高校の先生による多読研究サークル!


どこまで本格的わかりませんが、たしかに多読は学校にも入りはじめています。
そのよい例がこの研究会です。名前を「東京都高等学校多読支援研究会」といいます。
こども式ブログの「指導する人へ」というカテゴリーを「支援する人へ」に変えたのは
この研究会の名前がきっかけでした。

この研究会の第1回研修会が来週の水曜日6日に開かれます。
それに合わせてウェブサイトができました。ぜひ訪問してみてください。
とくにほとんどの人は多読する高校生の生の声は聞いたことがないと思います。
「実践報告」というページの後半で読むことができます。

http://www.geocities.jp/tadokushien/

これからこうしたサイトが先生だけでなく保護者に、大人だけでなく高校生や中学生にも訴える場所になることを祈ります。協力します。

作ってくださった同研究会会長、事務局長ほかのみなさん、ありがとー!