ファージョンのファンが増えた! 


「本棚」のブログにいちばんふさわしいメールが届きました。うれしいです。
この作者のことはそのうち長々と書きますが、まずはLumosさんと娘さんの感想をご覧ください・・・

酒井先生、こんにちは。
先日、藤沢での多読勉強会でお会いしたLumosです。あの節は楽しい時間とお話をありがとうございました。
また、SSSの掲示板の私の200万語通過報告にコメントをくださって、とても感激しています。
さて、今日はご報告です。先生がおすすめしてくださった”The Little Bookroom”を読みました。10日間くらいかかりましたが、読むことができて楽しかったです。
どのお話も地味ですが奥深い何かを含んでいるお話ばかりで、子どもももちろん楽しめますが、大人が読んでも感じ入ることが多いと思いました。長女(小6)に邦訳を読ませたら、「グリム童話に似ているけど、それよりおもしろい」と言うので、どこが面白いのかと聞くと「奥行きがある」とのこと。私の感想と似ていたのでちょっと驚きました。
300万語に向けて、このような「奥行きのある」本にたくさん出会いたいと願っております。素敵な本をご紹介くださってありがとうございました。

Lumosさんが「奥深い」と反応してくださったのもとってもうれしいのですが、
小学校6年生の娘さんが「奥行きがある」だなんて・・・!
うれしいを通り越して、びっくりです。ぜひぜひまた藤沢でThe Little Bookroomを語り合いたい・・・
もう、ほんとに長くなってしまいそうです。

1590170482 The Little Bookroom: Eleanor Farjeon’s Short Stories for Children Chosen by Herself (New York Review Children’s Collection)Eleanor Farjeon Edward Ardizzone New York Review of Books 2003-10by G-Tools
4001140829 ムギと王さま―本の小べや〈1〉エリナー ファージョン Eleanor Farjeon 石井 桃子 岩波書店 2001-05by G-Tools