Q: 辞書無しで読んでいって、本当に語彙は増えますか?

Pocket
LINEで送る

A: はい、増えます。

ただし、和訳を言える単語が増えるということではありません。
英文和訳はできないけれど、英語のまま分かる・イメージがわく単語が増えていきます。結果として、語彙の幅が広がり、深さも深まります。

ただ、語彙が増えているかどうかは、本人には実感しにくいようです。テストをするわけではないので「◯◯語から△△△語に増えた」と言うことはできませんが、本は確実に読めるようになっていきます。安心して辞書無しで読み進めて下さい。

(文:多読をもっと楽しく!製作委員会

まだそんなに多読にはまっているとは言えないのですが、確実に少しずつですが増えていると思います。そして、あれほど見るのもイヤだった英語がイヤでなくなっているのがいちばん不思議な変化です。(講座生 KiRiさん)

多読を始めて間もない頃、やさしい子ども向けの本に知らない表現がたくさんあることに驚きました。中でも、機嫌が悪そうな場面でよく出てくる cross、upset、fed up などは、出てくる場面や絵と結びついて、意味というよりその感情の度合いがわかるようになりました。こんなふうに多読で増えていった言葉は、とても都合のいいことに忘れるということもないようです。(はねにゃんこさん)

“ブログ:町の名前をひとつ” の中で、「その昔、wish と hope をどういう風に使い分けるのかいつも悩んでいた」と書いてあるのをみたとき、自分の中で wish と hope は混ざらないものとして感じていることに気づきました。多読をしている中で、語彙が増えている実感はないけど、こうやってふとしたときに「なんでこんなこと知っているんだろう」と思うことが起こるようになりました。(じゅんじゅんさん)

好きだなと思う本をどんどん読み進めて、冊数が重なってくると必ず何度も出てくる単語に出会います。そうすると自然に増えてくると思います。単語の意味を暗記するというよりも「この単語は○○という感じ」というふわっとしたニュアンスで覚えて、増えてくる感じです。(講座生 mogさん)

Pocket
LINEで送る