7月2日(日)第31回「ゼロから始める英語多読無料体験会」報告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

7月2日(日)に、NPO事務所で、第31回「ゼロから始める英語多読無料体験会」が開催されました。

今回は、講師役のフジオカ鶴子さんを中心に、他に2名が担当しました。全員がNPOの英語講座卒業生で、たどくらぶのメンバーです。(たどくらぶの活動の様子はこちらよりご覧ください)

参加者は親子が2組、小学校低学年の女の子とお父さん、同じく男の子とお母さん お子さんは共にORT(Oxford Reading Tree)やその他の本を読んでいるとのことでした。その他に、語学専門学校の男子学生1名の計5名でした。

20170711

体験会は、フジオカさんの自己紹介から始まりました。続いて、

  • 多読・TADOKUとは
  • 多読三原則とは
  • 多読で使う本の紹介
  • 多読のやり方
  • 多読の効果
  • 絵本から児童書へ、そして大人の本へと発展していく

このような内容を、フジオカさんおなじみの日本語のことわざを交えて話されました。「習うより慣れろ」「千里の道も一歩から」「好きこそものの上手なれ」「百聞は一見にしかず」、いずれもなじみ深いことわざで、納得出来たのではないでしょうか。

引き続き、ORTや易しい絵本を読む体験、CDを使っての聞き読みの体験をしました。その後、皆さんには、今日読んだ本の中から面白かった本の紹介(ブックトーク)をしていただきました。続いてフジオカさんと山下さんによる絵本の読み聞かせです。絵本から離れていた大人の方も、絵をしっかり見て、英語の音を楽しまれていました。続いて、英語のアニメを字幕なしで見ていただきました。多観の体験です。判らない部分があっても、物語を楽しむことができることを実感できました。

最後に本日の参加の方々の感想です。

  • 絵本を素材に、CDによる聞き読みで、今までに経験したことのない楽しさを知った
  • 英語アニメを楽しめることが判った
  • YouTubeが大いに利用できることを知った
  • 日本語漫画の英語版を夢中で読める

いかがでしょうか。明日からの英語との付き合いでの新しい道、あるいはこれにつながるヒントを、参加者おひとりおひとりが得られたのではないでしょうか。

(会員/多読講座卒業生 吉江金三郎)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

英語多読 無料体験会
どこよりもやさしくて楽しい英語多読入門です。

NPO多言語多読では、無料の多読体験会を毎月開催しています。多読の基本的な考え方から具体的なすすめ方まで、丁寧にお話します。体験会では——

  • やさしい絵本からの多読をたっぷり体験できる

  • 15,000冊の蔵書を手にとってみれる

  • 実際に多読をしている人の体験談を聞ける

多読は初めてという方から、かなり英語を勉強されてきたという方まで、どなたでもご参加いただけます。ぜひ多読の「楽しさ」を知りに、体験会へお越しください!

次回以降の開催日は……

無料体験会に申し込む