fionaさんの「永久保存版Gutenberg案内」 その2


GutenbergプロジェクトはいまのWikipaediaなどのはしりといっていいのではないでしょうか? ボランティアを募って著作権の切れた古典の名作名著を中心に、電子データにして公開しています。本のように読める表示形式とテキスト・データの両方が昔からあり、わたしも語彙分析の基礎データとしてダウンロードしたことがあります(たくさん使われている語のリストを作ったり、一文の平均の長さはどのくらいかとか調べるためです。)
もちろん読むのにもよい! なにしろただだし・・・
それに、SSSの掲示板の「モーリン」さんたちのように、ダウンロードしてPDAに入れておけば、実に簡便に、どこでも読むことができる! 字を大きくすれば、老眼でも平気!!
あ、少々前置きが長くなりました。fionaさんの「永久保存版Gutenberg案内」その2です。最後にHeidiの英訳版が紹介されています。

Gutenbergで読める作品について、その2です。作家別にリストを書いていきます。
★Burnett,Frances Hodgson(1849-1924)
  有名な、「小公子」「小公女」「秘密の花園」の作者です。
 Dawn of a To-morrow,The(US,119KB)
 Emily Fox-Seton(US,477KB)
 Fair Barbarian,A(US,250KB)
 Head of the House of Coombe,The(US,629KB)
 His Grace of Osmonde(US,595KB)
 In the Closed Room(US,75.7KB)
 Lady of Quality,A(US,468KB)
 Land of the Blue Flower,The(US,55.7KB)
 Little Hunchback Zia,The(US,50.1KB)
 Little Lord Fauntleroy(US,332KB)
 Little Princess,A(US,376KB)
 Little Saint Elizabeth and Other Stories(US,167KB)
 Lost Prince,The(US,550KB)
 My Robin(US,41.4KB)
 Racketty-Packetty House(US,69.4KB)
 Sara Crewe(US,100KB)
 Secret Garden,The(US,442KB)
 Shuttle,The(US,1205KB)
 T. Tembarom(US,1025KB)
 White People,The(US,123KB)
* Gutenbergからのダウンロード*
  このようなことは書かなくても、ご存知の方がほとんどだと思いますが、全く知らない方もおられるかも知れないので、念のため。
 ●アメリカのGutenberg(リストではUSと略)
  1.「http://www.gutenberg.org/」で、メインページを開く。
  2.左側上の「Browse Catalog」をクリック(又はAuther,Title Word(s)に直接打ち込んでも検索もできます)。
  3.作者を探す時は、「Authors」、タイトルを探す時は、「Titles」の頭文字をクリック。
  4.作者又はタイトルがズラズラっと出てくるので(寄り道などしながら)目的のものを探す(寄り道をしたまま、別のところへ行ってしまっても可)。
  5.ダウンロードしたい作品名をクリック。
  6.「Plain text」や「HTML」などから、ダウンロードしたい形式を選ぶ。
  7.「main site」「mirror sites」「P2P」から、ダウンロード元を選び(最初は「main site」がお薦め)クリック。
  8.(main siteをクリックするとtext、HTMLの場合)その作品のファイルが開く(少し時間がかかります)。
  9.「ファイル」のところにある「名前を付けてページを保存」を選ぶ。
  10.保存先を決めると共に、ファイル名を作品タイトル名に打ちかえる。
  11.「保存」ボタンを押して保存。(終了)
 ●オーストラリアのGutenberg(リストではAuと略)
  1.「http://www.gutenberg.net.au/」でメインページを開く。
  2.「ebooks provided by Project Gutenberg of Australia」の部分をクリック。
  3.探したい作者の頭文字によって、「A-M」又は「N-Z」のどちらかをクリック。
  4.目的の作者、作品を探す。
  5.「Text」「ZIP」「HTML」から、ダウンロードするファイル形式を選びクリック。
   あとは、上の8?11と同じ。(ZIPの場合はそのまま直接保存、後でファイル名をタイトル名に打ちかえる)
 アメリカの(本家)Gutenbergには、約20000タイトルがアップされています。音声のファイルもあります。
英語のものがメインで約18000タイトル、次に多いのがフランス語で約1000タイトル。次いでドイツ語の429タイトルです。
 オーストラリアのGutenbergは英語のみで、正確なタイトル数はわかりませんが、規模はアメリカの1/10?1/20くらいの感じです。
★Bruce,Mary Grant(1878-1958)
  オーストラリアの作家。ブッシュ(森林だけでなく砂漠も含めた未開墾地の総称)に暮らす、オーストラリアに根をおろした牧場主一家を描く。
 Little Bush Maid,A(US,351KB)
 Mates at Billabong(US,383KB)
 Back To Billabong(US,438KB)
★Lindsay,Norman(1879-1969)
  オーストラリアの作家。「The Magic Pudding」は、子供から大人まで広く愛読され、古典扱いされている。…と書いてありました。
 Magic Pudding,The(US,124KB)
–番外編–
 英語圏の作家ではありませんが、
★Spyri,Johanna(1827-1901)
  説明するまでもなく、あの「ハイジ」の作者。ハイジ以外にもたくさんの作品を書いてようです(私は、日本語で「ハイジ」しか読んだことがありません)。
Gutenberg(US)では、ドイツ語の「ハイジ」も読めますが、リストは、英語への翻訳作品に限っています。
 Cornelli(US,282KB)
 Erick and Sally(US,218KB)
 Gritli’s Children(US,336KB)
 Heidi(US,501KB)
 Maezli(US,369KB)
 Moni the Goat-Boy(US,65.6KB)
 Rico And Wiseli(US,355KB)
 Toni, the Little Woodcarver(US,79.4KB)
 Uncle Titus and His Visit to the Country(US,208KB)
 Veronica And Other Friends(US,188KB)
 What Sami Sings with the Birds(US,101KB)
★Wyss,Johann David(1743-1818)
  「スイスのロビンソン」で有名。下の「The Swiss Family Robinson Told in Words of One Syllable」の方は、易しく書き直してあるようで、多分YLも低いのでは?(まだ、読んでないのではっきりとは言えませんが)
 Swiss Family Robinson(US,711KB)
 Swiss Family Robinson Told in Words of One Syllable,The(US,135KB)
その2はこの辺で終わります(まだまだあるのに、なかなか進みません)。
では、Happy Reading!