レールか道しるべか、という区別もそれに似ていますが、とりあえずマクマーンさんにお答えすると「わたしは道しるべのつもりだったが、最近はレールだと誤解する人が増えてきた」としておきます。
くわしくはマクマーンさんのメールを読みながら・・・
*******************************

続きを読む

多読と鈴木メソッド 「バナナ」さんへ

先週末に茨城大学で多読授業の研究会があって、実りが多すぎて、どこから消化していこうかと悩んでいるところですが、その中の一つに「鈴木メソッド」のことがあります。
そもそも鈴木メソッドとの類似を指摘してくださったのは「まこまこ」さんで、今回驚くべきことを教えてくれました。
で、それがバナナさんのピアノとどう関係があるか?
「みんなの広場」の掲示板では具体的な方法がいろいろ上がっているので、とんでもないところから音楽と多読について・・・
*******************************

続きを読む

多読と鈴木メソッド 「バナナ」さんへ

先週末に茨城大学で多読授業の研究会があって、実りが多すぎて、どこから消化していこうかと悩んでいるところですが、その中の一つに「鈴木メソッド」のことがあります。
そもそも鈴木メソッドとの類似を指摘してくださったのは「まこまこ」さんで、今回驚くべきことを教えてくれました。
で、それがバナナさんのピアノとどう関係があるか?
「みんなの広場」の掲示板では具体的な方法がいろいろ上がっているので、とんでもないところから音楽と多読について・・・
*******************************

続きを読む

ある人からある人へ

多読はごく水平なので(水平ってなんだ?)、「先生−生徒」っていう関係は成り立たないようです。それは多読が心の奥に届くからで、心の奥のことはわかっていないので、だれも「先生づら」ができないからだと、わたしは思っています。
  (だからわたしは先生ではなくて、どちらかといえば    
   「脇でじっと見てる、あやしい人」。多読を言い出したためか、
   なかなか先生ではないと見てもらえない・・・ でもまあ、いいとしましょう。)
でも、次のメールを読むと、だれでも先生なのだということがよくわかります。

続きを読む

ある人からある人へ

多読はごく水平なので(水平ってなんだ?)、「先生−生徒」っていう関係は成り立たないようです。それは多読が心の奥に届くからで、心の奥のことはわかっていないので、だれも「先生づら」ができないからだと、わたしは思っています。
  (だからわたしは先生ではなくて、どちらかといえば    
   「脇でじっと見てる、あやしい人」。多読を言い出したためか、
   なかなか先生ではないと見てもらえない・・・ でもまあ、いいとしましょう。)
でも、次のメールを読むと、だれでも先生なのだということがよくわかります。

続きを読む