スペイン語多読の会より新年のご挨拶!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

¡Feliz Año Nuevo!

明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。
2019年のスペイン語多読の会の報告です。なかなかに充実した一年でした。

まず、スペイン語多読の会のシンボルが2つに!
supeingo-1

色文字のとてもかっこいいウェルカムボードができました。会の宣伝チラシになっている「ドン・キホーテ~言葉の世界へ旅立つ私~」とともに、かわいがってやってください。

楽しかった2019年の特別企画は以下の2つでした。

7月に韓国語多読の会との合同多読の会、12月に関西のイタリア語絵本店「チェルビアット」さんとコラボ企画「スペイン語+α~イタリア語でも多読しちゃう!?」を開催したことです。どちらも想定外の楽しさでした!!
未知の言葉の世界、その背後にひろがる文化の奥深さをちょっぴりですが覗くことができました。

image0(2)

image0(3)

もうひとつは、おっちょこちょいの私、川本が言い出したメキシコの絵本「El libro negro de los colores」の日本語版出版。みなさまの協力でクラウドファンディングでの資金調達ができ、日本語版「くろは おうさま」が11月についに刊行されました。(目の見えないトマスという男の子が感じる「色」の世界を表したまっくろな絵本です)

image0(4)

直接スペイン語多読の会が出版に関わったわけではないけれど、クラウドファンディングの発起人になってくれた本橋さんがスペイン語多読の会で、川本とこの絵本に出会わなければ、この本の誕生はありえなかったのです。このクラウドファンディングをきっかけにスペイン語多読の会に参加するようになった方も何人かいらっしゃいます。そういう意味でも大切なできごとでした。
(出版記念パーティーの様子はこちら

image0(1)

(点字のスーツを着て出版記念イベントに参加しました!)

本が増えて棚に入りきらない・・・そんな贅沢な悩みも生まれ、仲間も増え、さてさて、2020年、スペイン語多読の会、きっとわくわくすることが起きます。今年もどうぞよろしくお願いします。

川本かず子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る