こども式サイトと文法について 「カイ」さんの場合


信じられないほどの偶然の一致?
・・・ではないでしょうね。
SSSの掲示板で「多読と文法」が話題になって、おなじようにざわざわするのを避けたいと思ってわたしがややこ式掲示板で「こども式サイトと文法について」を投稿したちょうどそのころ、SSSの掲示板では「カイ」さんがご自身の「傷」について書いていたのです。
わたしの投稿とまったく同じ話題で、しかもそれを体験者が話してくれたので、
そのままこのブログでいただくことにしました。カイさんは快く転載を許してくれました。
「文法の話はごくごく慎重に」なんていう掲示板はほかにないと思いますが、
なぜそんなに気をつけるのか、ぜひカイさんの体験を読んでください。

Ryotasanさん たかぽん こんにちは!カイです。
実は文法が分からないので、
とんちんかんんなレスなのですが、横入り失礼します。
というか、どこかに書きたかったのですが
どこに書いたら良いのか判断がつかなくて。
すみませんが、ここにぶら下げさせてください。
むかーしむかしSSSに「多読前の英語できなかった自慢の広場」というのがありまして
私も投稿した事があります。
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-dekinakatta&c=e&id=136]
[url:http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-dekinakatta&c=e&id=29]
私の個人的な感じ方かもしれませんが、
この頃の多読って市民権を得ていなかったのです。
なんかうさんくさいことやってるな?という感じ。
だから、
「学校英語でつまずいてボロボロになった人」や
「学校英語に疑問を感じた人」が
たくさんいたのです。
というか、そういう人ばかりがいたような気がします。
しょっちゅう英語に関する恐怖の悲鳴が聞こえてきていました。
学校英語で大きくつまずいた人って、英語に触れるのが怖いのです。
人間、一度深く傷つくと、あんな思いを二度としたくない、もう傷つきたくないって思うから。
だから、もう一度傷ついたらどうしよう。と思うとたまらなく怖いのです。
かくいう私も学校英語でけつまずいた一人。
英語を見るのも聞くのも嫌で、本当に大嫌いでした。
いまだに掲示板でも英語の先生というだけで、一瞬【恐怖で】身構えるのです。
(すぐに「あ!また力入った」と思ってリラックスしますけどね。ある種トラウマですね)
幸運な事に、私は本が好きで、原書で読みたいPBがあったので
「うさんくさい」と思いながら、酒井先生の多読を始めました。
そうしたら、英語で本が読めたのです。
あの時の喜びは、一生忘れません。(PGR0の本当に面白くない本でしたけどねー・爆)
英語が出来ない私が、英語で本を読めた。信じられませんでした。
読める自分が嬉しくて、嬉しくて、嬉しくて、どんどん読みました。
結局の所、私は英語が嫌いだったわけじゃなくて
「英語が出来ない自分」が大嫌いだったのです。
文法が良いか悪いか、私には分からないのです。
でも、私にとって「ものすごく怖いものを思い出させる物」です。
正直、この投稿をするのも怖いです。
古傷掘り起こしているようなものですから。
最近、あまり掲示板から悲鳴は聞こえてこないような気がします。
でも、学校英語でつまずいた人がいなくなったとは思えないのです。
私は学校で習った勉強方法の英語が「怖い」です。

カイさん、ありがとう・・・
よく投稿してくださいました。
つらい体験は思い出すのもつらい・・・
その上なかなかこの話題を投稿しにくい雰囲気があった・・・ 
それでも思い切って書いてくださった。
カイさんの体験談を読んで気持ちが軽くなって、それならわたしも多読してみよう、
この掲示板に投稿してみようかいう人が出てくるかもしれません。
みなさんもカイさんとおなじような思いがあったら投稿かメールで知らせてくれませんか? お待ちしています。
いつか、そうした体験談をまとめて、いつでも読めるようにしたいと考えています。
http://www.seg.co.jp/sss/sssview_peggy.html
初出時、上のURLだけを載せましたが、
これは「ペギー双葉山」さんの、これなくしてSSSの掲示板は
渡れないという便利なページのURLでした。
行ってみればすぐにわかりますが、新しい投稿のあった掲示板から順に上から下へ
表示されます。毎日見ていればとても見やすくなります。
で、カイさんの元の投稿は
http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-english&c=t&id=2181
です。ここからこの話題で何人かの人が返信をしています。
それもぜひぜひお読みください。

こども式サイトと文法について 「カイ」さんの場合


信じられないほどの偶然の一致?
・・・ではないでしょうね。
SSSの掲示板で「多読と文法」が話題になって、おなじようにざわざわするのを避けたいと思ってわたしがややこ式掲示板で「こども式サイトと文法について」を投稿したちょうどそのころ、SSSの掲示板では「カイ」さんがご自身の「傷」について書いていたのです。
わたしの投稿とまったく同じ話題で、しかもそれを体験者が話してくれたので、
そのままこのブログでいただくことにしました。カイさんは快く転載を許してくれました。
「文法の話はごくごく慎重に」なんていう掲示板はほかにないと思いますが、
なぜそんなに気をつけるのか、ぜひカイさんの体験を読んでください。

(さらに…)