帯広の報告!


17日旭川、18日帯広で児童英語教室のみなさんを中心に多読についてお話ししてきました。楽しかった! で、次は帯広の報告。
驚いた・・・ 17万人の町で、100人を越える参加数・・・
「Chikako」さん、ありがとー!
帯広講演会


帯広は2回目です。前回はオックスフォード出版局の主催でしたが、今回はChikakoさんの主催。四方を見渡す丘の上、サラダ館というところでした。わたしは枯れ枝を張った木々が楽しくて、みなさんが椅子を並べて準備してくださっているのに、窓から雪の原の向こうに並んだ木ばかり眺めておりました・・・ みなさん、ごめんなさい・・・
みなさん熱心に耳を傾けてくださいましたが、ちょっと長く語りすぎてしまったかな?
話したいことはもっともっとあって、シャドーイングの話はすっかり抜け落ちてしまったし、ぜひぜひまたうかがいたいです!
旭川もそうでしたが、こどもたちが生き生きしていて、感激でした。そして、みなさん親子のつながりがとてもうまく行っているような気が・・・
あ、何人か、わたしとメールのやりとりで受験指導とか多読指導という人がいましたよね? 忘れずにメールをください!
旭川のみさたさんのお連れ合いもそうでしたが、Chikakoさんのお連れ合いにも大変お世話になりました。またお会いしましょう!二人のこどもさんたちも、いいぞぉー! ほんとに回りの方たちが気持ちのいい人たちで、東京ではああはいかないんだよなあ・・・ なんというか、人と人との距離が近いというか、あったかいというか・・・
とにかく、いまはみなさんに、ありがとー!
また遊んでねー!!