プリンシプルのない東京人!


いつも微妙なユーモアを感じさせる「健 高下駄」さんからお別れのメールです・・・

*******************************

酒井先生:

”プリンシプルの無い東京人へ”

生前の司馬遼太郎は、東京人は口だけで、それに原則がない、と軽蔑していた。口だけ達者で、ころころ意志が変わるのだ。

九州人の私から見れば、関東人も関西人もプリンシプルは無い。

以前、酒井先生は、写真に取られるのが、恥ずかしい、と、言っていたはずだ。

その男が、7月27日の合同セミナーの宣伝では、腕を組んでニヤケタ顔で写っている。年甲斐もなく。それに、横の女性とのツーショットも、まんざらでもなさそうだ。

写真にとられるのがすかん?
よくもあつかましく言えたもんタイ。

大学の教師は、gooood な女性がいたら、写真ぎらいでも一緒に写るのか。I can’t stop loving a gooood looking woman.

そうか、大学の先生も、グーグーグーな女がいたら、愛さずにいられないのか。

そうばってん、俺は原則のない、教師は気に食わん。これで、ドクター酒井の人間がわかった。

もうこのブログのページを開くこともない。

それでは 今までの感謝の気持ちをこめて、Goood Bye。

梅雨が終わり、蒸し暑い夏になりそうです。
お体に気をつけてください。

健 高下駄

残念ですが、致し方ありません・・・

健 高下駄さんも、お元気で! またいつか・・・!!