Q: 多読を始めるのに必要な英語力・最適な年齢・条件を教えてください

Pocket
LINEで送る

A: 多読は英語力・年齢などに関係なく、いつでも、どなたでもはじめられます。

Tips英語力について

一人で行う場合は、アイ・ラヴ・ユー(I love you)や、サンキュー(thank you)が分かる程度で十分です。ご両親や支援者がいる場合は、ゼロからでもできます。この場合は、読み聞かせからがおすすめです。

Tips年齢について

私たちの知る範囲だけでも、2歳半の幼児から80歳のシニアまで、幅広い年齢の方が多読を楽しんでいます。外国語を身につけるのに、子供より大人は不利ということはないようです。老後の趣味として多読をはじめて、今ではペーパーバックを読んでいるという人は決して珍しくありません。

Tips時間的余裕について

多読は、生活の中の何かを犠牲にしてするようなものではなく、隙間時間を利用してすれば十分です。かなり忙しくされていても、通勤や家事の合間など、ちょっとした時間に多読を楽しんでいる方は多いです。無理をせず、ゆっくり、まったりのペースで続けていても、必ず読めるようになります。気楽にいきましょう。

やりたいな、と思ったら、いつでもはじめてください。

(文:多読をもっと楽しく!製作委員会

私は65歳、英語力ゼロの状態で始めて、多読にはまってしまいました。約半年で、50年近く抱えてきた英語コンプレックスが、気付かないうちに消え去っていました。この体験から、シニアの方で英語をもう一度やり直したい方に(新しい世界が広がります)、学校英語で英語嫌いになったり傷ついた方に(英語が好きになります)、お薦めしたいと思います。(講座卒業生 yosshiyさん)

私は社会人ですが、何歳からでもできると思います。1ページに1単語、3単語しかない絵本で、かつCDがついているものもあるので、何歳からでもできると思います。(講座生 Fさん)

「始めたい」と思った時、その時の英語力で。(講座生)

子どもが8歳5歳の頃、タブレットで検索して好きな米国アニメを英語音声で勝手に観ていました。見逃したエピソードをどうしても知りたかったらしい。好きが高じるととそんなこともするんだ、とびっくり。(sonicさん)

わたしは、基礎単語、中1程度の文法などというものが、どんなものか分からないまま多読の世界に飛び込みました。今でもこのことは分からないままだけど、英語を通して知る世界や、英語を母語とする人たちの文化や考え方に触れることを楽しんでいます。多読への好奇心があればいつでも飛び込めると思います!(じゅんじゅんさん)

Pocket
LINEで送る