Q: 「合わないと思ったら投げる」といういい加減な方法で、本当に英語が身につきますか?

Pocket
LINEで送る

A: はい、身につきます。

≫ 多読三原則 の3番目―「合わないと思ったら投げる」を実行した方がいい理由はふたつあります。

ひとつは、多読で英語を身に付けるには、肩に力を入れずに楽しめるものをたくさん読むことが大切です。たくさん読むことで力はついていきます。難しすぎたり、内容に興味が持てなかったりするような、自分に「合わない」本はたくさん読めません。だから「投げる」のです。

ふたつ目は、「合わない」本を無理して読むよりも、好きなもの、楽しめるものを読んだ方が英語の力は付きます。興味のあること、やっていて楽しい事のほうが身につきやすい―「好きこそ物の上手なれ」です。

なお、レベルを上げるために「合わない」本を無理して読む必要もありません。やさしい絵本や児童書には、最も基本的で大事な言葉がたくさん使われています。安心して、いま楽しめるもの、好きなものだけを読み進めて下さい。

(文:多読をもっと楽しく!製作委員会

読み始めた本を途中で止めるのが気持ち悪い人もいると思います。私もそのひとりです。私は、今では「これは後で読もう」ということにして、次のおもしろそうな本に移ることにしています。そうすると、興味がもてない本は自然に忘れてしまって、結果的に投げるということになっています。(講座卒業生 pomさん)

tadokuは何よりも「おもしろい、楽しい」を大事にします。そのうち、読み続ければ、一年後、二年後いつの間にか「自分は変わった」という実感を得ると思います。それが「身につく」ということでしょうか。(講座生 Chiakiさん)

合わないものを読み続けても楽しくないので、長くは続けられません。それより自分が楽しめるものを探して楽しむこと!それが近道です。どんどん投げる勇気をもってください。(講座生 さんぽさん)

多読講座に通っていて本には困らなかったので、気楽に読めない本はどんどん投げていました。そのうち本を「読む」こと自体がぼくには合わないような気がしてきて、読むことさえ投げて、映像ばかりを楽しむようになりました。そんないい加減なTadokuライフですが、今では好きなように英語をつかっています。やった!!(講座卒業生 katobushiさん)

Pocket
LINEで送る