1月7日、14日 木曜多読講座(英語)の報告!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨年末から始まった、卒業直前の新しい試みについて簡単に記録しておきます。

*「話す・書く中心クラス」でわたしができることは 音 と bitesize について
方向を意識してもらうこと。

(ほかのことはだいたいみなさん自分たちでできます。
本選び、ブックトーク、字幕なし多観、スモール・トーク(世間話、おしゃべり)など・・・)

*bitesize と 音 は(当然)結びついている。そこで nursery rhymes をしばらくやってみることにしました。

*1月14日は Rain, rain, go away. / Come again another day./  など、
bitesize=1語と2語を中心に、リズムや音のおもしろさなどを再現してみました。

*一方、絵本を見ながらメモなし即席 book talk を引き続きやります。
そのときうまくbitesizeで紹介することを心がけます。

メモ:リズムを意識して Rain, rain, go away を朗読してもらったら、
一つ一つの音がはっきり出た! なぜだか、分からない。
リズムを意識すると当然弱い音は落ちて、強い音は強調されるから?
予想外の変化で、よく分かりません。研究課題がまた一つ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る