電通大の学生のために音声素材を募集!に、「AMINO」さんから!


「寝太郎」さんのように掲示板しか見ない人もいる以上、ブログしか見ない人もいそうなので、AMINOさんからのメールはタイミングがよかった!
わたしとJさんが縁側で渋茶を啜り、たくわんをぼりぼりやっていると、Nさんがふらりとやってきて、今年のコスモスは色が鮮やかだとかなんとか、散歩してきた収穫をシェアしてくれる・・・
J、N、Sの理想の老後です。(「みんなの広場」を参照のこと)
  (でもね、Jさんが老後のときにはわたしゃこの世にいないですよ、 考えてみれば。)
「寝太郎さんのように」は冗談ですからね、寝太郎さん!
で、何の話しでしたっけ? あ、そうだ、JSNで茶飲み話をしているところへAMINOさんがいいおみやげがありますよといいながら現れたのでした。
*******************************


で、どんなうまそうなお茶受けかと思えば、なんとDVD、それも平成20年頃の年期物・・・

こんにちは AMINOです。
「音声素材」の件です。
僕の場合はずっと音声素材で強い印象を得た物はなかったです。
初心者の頃から少しずつ上達してきたように思います。
CDやポッドキャストを毎日10分から数十分聞いてきました。

AMINOさんは多読から多聴へ発展していった最初期の人です。そして、いまはさらに多読的おしゃべりの先鋒でもある。

このところは スカパーの「海外ドラマセット」に加入しているので米国の「Heroes」や「OC」「Charmed」「ER」等をつまみ食いしています。
でもストーリーが追えるほど聞くのは無理でせりふによって分かったり分からなかったりと言う現状ですね。
ところがこの秋ひょんなことから見た有名作品があたり!でした。
「コロンボ傑作選」 ご存知「コロンボ刑事シリーズ」です。
これをスカパーでやっているのですがたまたま見たらこれがとても聞きやすい。ストーリーが追えるのです。

いや、推理物は概してむずかしいと思いますよ。セリフが多い、長い、細かいところが犯人捜しに関わってくる・・・

理由は僕でもすぐ分かりました。
先ず各台詞がはっきり発音されていてその上早くない。
ドラマの中の台詞自体の絶対量が少なく聞き取りの負担も少なくてすむ。
(多分)非常に正統な英語が使われている。
映像と台詞が強く関連付けられていて分からないところも想像しやすい。
偉大なるマンネリといいますか展開自体が決まっている。
(最初に犯罪が行われて、犯人が分かっているというあたり)
これらの要素が聞き取りを助けてくれているようです。

ここでわたしは説得されました。さっそく上級科目の学生に見てもらおう!

余談ですがコロンボと言えば 吹き替えの小池朝雄さんで有名ですが
ピーター・フォーク本人の声も個性的(ドナルド・ダックみたい)で素敵です。

そうそう! わたしもどっちも大好きです。

学生さんに紹介するには少し難しいですがシリーズのDVDボックスも販売されていて今は全作品が手にはいるようです。
(僕はせっせと録画しております)

わたしは全作のDVDが出てすぐに買ってしまった・・・
(まだ8話までしか見ていない!)
AMINOさん、もう録画しなくていいですよ。お貸しします!
学生には難しいかなあ? 
いや、だれかに見てもらえばわかることだ。とにかく大学に持って行こう、全40作!
AMINOさん、ありがとー!