2月3日「NOPPERABOU」の試写会に行ってきました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

報告が遅れましたが、2月3日(火)、短編映画「NOPPERABOU」の試写会に行ってきました。(@なかのzero)
これは、すでに10月にここでお知らせした通り、2009年にしんじゅく多文化共生プラザの日本語多読クラスに来ていたクリス・マッコームスさんが、私たちの「よむよむ文庫」の「むじな」を読んで、それをヒントに仲間と作った映画です。スタッフ6人で試写を見に行きました。(左から2人目の男性がクリスさん)
Exif_JPEG_PICTURE

「映画中に本がはっきり映りますよ」と聞いていたとおり、本も登場。多読をした人の中には、これまでも自主的にお話を書いてくれたり、扮装してブックトークをしたりという人はいたけど、映画を作ってしまったというのは初めてです!

さて、映画は・・・ほどよい怖さ?に仕上がっていてさらりと意味深な終わり方もよかった。スタッフの一人からは「彫りの深い西洋人を『のっぺらぼう』にするのは大変・・・」との感想も上がっていました(笑)。

「よむよむ文庫」レベル3、Vol.1を初めてクリスさんが読んだのは、2009年7月2日。
NPO多言語多読のトップページのキャッチアップ動画「多読授業とは?」パート1に読んでいるところが映っています(証拠の映像は35~37秒あたり)

詳しくはこちら→https://tadoku.org/blog/blog/2014/10/24/1203

3月1日には、銀座で上映会が行われるそうです。
こちらをご覧ください。→http://www.tokyo-cowboys.com/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る