各地からの日本語多読授業便り!その3(静岡)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最後に静岡にある国際ことば学院外国語専門学校の西貝理恵子さんからの報告です。

今年度はBook倶楽部の活動を週二回に増やし、文化祭では多言語多読のデモを行った結果、ポツリポツリと英語や韓国語の多読希望者も参加するようになりました。

DSC_0008

DSC_0013

DSC_0017

DSC_0021

オリジナル読みものも?!

最も英語の本は数えるほどしかないので、多読文庫を揃えている近隣の図書館で十冊ずつ借りてきたりしていますが、何とか学校に掛け合ってORTの初級本だけでも購入したいと思っています。

韓国語は講師の蔵書を使用しての細々としたものですが、言語を問わず、本を読むことに親しんでもらえればという気持ちで、ゆるゆると続けることにしました。

こちらも韓国語多読で体験したことが役に立っています。

先生方のご健康と貴会の益々の発展をお祈り申し上げます。
どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。西貝理恵子

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

西貝さん、報告をありがとうございました。
韓国語や英語など多言語で多読ができるという工夫はいいですね。
オリジナル教材もあるんですね。今度見せてください!

(粟野)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る