掲載再開・・・「こども」のシャドーイング!


あらためて、SSSの掲示板から生まれたメール・マガジン「多読通信」166号のコラムから、引用します。引用元の「多読通信166号」はSSSの掲示板に投稿されたものを
http://www.seg.co.jp/cgi-bin/kb7.cgi?b=sss-news&c=e&id=779
で読むことができます。これは多読を知るのによいかもしれないと思われたら、ぜひ定期購読をおすすめします!
http://www.seg.co.jp/sss/
で、定期購読の登録ができます。
**************************
SSSの掲示板から「多読通信」というメール・マガジンが生まれました。
毎週、その前の週にSSSの掲示板にあった100万語通過報告を記録してあったり、
おすすめの本やDVDの紹介があったり、掲示板の中の興味深い投稿の紹介があったり、
多読を続けるのに最高のお供だと思います。
その多読通信にコラムを書いているトオルさん。ボストン在住で、すでに「書く」にも登場していますが、今回は息子さんの言葉の獲得について・・・ 

───────────────────────────────────
【4】SSS コラム 「こどもシャドーイングの凄さ」(トオル)
───────────────────────────────────
 みなさん、こんにちは。ボストンのトオルです。ボストンも暖冬で12月
までは暖かい日が続いていたのですが、1月の中旬以降はいつものように
最低マイナス10℃の日が続き、外に出たくない、歩きたくないようになり
ました。そうなるとなぜか暖かいフロリダに行く人が周り増えてきます。
先週からRed Soxに入団した松坂選手がフロリダでキャンプインして、さらに
フロリダの話題がボストンでは増えました。さて、しばらくシャドーイング
の話をしていませんでしたが、今回は「こども式」シャドーイングではなく、
「こども」シャドーイングの話をします。
 2才半の息子は毎日新しい言葉を覚えていってます。先日、ディズニー・
ワールド, FL, USAに行ったとき、テレビをみているうちに、Micky Mouseが
好きになったようで、「マッキー」、「マッキー」を連発。「ミッキー」なの
になあと思っていたところ、息子と同じくらいの子も「マッキー」と言って
いるのを聞き、しかも、アメリカ人は息子の「マッキー」を全然、不思議に
思っていません。それでようやく私は気づきました。息子はテレビで聞いた
音を自分が出せる音でそのまま発音していたことを。そして、テレビやディズ
ニー・ワールドで聞くたびに、「マッキー」、「マッキー」と繰り返すよう
です。
 また最近、数を数えられるようになってきました。日本語でもできるの
ですが、英語でもよく数を数えています。でもよく聞いていると、One, Two,
Four, Five,,,,。Threeが抜けてます!アメリカ人の友人とこのことを話して
いたら、子供は最初、Threeが言えなくて、One, Two, Fourになるのよって
教えてもらいました。親としては一安心。数日前、聞いたら、Threeも言える
ようになっていました。
 「こども」のシャドーイングって凄いと思いました。自分が好きなものを
何回も繰り返す、最初はちゃんと言えなくてもそのうち言えるようになる。
自分のシャドーイングを振り返ると、聞こえたままをできるだけそのまま発音
しようとするもなんか上手くいかなくてやめてしまうこともあります。人に
言われたことを気にしながらシャドーイングして悩むこともあります。でも、
そんなことを気にする必要は全くなかったことに気づきました。自分が好きな
ものをたくさんシャドーイングすれば、そのうち発音できるようになる。一番
良くないのはいろいろ理由をつけて、たくさんシャドーイングしないことです。
シャドーイングを始めてから4年以上経ちましたが、2才半の息子にシャドー
イングを教えられました。

こどもはなんて自由なんだろう! なんとも言えませんね。
わたしたちも、言いにくかったらthなんか無視してシャドーイングしましょう!
「たくさんシャドーイング」していれば、そのうち言えるようになるさ!!